特集一覧

経験豊富な女子にはどんな特徴が?

「男をアダ名で呼ぶ年下女」は人恋しくなっているのか?

 女性からの“サイン”を見抜くのはなかなか難しい。例えば、「アダ名で呼んでくる年下女」はどうなのか? 居酒屋で会った年下の女の子から…

2018.08.03 15:59  週刊ポスト

お世話になった名前ばかり…

ある配信サイトの統計、検索が最も多い単語は「人妻」

 今やどのAV配信サイトでも「巨乳」や「ギャル」と並び「人妻」や「熟女」は定番ジャンルとして確立されたが、以前は“ニッチ”なジャンルだ…

2018.08.01 15:59  週刊ポスト

日本初の○○を詠んだ和歌とは?

夏なのにニットを着る女性は男を誘惑しているのか?

 服装から仕草まで、男を惑わせる色気の秘密は無限に存在する。そんな中、「夏なのにニットを着る女性は、男を誘惑している」という報告が…

2018.07.30 15:59  週刊ポスト

日本初の○○を詠んだ和歌とは?

豪・行政機関が公認掲載「ラビア・ライブラリー」の問い…

 週刊ポスト7月27日号の特集「英科学誌が掲載した『657人の女性器』が語ること」では、女性器を「性的な対象」としてではなく、「人間の奥…

2018.07.23 15:59  週刊ポスト

アートか猥褻か 仏の巨匠・マッケローニ氏が出した答え

アートか猥褻か 仏の巨匠・マッケローニ氏が出した答え

 女性器がアートであることを世に知らしめたフランス人芸術家、アンリ・マッケローニ(1932~2016)の生涯をモデルにした映画『スティルラ…

2018.07.21 15:59  週刊ポスト

三上悠亜 目標は「記憶に残る女優になりたい」

三上悠亜 目標は「記憶に残る女優になりたい」

 元国民的アイドルグループ所属の三上悠亜が衝撃のAVデビューを果たしてから今年で3周年。AV女優としてやっていく覚悟を決めたことで、人と…

2018.07.13 15:59  週刊ポスト

三上悠亜 「他人に見せてはいけない行為」を職業にした覚悟

三上悠亜 「他人に見せてはいけない行為」を職業にした…

 元国民的アイドル・三上悠亜が衝撃のAVデビューを果たしてから今年で3周年。人気ナンバーワンAV女優に昇り詰めた彼女が振り返る。「AV出演…

2018.07.10 15:59  週刊ポスト

お世話になった名前ばかり…

女優たちの間で話題「神戸のドン・ファン」はどんな人物?

「紀州のドン・ファン」こと野崎幸助氏(享年77)の話題は、今もワイドショーなどで頻繁に報じられているが、いまAV女優たちの間では「神戸…

2018.07.06 15:59  週刊ポスト

テレ東『家ついて行って』出演“茨城のドン・ファン”を直撃

テレ東『家ついて行って』出演“茨城のドン・ファン”を直撃

〈従来の常識が崩壊するVTRですがご家族の同意を得て放送しております〉 異例のメッセージが番組冒頭で流されたテレビ東京の『家、ついて行…

2018.07.05 15:59  週刊ポスト

日本初の○○を詠んだ和歌とは?

着エロ業界 才能ある女性が長く活動できる環境が確立

 2000年代前半、グラビアの一ジャンルが大きな注目を浴びた。インリン・オブ・ジョイトイによって知れ渡った「着エロ」だ。当初はギリギリ…

2018.06.29 15:59  週刊ポスト

ロシア美女撮影写真家「美人W杯を開催すれば優勝はロシア」

ロシア美女撮影写真家「美人W杯を開催すれば優勝はロシア」

 美人W杯を開催すれば、間違いなくロシアが優勝する──。カメラマンのマキハラススム氏は7年前から度々ロシアを訪れ、ロシア美女のヌードを…

2018.06.14 15:59  週刊ポスト

村西とおる氏直伝、女性の自尊心に寄り添う「聞き流し話法」

村西とおる氏直伝、女性の自尊心に寄り添う「聞き流し話…

 村西とおる氏が「不世出の監督」となりえたのはその話術によるところが大きい。そんな同氏は「聞き流し話法」を駆使する。同氏はこれを「…

2018.06.03 15:59  週刊ポスト

村西とおる氏がアニータ・カステロを納得させた話法とは

村西とおる氏がアニータ・カステロを納得させた話法とは

 村西とおる氏が「不世出の監督」となりえたのはその話術によるところが大きい。「応酬話法」とは米国で生まれたセールストークの一種。同…

2018.06.02 15:59  週刊ポスト

元人気女優・沙羅樹「村西とおるさんは私や家族の救世主」

元人気女優・沙羅樹「村西とおるさんは私や家族の救世主」

 ダイヤモンド映像の専属女優第1号だった沙羅樹。白い肌と美乳で黒木香とともにメーカー黎明期の大スターとなったが、彼女の作品を手掛けた…

2018.06.02 15:59  週刊ポスト

村西とおる氏 親バレの不安を払拭した「実例話法」

村西とおる氏 親バレの不安を払拭した「実例話法」

 村西とおる氏が「不世出の監督」となりえたのはその話術によるところが大きい。AVという世界に数々の若き女性を口説き入れた村西氏が、彼…

2018.06.01 15:59  週刊ポスト

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

トピックス