NEWSポストセブン

検索結果 “HEW”

476件中 48ページ目
新着順
関連順
韓国人作家「日本の韓流おばさんは純朴さや天真爛漫さ失わず」
韓国人作家「日本の韓流おばさんは純朴さや天真爛漫さ失わず」
 ドイツの建築家、ブルーノ・タウトが京都の桂離宮を訪れた際の第一声が「泣きたくなるほど美しい」だったことは有名だが、かように“和の神髄”について、外国人の目を通して教えられることは少なくない。『韓国人の癇癪 日本人の微笑み』(小学館)などの著書がある韓国人作家の柳舜夏氏は、「韓流おばさんを見れば日本の“甘えん坊精神”の偉大さがわかる」と語る。 * * * 日本には諸外国にない「甘えの構造」があり、いつまでも大人になり切れない日本人の“幼児性”を批判する外国人は多い。 だが、日本人の精神構造を理解する上で「甘えん坊」という言葉は重要なキーワードになる。 人に甘えたり、駄々をこねるのは子供らしい情緒的反応だ。しかし、人々は大人になるに連れ、持って生まれたはずの柔らかでしっとりした子供心を失って不愛想な人間に変わっていく。青い草原が「干からびた砂漠」になるわけだ。 ところが、日本人は年を取っても子供のような純朴さや天真爛漫さを失わない。そうした日本人の甘えん坊の子供のような内面は、日本のおばさんたちが韓流に心酔する現象からも読み取れる。 アジアの他の国では、いわゆる韓流ファンの大半は若者だが、日本では大半がおばさん世代だ。彼女らはペ・ヨンジュンに熱狂し、アン・ジェウクの歌を聴いてむせび泣く。 その姿は韓国の10代の少女よりも少女らしい。頭髪が白いおばさんたちが、若いスターに黄色い歓声を上げる光景は日本以外では見られない。●取材・構成/大木信景(HEW)※SAPIO2015年2月号
2015.01.20 07:00
SAPIO
漆に魅せられた英国女性 「使ってもらえば絶対良さわかる」
漆に魅せられた英国女性 「使ってもらえば絶対良さわかる」
 ドイツの建築家、ブルーノ・タウトが京都の桂離宮を訪れた際の第一声が「泣きたくなるほど美しい」だったことは有名だが、かように“和の神髄”について、外国人の目を通して教えられることは少なくない。 輪島漆芸作家でイギリス人女性のスザーン・ロス氏は、日本の漆に魅せられた一人。伝統文化を絶やさぬよう、啓蒙活動にも積極的に取り組んでいる。 * * * 漆器は、手入れが大変、面倒くさい。そう思う人が多いのを非常に残念に思います。確かに、長期保管には気を使う必要がある。でもそれは、お正月にしか使わないから。生活の中に漆がないからなんです。 当然、売れなければ漆の職人はどんどん減っていきます。研修所もあるし、漆芸を学ぶ学生もいるのですが、そのほとんどが女性。つまり、跡継ぎにならないんです。あと10年、20年で本当に途絶えてしまう。 昨年、ハワイのイーストウェストセンターで漆の展示会が行われました。私もお手伝いして、いろんな先生方の作品や自分の作品を展示した。反響ありましたよ。 そのあとホノルル美術館でワークショップを開いた。ニューヨークでは「日本の漆がなくなってしまう」という内容の講演もしました。今は日本の伝統文化を絶やさないために啓蒙、PRするのが私の仕事の一部になっています。 日本の作家や関係者が何もしていないとは思わないけど、まだまだ危機感は希薄。外国人に向けたプレゼンテーションも上手じゃない。 漆自体の魅力は多くの人がわかってくれるのだから、外国の生活様式に合ったものを提案すれば、絶対アピールできるはずです。外国人だって、若い人だって、使ってもらったら絶対良さがわかる。私、自信があるんですよ。●取材・構成/大木信景(HEW)※SAPIO2015年2月号
2015.01.19 16:00
SAPIO
回転ずしのエンガワ、ウニ、エビはなぜ安い? その工夫紹介
回転ずしのエンガワ、ウニ、エビはなぜ安い? その工夫紹介
