NEWSポストセブン

トピックス

新着ニュース

新着コラム

国内

ロシアからの水産物輸入減少が懸念されている(イメージ)
ロシア産輸入困難で増加が懸念される密漁 元組長が明かす“逃げるが勝ち”な実態
 警察や軍関係、暴力団組織などの内部事情に詳しい人物、通称・ブラックテリア氏が、関係者の証言から得た驚くべき真実を明かすシリーズ。今回は、ロシアのウクライナ侵攻に伴うロシア産品の輸入困難な状況から今後、増加が懸念されている日本の海での密漁について。 * * * ロシアによるウクライナ侵攻が続く中、ロシア産の水産物の輸入減少への懸念と国産の不漁などが複合して、国内では水産物の価格が上昇している。特にサケやマス、カニに影響が出ており、東京都中央卸売市場では高値が続いているようだ。カニ輸入にしろ国産にしろカニの価格が高騰し続ければ、密漁が増えるかもしれない。そこで、ある暴力団の元組長A氏に密漁について話を聞いた。「今はもう辞めてしまったヤクザが多い」というが、「オホーツク海では昔、定置網や刺し網のブイに代紋が入っていた。その下は全部、組のモノだ。当時の密漁はそれぐらい儲かった」とA氏は語る。刺し網といえばカニ漁だ。 ブイに代紋が入っていたというのは、さすがに昭和の頃の話らしい。そのようなブイがいくつも並ぶ海を見て、漁師たちはどう思ったのだろうか。今は獲れる量も減り、安い輸入品が増加、燃料代は高騰し、取締りも規制も年々厳しくなってきた。儲かっていた頃とは時代が違い、密漁しても割に合わなくなったようだ。密漁を行っていたヤクザたちの高齢化も理由の1つらしい。「密漁はヤクザとテキヤで分けるなら、テキヤの仕事だ。テキヤは季節モノ、密漁もモノによって時期が限られている。昔はある時期、組の事務所に電話すると、『今、コンブ漁に出ている』という返事があったくらいだ。組によっては、密漁がシノギの中心だった所もある」コンブも獲れた場所や質、大きさなどにより、良い品はかなりの高値がつくのである。 令和2年12月1日に、改正漁業法が施行され、罰則が厳しくなった。密漁は漁業権の侵害にあたり、100万円以下の罰金になった。漁業権を持たない者が潜水機や底引き網などを用いて無許可で操業し、起訴された場合は、3年以下の懲役または300万円以下の罰金となる。「普通に密漁するのは漁業権の侵害だが、生け簀などで養殖している所から取ってしまうヤツもいる。これは単に泥棒だ。窃盗罪になり、俺たちみたいな者だとまず懲役になる。楽で簡単だが、やるヤツはバカだ」(A氏)「現行犯でないと逮捕は難しい」 A氏自身もオホーツクの海で、何度も密漁したことがあるという。「捕まったことはない。ボートか船に船外機を2台取り付ければスピードが出る。普段は1台を使って走るが、いざという時は2台目もつけて逃げる。2台あればそのスピードは半端ない」。 見渡す限りの広い海で、密漁船を追いかけてくるのは警察の捜査船ではなく、海上保安庁が各地に設置している海上保安部の巡視船だ。領海侵犯した中国漁船に退去を求めて衝突された巡視船の映像は有名だが、あの船から逃げ切れるのかと聞くと、A氏の答えは「余裕だよ。問題ない。簡単なことだ」「海には波がある。1mの波があれば、上と下で2mの高さだ。オホーツクは普段から波が荒いから、2mの波なら上下合わせて4m。4mもあれば、小さな船などあっという間に波に隠れて見えなくなる。海で小船を追いかけ続けるのは、想像するより難しいことだ。波の間をかいくぐっていけば、まず見つからない。それでも追いかけられれば、荷を捨てて、重量を軽くして、スピードを上げて逃げればいいだけだ」「密漁は現行犯でないと捕まえるのは難しい」 荷を捨ててしまえば証拠はなくなる。密漁船、密漁者、密漁品を抑えなければ、現行犯逮捕はできない。 警察や海保を含め密漁を取締り監視する側は、どの船が密漁をしているのか、どれが密漁船なのか知っているとA氏はいうが、それでも港で捕まえるのは難しいと話す。「船の名前や番号などは簡単に誤魔化せる。密漁している間は、変えてしまえばいいだけのこと。車のナンバープレートを偽造して張り替えておくようなものだ。港に戻った時には名前も番号も戻してある」 密漁品をさばくルートはいくらでもあったというから、密漁がいかにヤクザにとっての資金源だったかがわかるだろう。船から上げて荷を運ぶ際は、海保ではなく警察の動きに気をつけたという。「警察の動きは常にチェックし、検問をやっている所は避けた。密漁は地元のヤクザなどの協力がないとできるものではない。北海道の田舎の漁港あたりでは、誰がヤクザかヤクザと関係があるかは周知の事実。誰がよそ者かは一目瞭然だ。よそ者がおかしな動きをしていれば、すぐに警察に通報される。検問にひっかかればあれこれ聞かれ、車の中を調べられる。もし密漁したアワビやウニが見つかれば”港で拾った”と言えばいい。俺たちが密漁したという証拠はない」密漁者を捕まえるのは、存外に難しいようだ。 密漁と聞けば、上記のようにオホーツク海のカニ漁が思い浮かぶが、実のところ密漁は瀬戸内海でも見逃せないほどの規模になっているのだという。瀬戸内海では近年、アワビやナマコの密漁が多発しており、改正漁業法でこの2つは特定水産動植物に指定された。そのため密漁すると3年以下の懲役または3000万円以下の罰金が科される。個人に対する罰金としては国内で最高額だ。 瀬戸内海で密漁が頻発するのは、アワビやナマコが獲りやすいというだけでなく、瀬地内海の地形が関係しているとA氏はいう。「小さな島が沢山あるから、島影に隠れ、船を岸に着けてしまえば見つからない。オホーツク海の冷たい荒波に比べれば、瀬戸内海は穏やかで温かく安全。今ではヤクザ以外の人間の方が多いのではないか」。 密漁の取締りはどこまで行ってもイタチごっこのようだ。

