WiMAX研究室

WiMAXプロバイダーの月額料金プランを徹底比較&ランキング!
WiMAX研究室 > 工事なしで即日開通!ホームルーターのおすすめはどれ?料金・サービスを徹底比較

工事なしで即日開通!ホームルーターのおすすめはどれ?料金・サービスを徹底比較

工事なしで即日開通!ホームルーターのおすすめはどれ?料金・サービスを徹底比較

ホームルーターとは?

ホームルーターとは、コンセントに差すだけでネット環境をつくることができる据え置き型の機器のことです。

光回線のように工事は一切必要なく、届いた機器をコンセントに差すだけでスマホやパソコンなどあらゆる端末をネットにつなげることができます!引っ越しが多い方や、一人暮らしの方、また昨今では在宅勤務のためにネット環境が欲しいという方に人気が出ています。

ホームルーターは据え置き型なので、屋内のみでしか使用することができません。屋外でも使えるモバイルWiFiルーターを探している方は、下記の記事を参考にしてください。

ホームルーターは多くの種類があり、それぞれ料金や速度も異なります。「ホームルーターが欲しいけど、どうやって選べばいいの?」「自分にあったホームルーターはどれ?」とお悩みの方は、ぜひこの記事を参考にして自分にピッタリのホームルーターを見つけてくださいね。

ホームルーターのメリット・デメリット

メリット

  • 工事の必要なし
  • コンセントに差すだけですぐに使える
  • モバイルWiFiルーターよりも速度が速い
  • 光回線よりも安い
  • 引っ越しの際も工事や解約の必要はなし
  • データ容量の制限がない

ホームルーターは屋内専用の据え置き機器です。工事は必要なく、端末が届いたらコンセントに差すだけですぐに使用することができます。据え置き型のため大きさはモバイルWiFiルーターよりは大きいですが、その分速度が早く、また同時接続台数も40台以上とかなり多くなっています。

料金は光回線よりも比較的安く、安いものだと月額4,000円前後。また、光回線のように戸建て・マンションなど住居タイプで料金がかわることはありません。

引っ越しの際もコンセントを抜いて持っていくだけなので、撤去工事や解約の必要はなし!引っ越し後もすぐに使うことができますよ。

モバイルWiFiルーターは月100GBなど使える容量に制限があることが多いですが、ホームルーターはひと月の制限も日による制限もありません。短期間のうちに大容量の通信を行った場合は一時的に制限がかかってしまう可能性はありますが、動画を見たりゲームをしたりなど想定される使い方内であれば制限がかかることは滅多にないでしょう。

デメリット

  • 速度や安定性は光回線に劣る
  • 使用エリアによっては速度が遅い可能性がある
  • 屋内でしか使えない

外の電線から直接光ファイバーを取り込む光回線とは違い、ホームルーターは回線の基地局から無線で電波を受け取っています。そのため、やはり光回線よりは速度や安定性が劣ってしまいます。

特に、オンラインゲームのためにネット環境を整えたいという方には、ホームルーターはおすすめできません!オンラインゲームは安定性が重視されるため、光回線の契約をおすすめします。

どこのホームルーターも5G回線に対応していますが、使う場所が5Gエリア外であれば5G回線は使用することができません。各ホームルーターが提示している最高下り速度は5G接続時のものとなりますのでご注意ください。

また、ホームルーターは屋内のコンセントがある場所のみ使用可能となっています。ものによっては登録した住所でしか使用できない場合もありますので、基本的に持ち運びはできないものと考えたほうがいいでしょう。外でも使用したいという方はモバイルWiFiルーターを検討してみてくださいね。

ホームルーターには種類がある

現在、ホームルーターは大きく分けると3種類があります。

  • WiMAX・au回線を使ったWiMAXホームルーター
  • ドコモ回線を使ったドコモhome 5G
  • ソフトバンク回線を使ったSoftbank Air

WiMAXホームルーター

WiMAXホームルーター

WiMAXとは、UQコミュニケーションズが提供しているインターネットサービスです。WiMAX独自の専用回線とauの5G・4GLTEの3回線を使用しており、速度も早く安定して使用することできる人気のサービスとなっています。