 鮨は食いたい。しかし高級なものはそうそう頻繁に食べられるものではない。そんな庶民の味方が「回転ずし」である。近年の回転ずし人気には凄まじいものがある。外食産業全体が落ち込む中、常に成長を続けるこの業界の市場規模はここ10年で約2倍になっている。 そんな回転ずしが安さを可能にしているのには、様々な秘密がある。まず水産会社が回転ずし店を経営しているケース。新鮮な魚介を中間業者なしで入手できるため安く提供できる。大手チェーンであれば大量一括購入により原価を抑え、徹底的に効率化することで価格を下げることが可能だ。 そしてもうひとつ、海外から入手するという方法もある。例えば人気のウニ。回転ずし店の多くは、アメリカ産のウニを使用している。このウニの大きさは国産の約10倍。それだけたっぷり身が取れれば、一皿の値段も下げられようというもの。ほかにもイカなどで、安くて大きな海外産のものが使われているケースがある。これらは、いかに安く客に提供できるかを考えた結果の企業努力と言えるだろう。  一方、安価で手に入りやすい“似た魚”を使う、いわゆる“代用ネタ”というものがある。本来クルマエビを使っていた「エビ」に、養殖もののウシエビ、いわゆるブラックタイガーを使用するのもそのひとつ。 また、希少な部位であるはずの「エンガワ」が回転ずしなどで廉価で食べられるのは、それが高級魚であるヒラメのエンガワではなく、カラスガレイという別の魚のエンガワだから。ヒラメとカレイなので似ているのは当然だが、カラスガレイはヒラメの倍ほどの大きさがあり、エンガワで比べれば7倍もの量が取れる。 ほとんどが輸入もので、しかももともと破棄されていた部位なので値段も安い。歯ごたえや脂など、ヒラメとは似て非なるものだが、エンガワを庶民にも身近にした功績は大きい。 かつて一部の回転ずし屋では、アフリカ原産の淡水魚であるナイルパーチを「スズキ」、ティラピアを「タイ」などと偽装して売る悪弊がまかり通っていた。ただし2007年に水産庁がこうした名称使用に関するガイドラインを制定するなどの動きもあり、現在はそのような偽装ずしを提供する店は減っている。安心して回転ずしに足を運んでほしい。取材・文■大木信景(HEW)※週刊ポスト2012年12月14日号
2012.12.09 07:00
週刊ポスト
高血圧等持病あっても楽しく飲める  居酒屋健康法「4か条」
高血圧等持病あっても楽しく飲める 居酒屋健康法「4か条」
「居酒屋で飲み食いすると体に悪い?」──そんなことはありません。確かに飲み過ぎは体に毒だし、酒に合うつまみは塩分や脂肪分が多いこともある。だからこそ、正しいメニュー選びのコツを知っておこう。 【1】「カリウム」で塩分対策 高血圧、生活習慣病を気にかける働き盛りは、メニューに必ず「カリウム」が入った食材を選ぶべきだ。酒の肴は総じて塩分が高いのが難点だが、カリウムは過剰摂取した体内の塩分(ナトリウム)を尿とともに排出する作用がある。ほうれん草やアボカド、パセリなどの野菜類や、昆布やわかめなどの海藻類、果物、大豆やじゃがいもなどに多く含まれる。代表的なメニューでいえば「ほうれん草のおひたし」「肉豆腐」などがいい。【2】「さらしタマネギ」で動脈硬化予防 タマネギやにんにくに含まれるアリシンには、末梢血管を拡張させ、血圧を下げる働きがある。前菜に何を頼むか悩んだ時は「さらしタマネギ」(オニオンスライス)と覚えておくといい。 【3】椎茸は「コレステロール」にも「二日酔い」にも効く! 椎茸には、血液中の過剰なコレステロールを体外に排泄するエリタデニンという成分が含まれる。ほかにも、二日酔いの原因となるアセトアルデヒドを分解するナイアシンや、前述のカリウムなども豊富だ。焼鳥屋の盛り合わせには「焼き椎茸」を加えよう。 【4】血糖値が気になるなら「低GI食品」と「酢」を 飲食すれば必ず血糖値が上昇するが、食材や食べ方によって上がり方が急激なものと緩やかなものがある。まず大切なのは血糖値の上昇が緩やかな「低GI(glycemic index)食品」を選ぶこと。代表的なものは豆腐や納豆、枝豆などの大豆製品や、トマトやブロッコリー、キャベツといった野菜、ナッツなど。「とりあえずビール」のお供には「豆か野菜」と覚える。「酢」の効能も大きい。白米や麺類などの高GI食品は酢を使って調理をしたり、一緒に食べることでGI値を下げることができる。●取材・構成/大木信景(HEW)※週刊ポスト2012年6月29日号