国際情報

党高官親族は海外資産を保有しているのに…
中国人民解放軍が下士官のモチベーション改革 実力主義の運用に
 中国人民解放軍は複雑化する国際環境での戦闘に対応し、より専門的な軍隊を育成するため、兵士の昇進、採用、訓練のあり方を見直し始めている。その改革の目玉としてこのほど「徴兵による下士官育成の改正に関する規定」を作成、軍内に配布し、軍幹部の評価基準は「戦闘能力が唯一かつ基本である」としていることが明らかになった。 この規則は、軍隊の水準を高めるために不可欠な措置とみなしており、敵対する米国や日本などに対抗する狙いとみられる。米政府系報道機関「ラヂオ・フリー・アジア(RFA)」が報じた。 中国軍は2017年に30万人の軍人の削減が行われ、現在総員は約200万人となっている。 習近平・中国国家主席兼中央軍事委員会主席は2018年3月、軍の少数精鋭化を進めるために、軍隊の「背骨」である下士官の重要性を強調し、「下士官の安定は非常に重要だ。下士官のプロ意識を向上させ、離職率を減らさなければならない」と指摘して下士官に関するプロジェクトチームの立ち上げを指示した。 これを受けて、中国国防省は徴兵制度で軍に入った18歳から20歳までの兵士を対象に、兵役が終了する2年後も軍に残すため積極的に下士官に登用する方針に転換した。 軍では昨年から徴兵の受け入れを年1回から年2回に増やし、上半期は2月から、下半期は8月から開始するようになった。 解放軍は今後、これらの下士官の育成を軸にして、軍組織の近代化を進めると同時に、下士官を中心とした「戦闘力を高めるという緊急の必要性」に応えるための人材育成に力を注ぐことになった。 具体的には下士官のモチベーションを高めるため、兵役年数に基づく昇進制度を廃止し、能力や資格に基づく昇進に移行する予定だ。また、賃金や住居など、兵士の軍務と福利厚生の向上も実施される。 さらに、下士官は退役後の生活の心配をしなくても済むように、優先的に国営企業などへの再就職を斡旋されるという。