WiMAXには複数のプロバイダ(販売窓口)があります。プロバイダによって月額料金やキャンペーン内容が異なりますが、中身はすべて同じサービスなのでどこを選んでも速度が変わることはありません。この記事ではおすすめのプロバイダも合わせて紹介していますので、安心してくださいね。

最高2.7Gbpsと光回線なみの速度で、月額料金は4,000~5,000円です。使用できるデータ容量に制限はありません※。基本的に2~3年契約ですが、短期間だけ使用したい方にはレンタルができるプロバイダもあります。

また、WiMAXはauスマホ割プランとUQmobileの自宅セット割の対象となっています。auのスマホを使用している方なら、スマホ月額料金から毎月1,100引き、UQmobileなら最大858円引きになりますので、お得に使用することができますよ。

※3日間15GBの使用制限は2022年2月に撤廃されました

ドコモhome 5G

ドコモhome 5G

ドコモhome 5Gはドコモの5G・4GLTE回線を使用したホームルーターで、2021年8月に発売された比較的新しいインターネットサービスです。5G対応エリアでの最大下り速度はなんと4.2Gbpsと、どのホームルーターよりも速い速度が出る仕様となっています!

home 5Gにも複数の販売窓口がありますが、月額料金はどこで契約しても4,950円(税込)となっています。窓口によってキャッシュバックキャンペーンなどを行っていますので、home5Gを契約する際はキャンペーンを比較するといいでしょう。

契約年数は縛りがなく、いつ解約しても解約手数料が請求されることはありません。ただし、端末を分割払いで購入している場合は、端末の残債代の支払いが必要になることがありますので注意が必要です。

home 5Gはセット割の対象となっているので、ドコモのスマホを利用している方はスマホ月額料金から1,100円割引で利用することができますよ。

Softbank Air(ソフトバンクエアー)

Softbank Air(ソフトバンクエアー)

Softbank Airは名前の通り、ソフトバンクが提供しているホームルーターです。ソフトバンクの5G・4GLTE回線を使用しており、速度は5Gエリア内で最大下り2.1Gbpsと、WiMAXやhome 5Gよりは劣るものの速い速度となっています。

契約期間は縛りなしで、必要がなくなったらいつでも解約することができます。解約手数料もかからないので安心してくださいね。ただし、home 5Gと同じく端末を分割払いで購入している場合は、解約時に残債代を支払う必要があります。残債代は使用した月数によって異なるので注意しましょう。

ソフトバンクのネットサービスのため、Softbank Airはおうち光割セットの対象となります。ソフトバンクのスマホを利用している方は、Softbank Air契約で月額料金から1,100円引きに!Y!mobileスマホを利用している方は、最大で1,188円の割引となります。

プロバイダ・販売窓口とは?

プロバイダ・販売窓口とは?

プロバイダや販売窓口とは、販売代理店のようなものです。と言われてもわかりづらいと思うので、WiMAXを例として説明します。

まず、WiMAXというサービス自体の運営を行っているのはUQコミュニケーションズという会社です。WiMAXを使いたい方はこのUQコミュニケーションズのサイトや店舗から契約することができます。

しかしこのWiMAX、実はGMOとくとくBBなどといった他の会社からも契約することができるのです。提携している各会社が月額料金を下げたり、キャッシュバックをつけたりなど付加価値をつけて販売をしているんですね。

料金やキャンペーンは各会社によって変わりますが、WiMAXという商品自体は変わらないので、どこで契約しても速度が変わったりなど品質が変わることはありません。なので、一番お得な窓口から契約することが大切です。

さらにわかりやすく言うと、コーラの値段がコンビニやスーパーで変わるのと一緒ということです。どこで買ってもコーラの味は変わりませんが、値段は変わりますよね。

WiMAXだけではなく、home 5GやSoftbank Airも同様に多くの販売窓口があります。どこで契約するのが一番お得なのか、記事内でもしっかり解説していますので安心してください。

WiMAXホームルーターを解説!

