特集一覧/128ページ

性に関する最新ニュースを紹介するページです。医師を筆頭に有識者たちが実用情報を解説。シニアの性に関する健康情報も豊富に掲載されています。

67歳でビンビン 小泉武夫氏が勧める納豆入り絶倫食レシピ

67歳でビンビン 小泉武夫氏が勧める納豆入り絶倫食レシピ

『食あれば楽あり』『食の堕落と日本人』などの著作で知られる東京農大名誉教授で食文化論者の小泉武夫氏の新刊が『絶倫食』(新潮社刊)。…

2010.09.27 14:44  週刊ポスト

「エジプト女性の9割が性器の一部を切除」は女性虐待か

「エジプト女性の9割が性器の一部を切除」は女性虐待か

 イスラム教国では「割礼」が人生における重要なワンステップとされている。アラビア語の「タフール」、スワヒリ語で「トハラ」がそれだ。…

2010.09.27 14:40  週刊ポスト

パプアニューギニアのサンビア族少年は年長者の精液を飲む

パプアニューギニアのサンビア族少年は年長者の精液を飲む

 大人になるためには洋の東西を問わず、性に関する通過儀礼が不可欠のものの奇習が残っている。その筆頭といえるのが、パプアニューギニア…

2010.09.27 14:38  週刊ポスト

お笑い芸人ねづっちのマネをした不倫上司にOLが激怒の理由

お笑い芸人ねづっちのマネをした不倫上司にOLが激怒の理由

 恋愛問題に詳しいカウンセラー・マキはメールで女性の恋愛相談に応じていたが、いつしか「相談」とは名ばかりの赤裸々な告白が全国から送…

2010.09.27 14:13  週刊ポスト

OL 英会話レッスンに参加したらスワッピングパーティだった

OL 英会話レッスンに参加したらスワッピングパーティだ…

 芸術の秋。遊びほうけた夏も終わり、アートに触れるにはよい季節。OLたちも教養を深めようと、英会話を始めているようだが、男たちが知ら…

2010.09.27 14:11  週刊ポスト

納豆、ねぎま鍋、イカの塩辛を食べると絶倫になると専門家

納豆、ねぎま鍋、イカの塩辛を食べると絶倫になると専門家

「医は食から」というように、眠った“あっち”を一発で目覚めさせるという奇跡の食材がこの世にあるという。そんなありがたい品目を、東京農…

2010.09.27 14:02  週刊ポスト

女性障害者宅を訪問し、ホレられた出張ホストの苦悩

女性障害者宅を訪問し、ホレられた出張ホストの苦悩

 障害者の異性と肌を触れ合い体を交わしたいという欲求について、ノンフィクションライターの河合香織氏は長編ルポ『セックスボランティア…

2010.09.24 13:48  週刊ポスト

「クラミジア」と「ヘルペス」の患者数は女のほうが多い

「クラミジア」と「ヘルペス」の患者数は女のほうが多い

 性感染症の危険は誰でも身近にある。以下は2008年厚生労働省調べのデータ。・淋菌感染症 総数10218 男8203 女2015・性器クラミジア感染…

2010.09.24 13:45  週刊ポスト

増加する依存症主婦には「大丈夫だよ」と優しく接しよう

増加する依存症主婦には「大丈夫だよ」と優しく接しよう

 タイガー・ウッズもかかったという「セックス依存症」。男性に多い病気のイメージがあるが、「実は女性にこそ増えている」と語るのは、精…

2010.09.24 13:44  週刊ポスト

「体位を変える度に挿入し直すのが大人のマナー」と宋美玄氏

「体位を変える度に挿入し直すのが大人のマナー」と宋美…

 20万部を超える話題のベストセラー『女医が教える本当に気持ちのいいセックス』(ブックマン社刊)を上梓した産婦人科医の宋美玄氏は、男…

2010.09.24 13:43  週刊ポスト

「泳いでないのに何で水着が濡れる?」と聞かれた25歳不倫OL

「泳いでないのに何で水着が濡れる?」と聞かれた25歳不…

 恋愛問題に詳しいカウンセラー・マキ。メールで女性の恋愛相談に応じているうち、いつしか「相談」とは名ばかりの赤裸々な告白が全国から…

2010.09.24 13:17  週刊ポスト

小錦 「キンタマ」を切る手術がハンパなく痛かったと告白

小錦 「キンタマ」を切る手術がハンパなく痛かったと告白

 元大関・小錦は子供の誕生を渇望していたが、医者から「精子がいない」と告げられ、大きな衝撃を受けていた。その後小錦は何度も病院へ通…

2010.09.15 13:29  週刊ポスト

男性が女性の胸の谷間を覗きたくなる理由を専門家が解説

男性が女性の胸の谷間を覗きたくなる理由を専門家が解説

 男性というものは女性のおっぱいが大好きだが、なぜ、女性の胸の谷間に吸い込まれるのか。おっぱい文化に造詣の深い作家・写真家の伴田良…

2010.09.15 13:25  週刊ポスト

女性は本当に感じていたら、アノ時に大きな声出ないと指摘

女性は本当に感じていたら、アノ時に大きな声出ないと指摘

 電力会社勤務OL(27歳)が上司との情事ですごいことを覚えたという。「同い年の彼と別れた寂しさをまぎらわしたくて、一夜だけのつもりで…

2010.09.15 13:20  週刊ポスト

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

トピックス