芸能

当初「牛宮城」に反対していたという高橋社長(写真/小倉雄一郎)
人気YouTuberの“仕掛け人”Guild高橋将一代表 宮迫博之の復活プロデュース秘話「牛宮城はガチ」
 闇営業騒動でかつての所属先である吉本興業から契約解除され、一時は窮地に陥った「雨上がり決死隊」の宮迫博之(52)。その後、チャンネル登録者数137万人(5月23日時点)を超えるYouTuberとして人気を博しているのは周知のところだ。宮迫の復活劇を陰でプロデュースしたのが、ヒカルやひろゆき氏などYouTuberのサポートなどを手がける株式会社Guild(ギルド)の代表取締役・高橋将一氏(34)だ。宮迫を迎え入れるにあたり、社内では「大手芸能事務所に楯突くことになるのではないか」と懸念する声もあった。それでも高橋氏が「宮迫さんはキーパーソンだ」とこだわった理由とは? そこには、未来のYouTubeビジネスを見据えた壮大な構想があった。宮迫の生き残りが、新しい市場に直結する 高橋氏は「社内で反対の声もあったんですが、僕はどうしても“YouTuber宮迫博之”のプロデュースがやりたかった」と語る。反対する人間たちは、“大手芸能事務所とケンカ別れした”という点を不安視していた。しかし、高橋氏はむしろその点に宮迫をプロデュースする意味を見出していた。「ここまで派手に芸能プロダクションから契約解除された方が芸能界で生き残った実績はないと思うんです。つまり、宮迫さんを生き残らせることが新しい市場を作ることに直結していた。宮迫さんはYouTubeビジネスにおいて大変なキーパーソンだったんですよ。だから僕は、チャンネル登録者数100万人を超えるまでは、宮迫さんのチャンネルにぴったり付き添って、死ぬ気で企画を考えていました」 宮迫を見事成功させたこともあり、高橋氏は「YouTuber以外でYouTubeのプロデュースができる数少ない存在」「逆境に立たされた人間をYouTuberとして復活させるのが得意」だとして業界内での地位を確立する。公表できない案件も多いが、ほかにも数々の人気芸能人YouTuberをサポートしてきたという。「芸能人がYouTubeチャンネルを開設することは当たり前になりましたが、安定して再生数を稼げる芸能人YouTuberは一握りです。そして、芸能界におけるプロデュースとはまた違い、YouTubeチャンネルを成功させるためには、WEBマーケティング的な考え方が必要になります。そのため、いろいろな芸能プロダクションが『うちのタレントがYouTubeを始めたんだけど……』とGuildにこっそり相談しにきています」 宮迫をプロデュースするにあたって意識したのは、“リブランディング(ブランドの再構築)”だ。「宮迫さんは、ずっと芸人として“勝ち芸”をやってきたんですよ。『お前なんでやねん』と、後輩たちにツッコむ側。つまり、強いポジションにいる側のキャラクターだったんです。ですが、闇営業騒動などのゴタゴタを経て、もう勝ち芸を貫こうとしても視聴者が『何を偉そうにしているんだ』と反発を覚えてしまう。だから、YouTubeだと新たに負け芸をやらないといけない。宮迫さんをどうやって“応援したい存在”に変えていくかを考えました」 動画を毎日更新し、時にはドッキリを仕掛けられるなど情けない姿も晒し、次第に宮迫に寄せられる応援の声は増えていった。高橋氏の狙いが見事ハマった形と言えるが、それでも焼肉店「牛宮城」をめぐる騒動は予想外のことばかりだったらしい。 牛宮城といえば、共同出資者だったはずのYouTuberヒカルが『こんな焼肉ありえない』と一度は完全撤退を宣言し、牛宮城の宣伝隊長としてカムバックするまでの経緯も注目を集めた。一連の流れに対して、ネット上では“話題作り”との憶測もあったが、はたして真相は……?「あれは全部ガチです。チャンネル登録者数100万人を達成してからは宮迫さんのチャンネルからは少し手を離していたので、僕も牛宮城について細かくは把握していなかったんですよ。だから全部お任せしていたんですが、ある日、ヒカルさんから『このままだとヤバいから入って』と頼まれて……。 僕はオープン1か月前まで撤退を勧めていた側でした(笑)。とはいえ、さすがに宮迫さんが失敗すると後味が悪いですよね。それでヒカルさんが『このまま放っておくのも可哀想だからサポートしてあげたほうがいい』と戻ったのです」YouTubeから広告業界を変えていく 今年4月、GuildではYouTuberヒカル、歌い手まふまふが取締役に就任したことを発表した。関連会社を含む事業売上高は100億円を突破したが、高橋氏には壮大な目標があるという。「2大広告代理店を超えていきたいと思っています。テレビCMなどの大規模広告には、企業の“ブランド予算”が割かれています。ブランド予算というのは、単に『この商品を買ってください』という以上に、その商品や企業のブランドイメージを向上させるための広告に使われる予算です。その莫大な金額は、2大広告代理店がほぼ独占しているわけです。Guildは数多くの広告案件を請け負っていますが、現状『この商品を買ってください』という単発の案件だけです。ですが、YouTube業界から僕らがブランド予算のパイを獲りにいくつもりです。 大勢のYouTuberのプロデュースを手がけているので、YouTuberやタレント事務所と見なされがちなんですが、実はそこではない。Guildは広告業界で大手に負けない存在になることを目標としています」 目を輝かせながら、Guildの未来について語る高橋氏。それほど大きな戦いに挑むモチベーションとは何なのか?「モチベーションには種類がふたつあって、『老後の資金は大丈夫かな』とか『家族を養わなきゃ』といった不安を解消するために嫌な仕事も頑張れる場面ってあると思うんですよね。逆に言えば、その不安をクリアすることができたら、あとはロマンがモチベーションじゃないですか(笑)。単純に、自分の考えたことで世の中が変わりそうなのは楽しいですよ!」◆取材・文/原田イチボ(HEW)