WiMAXホームルーターを解説!

WiMAXホームルーターの料金・基本情報

販売窓口 GMOとくとくBB
GMOとくとくBB
契約年数 3年
使用可能回線 ・WiMAX2+回線
・5G
・4G LTE
通信制限 上限なし※
端末代 0円
事務手数料 3,300円
ご利用開始月 2,079円の日割り
1~2カ月目 2,079円
3~36カ月目 4,389円
37カ月目以降 4,444円
キャッシュバック 最大4万1,000円
3年間総額 11万5,684円
支払い方法 クレジットカード

WiMAXホームルーターをGMOとくとくBBで契約した場合の料金やサービス内容をまとめました。

GMOとくとくBBは、GMOインターネット株式会社が運営しているプロバイダで、WiMAXの他にも光回線や多くのネットサービスのプロバイダ業を行っています。20年以上の運営実績がある有名なプロバイダなので、安心してくださいね。

月額料金は他のWiMAXプロバイダと比べても安め。初月(使用を開始した月)は2,079円の日割り計算になるので、満額かかることはありません。他社ではかかることが多い端末代もなんと無料になっています。

初月にかかるのは「事務手数料+2,079円の日割り」のみとなっていますので、月の途中から使い始めても損することなくお得に始めることができますよ!

契約期間は3年間です。3年以内に解約すると解約手数料がかかってしまいますので、よく考えて契約しましょう。

また、GMOとくとくBBは即日発送にも対応しています。平日は15時半、土日祝は14時までのお申込みで即日配送してもらえます!地域にもよりますが、早ければ翌日には届きますのですぐにネット環境を整えることができますよ。

WiMAXホームルーターの速度

WiMAXホームルーターの速度 引用:みんなのネット回線速度

理論上の最高速度は2.7Gbps

WiMAXホームルーターの最高下り速度は2.7Gbpsとなっていますが、実際にこの速度が出るわけではありません。これは理論上の数字となっており、基地局からの電波を受信するまでに距離があったり、建物など様々な障害物があるため速度は低下します。

実際にはどのくらいの速度が出ているのかみんなのネット回線速度で調べてみたところ、時間帯に関係なく平均で70Mbpsの速度が出ていることがわかりました!

YouTubeの高画質動画(1080p)の再生に必要な速度は5Mbps、最高画質(4K)は20Mbpsとなっていますので、70Mbpsはその約3倍ですね。サイトの閲覧や、YouTubeなどの動画サイト、NETFLIXなどの動画ストリーミングサービスなどなど、一般的な使い方ならまず困ることのない速度となっています。

使用する地域や環境によっても左右されるので、中には200Mbps近く出ている口コミも。特に5G対応エリアではWiMAX回線・4G・5Gの3回線を同時に使用できるため、かなりの速度が出ることが期待できます。

WiMAXホームルーターの速度制限

速度制限はなし!

WiMAXは以前まで「直近3日間で15GBまで」という速度制限がありましたが、2022年2月から上限が撤廃され、今では上限なしで使用することができます!しかし、UQWiMAX公式サイトには以下のように記載されています。

※一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。
※引用:UQWiMAX公式サイト

3日で〇GBなど明確な基準はないものの、桁外れな使い方をしてしまうと時間帯によっては制限がかかる可能性があります。一日中高画質動画を流しっぱなしにするのを何日も続ける…などといった使い方でない限りは、まず制限がかかることはないでしょう。

ただし、50GBなど大容量のデータを何個もダウンロードするなど、データサイズが大きいファイルを扱う場合には注意が必要です。なかなかないとは思いますが、そういった使い方をする方にはやはり光回線をおすすめします。

コンセントがある場所ならどこでも使える

WiMAXホームルーターはコンセントがある場所ならどこでも使用することができます。ドコモのhome 5GやSoftbank Airは最初に登録した住所でしか使用することができませんので、一時的に他の場所で使用するということはできません。

もし登録した住所以外で使用した場合、規約違反となり解約させられてしまいますので注意しましょう。WiMAXホームルーターは住所による縛りがないため、一日だけ他の家で使うといった使い方も大丈夫です。

WiMAXホームルーターの解約方法

解約方法は契約するプロバイダによって変わりますので、ここではGMOとくとくBBの解約方法について解説します。

GMOとくとくBBは3年契約のため、更新月以外で解約すると解約手数料がかかります。端末発送月を0カ月目として37カ月目が更新月となり、手続きをしなければ自動でまた3年間更新となりますので解約する際は忘れずに手続きをしましょう。

手数料は使用した期間によって変わりますので、下記の表を参考にしてください。

期間 違約金
1カ月~12カ月 2万900円
13~24カ月目 1万5,400円
25カ月目以降 1万450円
37カ月目 無料

初期契約解除なら無料で解約できる

初期契約解除とは、電気通信サービスにおけるクーリング・オフのような制度のことです。契約または商品を受け取った日から起算して8日以内であれば、初期契約解除を利用して解約手数料なしで解約することができます。

GMOとくとくBBでは、契約内容書面を受け取った日、または端末を受け取った日のどちらか遅い日から起算して8日以内が初期契約解除の期日となります。端末も8日以内に返却しなければいけないので、端末が届いたらすぐに確認をしましょう。

また、解約手数料はかかりませんが、事務手数料の3,300円は返金されないので注意が必要です。

短期間利用できるプロバイダもある

短期間利用できるプロバイダもある

WiMAXホームルーターはほとんどが年単位契約となっていますが、中には数カ月など短期間契約できるプロバイダもあります。

5G CONNECT(ファイブジーコネクト)は3カ月から契約可能となっており、3カ月後はいつでも解約手数料をかけずに解約が可能です!端末はレンタルなので解約後は返却が必須となっていますが、その代わり端末代もかかりません。

さらに、端末が届いてからの30日間はお試し期間となっています。「数日使ってみたけど満足できなかった…」という場合は、1,100円+端末の送料のみで解約することができますよ。初期契約解除よりも長い期間ゆっくりお試しできるのは嬉しい点です。

しかし、契約期間が短い分、月額料金は4,950円と少々高め。2年や3年など長い期間使いたい方は、やはりGMOとくとくBBで契約した方がお得に使うことができます。

ドコモhome 5Gを解説!

ドコモhome 5Gを解説!

home 5Gの料金・基本情報

販売窓口 home 5G
ITX株式会社
契約年数 縛りなし
使用可能回線 ・4G LTE
・5G
通信制限 上限なし※
端末代 0円
事務手数料 3,300円
ご利用開始月 4,950円の日割り
月額料金 4,950円
キャッシュバック 1万5,000円
3年間総額 16万6,500円
支払い方法 クレジットカード

home 5Gはドコモの5G・4G LTEを使用したホームルーターで、最高受信速度は4.2Gbpsとどのホームルーターより速くなっています!契約期間はなんと縛りなしで、いつ解約しても解約手数料がかかりません!

しかし、3年以内に解約してしまうと端末の残債代がかかってしまう点には注意が必要です。端末についてはこの下でも詳しく解説していますのでご覧ください。

home 5Gのおすすめ販売窓口はITX株式会社です。あまり聞いたことのない会社かと思いますが、ドコモの一次代理店として全国150店舗以上のドコモショップの運営を行っている信頼できる会社です。安心してくださいね。

月額料金は4,950円で、WiMAXのように使用年月によって料金が変わることはなく一定価格です。初回の請求のみ事務手数料の3,300円もかかってしまうので注意しましょう。

home 5Gの速度

home 5Gの速度 引用:みんなのネット回線速度

公式サイトでは有線接続時で4.2Gbps(4700Mbps)、Wi-Fi使用時で1201Mbpsと記載されていますが、これは理論値となっており実際にこの速さが出ることはありません。

基地局から端末までは無線であること、また建物などの障害物によってどうしても電波は弱まってしまいます。これはどのホームルーターも同じなのでhome 5Gだけがそうなっているわけではありません。

実際にどのくらいの速度が出ているのかみんなのネット回線速度で調査してみました。すると、なんと平均の下り速度は205Mbpsという結果に!時間帯別の平均速度を見ても、全て150Gbps以上とかなりの速さがでているようです。

もちろん使用場所や時間帯にもよって左右されますので、絶対にこの速度が出るわけではないので参考にとどめてくださいね。

また、5G回線に対応していますが、5Gは5Gエリア内でのみ使用できる回線なので、自宅がエリア外にある場合は5G回線を使用することはできないので注意しましょう。5Gエリアはまだ都心部にしか普及していないため、気になる方は公式サイトからサービスエリアを調べてみてください。

home 5Gの速度制限について

home 5Gでは速度制限は設けられていません。ひと月に〇GB、1日に〇GBといった制限はありませんが、公式サイトでは以下のような注意事項が掲載されています。

ネットワークの混雑状況により、通信が遅くなる、または接続しづらくなることがあります。また、当日を含む直近3日間のデータ利用量が特に多いお客さまは、それ以外のお客さまと比べて通信が遅くなることがあります。なお、一定時間内または1接続で大量のデータ通信があった場合、長時間接続した場合、一定時間内に連続で接続した場合は、その通信が中断されることがあります。
引用:home 5G公式サイト

サイトの閲覧やアプリゲーム、動画視聴などで制限がかかることはないと思いますが、一日中流しっぱなしなどの使い方は避けたほうがいいでしょう。頻繁に大容量のデータをダウンロードすることがある、という方もhome 5Gはおすすめできません。

登録住所以外では使えない

home 5Gは、契約時に端末の設置場所を申告する必要があります。この申告した住所以外ではhome 5Gを使うことができません!一時的に他の家で使うといった使い方はできないので注意しましょう。

登録住所以外で使用しているのが確認された場合は一時的に利用が停止され、何度も繰り返すと強制的に解約となってしまいます。

実質無料の端末代に注意

実質無料の端末代に注意

home 5Gの端末代は、「月々サポート」の適用によって無料になります。月々サポートとはドコモの公式サービスで、端末代の分割支払い金を毎月同額分割引してくれるというサービスです。

端末代は36分割となっており毎月1,100円ずつ請求されますが、同時に1,100円の割引が36カ月間入るため、実質負担額は0円となっているんですね。

しかし、home 5Gを解約してしまうと同時にこの月々サポートも適用終了となります。36カ月以内に解約した場合、残った端末の残債代は一括請求となりますので注意しましょう!

契約期間は縛りがないので、いつ解約しても解約手数料はかかりません。しかし、端末は購入という形になっているため、3年以内の解約は残りの端末代がかかってしまいます。

ドコモのセット割でスマホ料金が割引に

home 5Gはドコモのネット回線サービスのため、セット割の対象となります。ドコモのスマホを利用している方は、home 5Gの契約で毎月のスマホ料金から1,100円が割引に!

契約者本人だけではなく、ドコモスマホを利用している家族も対象となります。離れて住んでいる家族も対象となるので安心してくださいね。ただ、割引を受けるには対象のスマホプランに加入している必要があります。

下記のプラン以外は割引対象外となりますので、しっかり確認しましょう。

料金プラン セット割の割引額
5Gギガホ プレミア -1,100円/月
5Gギガホ プレミア -1,100円/月
5Gギガライト・ギガライト ~7GB -1,100円/月
~5GB -1,100円/月
~3GB -550円/月
~1GB なし

Softbank Airを解説!

Softbank Airを解説!

Softbank Airの料金・基本情報

販売窓口 home 5G
モバレコAir
契約年数 縛りなし
使用可能回線 ・4G LTE
・5G
通信制限 上限なし※
端末代 0円
(レンタルの場合レンタル料:539円/月)
事務手数料 3,300円
(初月のみ)
1~2カ月目※ 2,167円
3~24カ月目 3,679円
25カ月目以降 5,368円
キャッシュバック 3万円
3年間総額 10万6,399円
支払い方法 ・クレジットカード
・口座振替
※ ご利用開始月を1カ月目として計算

Softbank Airはソフトバンクの5G・4G回線を使用したホームルーターです。月額料金も他のルーターよりかなり安く、契約期間も縛りがないため手軽に使用できるホームルーターとなっています。

端末は購入とレンタルのどちらかを選ぶことができます。購入の場合は月々割が適用されるので、実質の負担額は0円!ただし、レンタルの際は毎月539円かかってしまいますので注意しましょう。

おすすめの販売窓口は、株式会社グッド・ラックです。ソフトバンク社と公式提携を行っており、Softbank Airを特別価格+キャッシュバックをつけた「モバレコAir powered by softbank」としてお得に販売しています!商品名はモバレコAirとなりますが、サービス自体はSoftbank Airと同じですので安心してください。

ソフトバンクショップやソフトバンク公式サイトから契約するよりはるかにお得に使うことができるので、Softbank Airが気になる方はぜひモバレコAirからの契約を検討してみてくださいね。

Softbank Airの速度

Softbank Airの速度 引用:みんなのネット回線速度

Softbank Airは2種類の端末があり、5G・4Gの両方が使えるのはAirターミナル5という端末です。5G接続時+Wi-Fi6対応機器なら、下り最高速度が2.1Gbpsとなっています。

WiMAXホームルーターは2.7Gbps、ドコモhome 5Gは4.2Gbpsなので2つと比べると少々遅くはなっていますが、それでも普段使いには十分な速度ですね。

みんなのネット回線速度で実際のSoftbank Air(Airターミナル5)の速度を調べてみたところ、下り速度は平均77Mbpsという速さでした。非常に高速で、高画質動画も問題なくスムーズに見れる速度です。

しかし、TwitterなどではSoftbank Airは「速度が遅い」「夜だけ遅い」などといった口コミが目立つのも事実です。

Softbank Airは地域によって最高速度が異なります。5G回線もまだ一部地域のみの対応となっているので、Softbank Airを検討している方は、まずソフトバンク公式サイトの「Softbank Air住所別下り最大通信速度情報」から使用する住所を探してみてください。

5G・4Gそれぞれの最大速度を見ることができますので、契約前に必ず確認してくださいね。

>>4Gの住所別下り最大通信速度情報
>>5Gの住所別下り最大通信速度情報

Softbank Airの速度制限について

Softbank Airはデータの使用上限はありません。定額で好きなだけ使用できるので、サイトも動画も見放題となっています!しかし、公式サイトでは以下の注意書きが書かれています。

ご利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供にともなう速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。
特定のエリアでネットワークが高負荷となった場合、該当エリアのお客さまについては、サービス安定提供にともなう速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。
引用:モバレコAir公式サイト

「〇GB使うと速度制限がかかる」と明確に記載されているわけではありませんが、回線が混みやすい夜の時間帯は速度制限がかかる場合があります。「夜は遅い」といったような口コミがあるのは一時的に制限がかかっていた可能性がありますね。

登録住所以外では使えない

ドコモhome 5Gと同じく、Softbank Airも最初に申告した住所以外では使用することができません。

登録された住所以外で使用すると、「SoftBank Air 設置場所住所でのご利用のお願い」「SoftBank Air 通信制限のご連絡」といったようなSMSが連絡先メールアドレスに届きます。

「SoftBank Air 設置場所住所でのご利用のお願い」というメールが届いた方は、そのままだと通信が停止されてしまいます。「SoftBank Air 通信制限のご連絡」というメールはすでに通信が停止されているので、すぐに住所変更手続きを行いましょう。

引っ越しなどで住所が変わった場合はMy Softbankというソフトバンクのマイページから住所変更をすることができます。

端末は購入またはレンタルできる

Softbank Airでは、専用端末を購入するかレンタルするか選ぶことができます。購入とレンタルでは月額料金やキャッシュバックの有無が異なります。

購入したの場合の月額料金

1~2カ月目 3~24カ月目 25カ月目以降
月額料金 2,167円 3,679円 5,368円
端末代
(36分割)
1,980円
月々割
(36カ月目まで)
-1,980円
キャッシュバック 3万円

購入を選択した場合は端末代が毎月かかってしまいますが、その同額が月々割として毎月割り引かれます。よって、実質0円で端末を購入することができます!