2012.06.24 16:01
週刊ポスト
女社長が直伝 ホッピー飲む時はマドラーでかきまぜるのはNG
女社長が直伝 ホッピー飲む時はマドラーでかきまぜるのはNG
 暑くなってきてますます酒がおいしい季節になってきたが、焼きとん、ホルモンなどに抜群に合う大人気のホッピー。その割には「旨い飲み方」は意外と定着していない。氷をぶちこんでキンキンに冷やして飲む人が多いが、難点は味が薄まってしまうことだ。  そこでホッピーの名物女社長・石渡美奈氏が提案するのが「三冷」という飲み方。冷凍庫でキンキンになるまでジョッキを冷やし、そこに同じくよく冷やした焼酎とホッピーを注ぐ。  さらに夏の暑い時期にはジョッキだけでなく焼酎もシャーベット状に凍らせた「1凍2冷スケーティングシャーベットホッピー」がオススメ。ホッピーを売りにする店ではたまに見かける通称「シャリキン」という飲み方である。  ホッピーをマドラーでかき混ぜるのは、炭酸が抜けてしまうのでNG。注ぐ際には焼酎、ホッピーの順で、ホッピーを勢いよく注ぐことで撹拌するのがベストだ。焼酎とホッピーの割合は1対5。合わせる焼酎はクセのない甲類焼酎がよい。●取材・構成/花田祐輔(HEW)※週刊ポスト2012年6月29日号
2012.06.21 16:00
週刊ポスト
【キャラビズム】日本では旅の恥は電車の中でもかき捨て!
【キャラビズム】日本では旅の恥は電車の中でもかき捨て!
 アンドレ・キャラビ(Andre Calabuig)氏は、1927年フランス生まれの84歳。同国ペンクラブの会員だ。日本では『目からウロコのヨーロッパ』などの著書がある。日本在住 40年以上の親日家だが、どうも最近、このニッポンで目に余る出来事が多い。マナー、お金、日本語、女性、子供……。そのキャラビ氏が、いまの日本人に向 けて、箴言集で発する痛烈な「キャラビズム」。さて、あなたはどう受け止めるか? 今回は、「電車」編である。 * * *●N‘imitez pas les joueurs de Base-ball americains en machant du chewing-gum et faisant du bruit,ce n’est pas beau!音立ててガムをかんで、アメリカの野球選手のまねするな、見苦しい!●Comme en voyage、 c’est dans les trains qu’il n‘y a plus de honte!旅の恥は電車の中でもかき捨て!●Beaucoup de femmes prennent le train pour un salon de bauté!多くの女性は通勤電車をビューティーサロン、と勘違いしている!
2012.05.19 16:00
NEWSポストセブン

トピックス

北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
部屋の入り口に感染対策のビニールを張る女将・豊田弘子さん
【ルポ前編】ドヤ街・山谷の感染対策「やれることは徹底してやった」簡易宿所の奮闘
週刊ポスト
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
NEWSポストセブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン