人気の宅配水を徹底比較!

月額費用が安いウォーターサーバーランキング

月額費用が安いウォーターサーバーは?

飲むだけでなく、赤ちゃんの調乳や料理などさまざまなことに活用できウォーターサーバー
コストパフォーマンスに優れたものですが、誰しも少しでもお得に利用したいと思うものですよね。
ウォーターサーバーの利用に掛かる費用は、主にお水の価格、ウォーターサーバーレンタル料、宅配料、電気代などです。
中にはレンタル料や宅配料が無料だったり、エコモードが搭載されていて電気代がお得なウォーターサーバーなどお財布にやさしいウォーターサーバーもたくさんあります。
ここでは、その月額維持費用がお得な人気のウォーターサーバーランキングをご紹介いたします。

 
今月の総合ランキングを見たい方はこちら>>
 
当サイトオススメNo.1のプレミアムウォーター!

更新


ウォーターサーバー
人気ランキング

シンプルウォーター

評価

10 票, 平均: 2.10 / 510 票, 平均: 2.10 / 510 票, 平均: 2.10 / 510 票, 平均: 2.10 / 510 票, 平均: 2.10 / 5 2.10
読み込み中...
シンプルウォーター
お水の種類天然水
ボトルの種類使い捨て(6L)
宅配方式ワンウェイ方式
注文本数
(1回の配送)
天然水:1箱(3パック)~ / 2,430円~(6Lパック)
水の価格
(500ml)
天然水 67円
レンタル料0円(買取)
月額費用 2,430円~

※月額費用:注文本数(1回の配送)+サーバーレンタル料 主に飲料用で最も安いもの試算

クリクラ

評価

28 票, 平均: 3.36 / 528 票, 平均: 3.36 / 528 票, 平均: 3.36 / 528 票, 平均: 3.36 / 528 票, 平均: 3.36 / 5 3.36
読み込み中...
クリクラ

10年連続お客様満足度No.1!

お水の種類RO水
ボトルの種類回収(12L・5.8L)
宅配方式リターナブル方式 / ワンウェイ方式
注文本数
(1回の配送)
RO水:
2本~ / 2,920円~(12Lボトル)
2本~ / 1,720円~(5.8Lボトル)
水の価格
(500ml)
RO水 60円~
レンタル料0円(無料)~
月額費用1,720円~

※月額費用:注文本数(1回の配送)+サーバーレンタル料 主に飲料用で最も安いもの試算

アクアセレクト

評価

31 票, 平均: 2.58 / 531 票, 平均: 2.58 / 531 票, 平均: 2.58 / 531 票, 平均: 2.58 / 531 票, 平均: 2.58 / 5 2.58
読み込み中...
アクアセレクト
お水の種類天然水
ボトルの種類使い捨て(11.35L)
宅配方式ワンウェイ方式
注文本数
(1回の配送)
天然水:
2本~ / 3,132円~(11.35Lボトル)
水の価格(500ml)天然水 68円
レンタル料0円(無料)
月額費用3,132円~

※月額費用:注文本数(1回の配送)+サーバーレンタル料 主に飲料用で最も安いもの試算

日田天領水

評価

38 票, 平均: 2.42 / 538 票, 平均: 2.42 / 538 票, 平均: 2.42 / 538 票, 平均: 2.42 / 538 票, 平均: 2.42 / 5 2.42
読み込み中...
日田天領水
お水の種類天然水
ボトルの種類使い捨て(10L)
宅配方式ワンウェイ方式
注文本数
(1回の配送)
天然水:2個~ /3,132円~(10Lパック)
水の価格
(500ml)
天然水 78円
レンタル料0円(無料)
月額費用3,132円~

※月額費用:注文本数(1回の配送)+サーバーレンタル料 主に飲料用で最も安いもの試算

ネイフィールウォーター

評価

45 票, 平均: 2.47 / 545 票, 平均: 2.47 / 545 票, 平均: 2.47 / 545 票, 平均: 2.47 / 545 票, 平均: 2.47 / 5 2.47
読み込み中...
ネイフィールウォーター
お水の種類天然水・RO水
ボトルの種類使い捨て(12L)
宅配方式ワンウェイ方式
注文本数
(1回の配送)
天然水:2本~ / 4,212円~(12Lボトル)
RO水:2本~ / 3,132円~(12Lボトル)
水の価格
(500ml)
天然水 87円~
RO水 65円
レンタル料0円(無料)
月額費用3,132円~

※月額費用:注文本数(1回の配送)+サーバーレンタル料 主に飲料用で最も安いもの試算

信濃湧水

評価

42 票, 平均: 3.67 / 542 票, 平均: 3.67 / 542 票, 平均: 3.67 / 542 票, 平均: 3.67 / 542 票, 平均: 3.67 / 5 3.67
読み込み中...
信濃湧水

高品質天然水が業界最安級!

お水の種類天然水
ボトルの種類使い捨て(11.4L)
宅配方式ワンウェイ方式
注文本数
(1回の配送)
天然水:2本~ / 3,240円~(11.4Lボトル)
水の価格
(500ml)
天然水 71円
レンタル料0円(無料)~
月額費用3,240円~

※月額費用:注文本数(1回の配送)+サーバーレンタル料 主に飲料用で最も安いもの試算

プレミアムウォーター(Amazonギフト券3,000円分プレゼント)

評価

351 票, 平均: 4.43 / 5351 票, 平均: 4.43 / 5351 票, 平均: 4.43 / 5351 票, 平均: 4.43 / 5351 票, 平均: 4.43 / 5 4.43
読み込み中...
プレミアムウォーター(Amazonギフト券3,000円分プレゼント)

天然水ウォーターサーバーシェアNo.1

お水の種類天然水
ボトルの種類使い捨て(7L・12L)
宅配方式ワンウェイ方式
注文本数
(1回の配送)
天然水:
2本~ / 3,974円~(12Lボトル)
2本~ / 3,542円~(7Lボトル)
水の価格
(500ml)
天然水 82円~
レンタル料0円(無料)~
月額費用3,542円~

※月額費用:注文本数(1回の配送)+サーバーレンタル料 主に飲料用で最も安いもの試算

ふじざくら命水(富士桜命水)

評価

22 票, 平均: 2.36 / 522 票, 平均: 2.36 / 522 票, 平均: 2.36 / 522 票, 平均: 2.36 / 522 票, 平均: 2.36 / 5 2.36
読み込み中...
ふじざくら命水(富士桜命水)
お水の種類天然水
ボトルの種類使い捨て(9L・11.5L)
宅配方式ワンウェイ方式
注文本数
(1回の配送)
天然水:
2本~ / 2,916円~(9Lボトル)
2本~ / 3,348円~(11.5Lボトル)
水の価格
(500ml)
天然水 72円~
レンタル料733円
月額費用3,649円~

※月額費用:注文本数(1回の配送)+サーバーレンタル料 主に飲料用で最も安いもの試算

    月額費用が安いウォーターサーバーの疑問に答えます!

ウォーターサーバーを利用して月々にかかる費用は何ですか?

ANSWER

ウォーターサーバーを利用するのにかかる費用は、お水の料金+サーバーレンタル料+電気代+配送料です。

レンタル料と配送料は無料で利用できるメーカーも多いので、主に注文した分のお水の料金と電気代に費用がかかります。

電気代は従来のサーバーだと月に800~1000円程度と言われており、エコ機能付きの機能だとこれより数百円抑えることができます。

お水の料金は各メーカーやお水の種類によってさまざまです。レンタル料や送料が無料であってもお水の料金が高いと続けづらくなってしまいますので、お財布と相談しながら決めるようにしましょう。

ウォーターサーバーの電気代って1ヶ月どれくらいかかるの?

ANSWER

ウォーターサーバーの1カ月の電気代は一般的に1000円程度と言われているため、電気ポットと変わらない費用で使用できます。

節電機能のあるサーバーであれば月300円~程度まで節約できるので、電気代を抑えたい方には省エネ仕様のサーバーがおすすめです。

レンタルが有料と無料のサーバーの違いって?

ANSWER

メーカーによっても異なりますが、レンタル有料と無料のサーバーの違いには下記のようなことが挙げられます。

 

【例】レンタル有料:アルピナウォーター、レンタル無料:コスモウォーター

レンタル料
有料
無料
購入ノルマなしあり
メンテナンスありなし
お水の料金安い高い
送料有料
(一部地域無料)
無料

 

レンタル無料サーバーの宅配水は、お水の料金にレンタル料や送料が加味されているため、有料サーバーよりも料金が高く設定されていることが多いです。また、サーバーにクリーン機能が搭載されている場合はメーカーによる定期的なメンテナンスを実施していないことがほとんどです。

対してレンタル有料の場合、お水の料金はレンタル料や送料と切り離して設定されているため、低価格となっています。

レンタル料にメンテナンス代などのサポート料金が含まれているため、定期的にメンテナンス済みのサーバーと交換してもらえます。

無料サーバーにも有料サーバーにもそれぞれメリット・デメリットがありますので、料金だけでなくサポート面にも注目するようにしましょう。

購入ノルマとは何ですか?

ANSWER

購入ノルマとは、「月にお水を◯本以上注文しなければならない」といったノルマのことです。

主にレンタル無料サーバーのメーカーにある場合が多く、ノルマを達成できないとレンタル料として費用が発生してしまいます。

ノルマを気にして注文するとお水を消費しきれないうちに次のボトルが届いてしまうので、お部屋にどんどんたまっていってしまうリスクがあります。

ほとんどのメーカーであれば「◯カ月までスキップ可」となっているので、消費できていないうちはスキップ制度を上手に利用しましょう。ただし、スキップしたまま規定期間を過ぎてしまうと手数料が発生するため注意が必要です。

天然水とRO水はどちらが安いですか?

ANSWER

RO水のメーカーは使い終わったボトルを回収して再利用するリターナブルボトルを採用していることが多く、使い捨てボトルを採用していることの多い天然水メーカーよりも価格が安く設定されています。

家族が多く消費量が多いなどで価格重視の方はRO水を選ばれることも多いですが、おいしいお水を飲みたいとウォーターサーバーを導入する方は、天然水を選ぶことが多いようです。

一人暮らしでウォーターサーバーを使う場合、月額費用はどれくらいかかりますか?

ANSWER

ウォーターサーバーを利用するのにかかる費用はサーバーレンタル料+お水の料金+電気代+配送料です。

この中でもお水の料金は、月の注文本数によって左右されます。1回の最低注文本数が決まっているメーカーがほとんどなので、大体一度の注文で3000円~4000円ほどかかります。

電気代は一般的に1カ月800円程度と言われていますが、エコ機能付きのサーバーであればもう少し節約できますし、レンタル料や配送料が無料のサーバーも多くあります。

季節によってもお水の消費量は代わりますが、一人暮らしの月額費用は3000~4000円程度を目安として考えておきましょう。

オフィスでウォーターサーバーを使う場合、月額費用はどれくらいですか?

ANSWER

例えば30人の社員がいる会社で每日1人一杯ずつ飲むとすると、約200ml×30人×30日=180Lがおおよその消費量となります。

多くのメーカーは12Lボトルを採用しているため、月に15本ほどが注文本数です。

1500円の宅配水だとすると、2万2500円+レンタル料+電気代が月額にかかる費用となります。

レンタル料は無料のメーカーも多いので、使用する時間帯以外は電気代を節約できるエコ機能付きのサーバーを選べば、電気代もそれほどかかりません。

カップラーメンやコーヒーに使ったり、来客時のお茶だしに使ったりなど、いろいろな用途に使うことも考えると消費量はもっと多くなりますので、あくまで目安として考えてみてください。

 
今月の総合ランキングを見たい方はこちら>>