しかし、月々割はSoftbank Airを解約した時点で適用終了となるので、もし36カ月以内に解約をしてしまうと解約後に残債代を支払わなければなりませんので注意しましょう。

また、端末を購入+クレジットカードでのお支払いの方限定で3万円をキャッシュバック!モバレコAirが開通した12カ月後にキャッシュバック申請メールが届きますので、忘れずに申請するようにしましょう。

キャッシュバックは12カ月間継続利用することが一つの条件をなっているので、契約後すぐにもらえるわけではありません。12カ月前に解約をしてしまうとキャッシュバックは受け取れませんので注意が必要です。

レンタルした場合の月額料金

1~2カ月目 3~24カ月目 25カ月目以降
月額料金 2,706円※ 4,218円※ 5,907円※
端末レンタル代/月 539円
※レンタル代539円込みの月額料金

端末をレンタルした場合は、月額料金にレンタル料の539円が加算され少々高めに。表に記載している月額料金はレンタル代を含んだ料金です。

レンタルのため36カ月以内に解約しても残債代の支払いなどはありません。よって2カ月や3カ月などの短期間利用も可能となっています!ただし、購入特典であるキャッシュバックはつかないため、長く使用したいと考えている方は端末を購入した方がお得になります。

ソフトバンクのおうち割光セットが対象に

Softbank Airはソフトバンクのスマホと一緒に使用すると、おうち割光セットが適用されます。

おうち割光セットとは、ソフトバンクのネットサービスとソフトバンク・Y!mobileのスマホを契約することで、スマホ料金から毎月割り引いてくれるというキャンペーンです。

本人だけではなくご家族も割引の対象となるので、家族全員のスマホ代が安くなります。割引額はプランなどによって異なりますので、しっかり確認しておきましょう。

料金プラン セット割の割引額
ソフトバンク
・データプランメリハリ
・データプランミニフィット
-1,100円/月
YQmobile シンプル
S/M/L
-1,100円/月
スマホプラン
M/R
-770円/月
ベーシックプラン
その他プラン
-550円/月

ホームルーターをそれぞれ比較!

販売窓口
WiMAX

home 5G

Softbank Air
契約年数 3年 縛りなし 縛りなし
使用可能回線 ・WiMAX2+回線
・au 5G
・au 4G
・ドコモ 5G
・ドコモ 4G
・ソフトバンク 5G
・ソフトバンク 4G
通信制限 上限なし※1 上限なし※1 上限なし※1
最大下り速度 2.7Gbps※2 4.2Gbps※2 2.1Gbps※2
端末代 0円 0円※ 0円※
事務手数料
(初月のみ)
3,300円 3,300円 3,300円
ご利用開始月 2,079円の日割り 4,950円の日割り 2,167円
1~2カ月目 2,079円 4,950円 2,167円
3~24カ月目 4,389円 4,950円 3,679円
25~36カ月目 4,389円 4,950円 5,368円
37カ月目以降 4,444円 4,950円 5,368円
キャッシュバック 最大4万1,000円 1万5,000円 3万円
3年間総額※3 11万5,684円 16万6,500円 10万6,399円
支払い方法 クレジットカード クレジットカード ・クレジットカード
・口座振替
※1 短期間で大容量通信を行ったり回線が混雑している際は速度が低下する場合があります
※2 5Gエリア内で5G回線接続時の速度
※3 3年間総額=月額料金(36カ月分)+ 事務手数料 - キャッシュバック

紹介したWiMAXホームルーター、ドコモhome 5G、Softbank Airをそれぞれ比較してみました。

契約期間縛りなしでも、端末代はかかる

home 5GとSoftbank Airは契約期間の縛りがなく、いつでも解約手数料をかけずに解約することができます。しかし、内訳を見ると36分割された端末代が請求されると同時に、同額が割引されているだけです。

36カ月以内にサービス自体を解約してしまうと、割引がなくなってしまうため残債代をまとめて支払う必要があります。なので、完全に無料で解約するには36カ月以上使用しなければいけないんですね。

なので、実際にはどのホームルーターも3年契約と考えていいでしょう。

一番のおすすめはWiMAXホームルーター

この中で最もおすすめできるのはWiMAXホームルーター(GMOとくとくBB)です。月額料金や速度などバランスがよく、もっともコスパよく使用することができます。

月額料金や総額はSoftbank Airの方が安くなっていますが、25カ月目以降は5,368円とかなり高くなってしまいます。よって、3年目以降も続けて使用する場合は総額が高くなってしまいます。

GMOとくとくBBのWiMAXホームルーターなら、3年目は4,389円、37カ月目以降も4,444円とSoftbank Airより1,000円ほど安くなっているので、3年目以降もお得に使い続けることができますよ。

速度優先ならドコモhome 5G

速度を重視するならhome 5Gがおすすめです。理論値ではありますが、最高下り速度は4.7Gbpsとどのホームルーターよりもずば抜けて速い速度です。

実際に使用している方の口コミを見ても100Mbps以上出ている方が多く、中には1.2Gbps(1200Mbps)が出たという口コミも。回線が混み合う夜間でも90Mbps以上出ているようなので、少しでも速度が落ちるのが嫌だという方にはhome 5Gがおすすめです!

ただ、料金は4,950円とほぼ5,000円です。こうなると光回線とほぼ料金が変わらないため、光回線の工事ができる場合は光回線もぜひ検討してみてくださいね。

料金を抑えたいならSoftbank Air

速度よりもとにかく料金を抑えたい、ヘビーな使い方はしないのでとにかくネット環境がほしいという方にはSoftbank Airがおすすめ。

速度については「遅い」という評判が多いですが、住所別下り最大通信速度情報を参考にして問題なければ、まったく使えないということはないでしょう。動画サービスなどがメインではなく、連絡を取ったりサイト閲覧のためにネット環境が欲しいという方は、3年の総額が一番安いSoftbank Airがおすすめです。

ただし、上記にも書いた通り25カ月目以降は月額料金が5,000円以上になります。3年以降も長く使い続ける場合は、総合的にWiMAXのほうがお得になるでしょう。

短期間利用ならWiMAX・Softbank Airのレンタル

home 5Gはレンタルを行っていませんが、WiMAX(5G CONNECT)とSoftbank Airはレンタルプランがあります。3年どころか1年間も使うかわからない、数カ月だけネット環境が欲しいという方には短期間利用ができるホームルーターにしましょう。

WiMAXホームルーターなら、5G CONNECTという販売窓口がおすすめです。端末到着から30日間はお試しすることができ、もし速度などに満足いかなかった場合は解約手数料をかけずに解約することができます。

その後も3カ月以降ならいつでも手数料なしで解約できるので、ぜひ検討してみてくださいね。

まとめ

WiMAX・home 5G・Softbank Airのホームルーターについて解説いたしました。

それぞれメリットが異なりますので、どれが一番いい!とは一概に言えません。どの点を重視したいかを考えて、自分に合ったホームルーターを選びましょう。

  • 速度も安さも欲しいならWiMAX(GMOとくとくBB)
  • 料金より速度重視ならhome 5G
  • ライトユーザーで安さ重視ならSoftbank Air(モバレコAir)
  • 短期間利用ならWiMAX(5G CONNECT)かSoftbank Air(モバレコAir)
※()内はおすすめの販売窓口です

正直速度については環境によっても左右されるため、実際に使ってみないとわかりません。もし思っていたような速度が出なかった、ほとんど使えなかったという場合は、初期契約解除制度を利用して解約手数料をかけずに解約することができます。

事務手数料や端末の返送料は自身で負担となりますが、このような制度があることは覚えておいてくださいね。

この記事を見て、「やっぱり光回線がいいかも…」と思った方はぜひおすすめの光回線を紹介している記事も参考にしてください。ホームルーターは光回線と比べると安定性は低いため、オンラインゲームなど常に高速な通信が必要な場合は光回線がおすすめです。