スポーツ

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、最強ライバル引退でも「4Aに向かって一生懸命努力」と不屈の精神
「来シーズンは、ないと思う」──五輪王者の発言は、世界のフィギュアスケートファンに衝撃をもたらした。2月の北京五輪で悲願の金メダルを獲得したネイサン・チェン選手(23才)は、米国のテレビ局「NBCスポーツ」のインタビューで、今秋から始まる来シーズンへの参戦の可能性について問われると、冒頭のように言い切った。 今年に入ってから、羽生結弦選手(27才)と同期の田中刑事選手(27才)、平昌五輪4位の宮原知子選手(24才)など、日本のフィギュアスケート界を引っ張ってきた選手たちが続々と引退を発表している。そして、ついに羽生の最大のライバルともいえるネイサンまでもが競技生活から距離を置くことを示唆したのだ。 2018年の秋、米国の名門イェール大学に入学したネイサンだが、その後は、多くの時間をキャンパスではなくリンクの上で過ごしてきた。「在学中、ネイサンはスケートだけをして生きている生活に徐々に疑問を持ち始め、スケート関係以外の友人と交流したり、スケート以外の趣味を充実させるなどライフスタイルを変化させていったそうです」(フィギュアスケート関係者) そんなネイサンも、北京五輪に向け集中するために2020年からは大学を休学。スケートを最優先にすることで、見事金メダルを勝ち取った。「彼は、今夏から大学に復学する予定です。統計学とデータサイエンスを専攻しており、『いまは勉強に集中して、知識を身につけたい』と考えているようです」(前出・フィギュアスケート関係者) 先述のインタビューでは、大学卒業後に再び競技に復帰する可能性についても問われたが、「まだわからない。すでに達成したことに満足している」と語るなど、競技生活への未練を見せる様子はなかった。スポーツジャーナリストの野口美恵さんが話す。「チェン選手は、五輪でも世界選手権でも優勝を果たし、やり切った感がある。心残りがある選手なら卒業後に競技生活に戻ることも考えられますが、彼の場合その可能性は極めて低いかもしれません」 羽生の活躍を語る上で、世界の舞台で競い合ってきたライバルの存在は欠かせないが、近年彼らは続々と引退を決断している。ソチ五輪銀メダリストでカナダのパトリック・チャン(31才)は2018年に、その翌年には盟友、スペインのハビエル・フェルナンデス(31才)も引退している。「これまで羽生選手は、ほかの選手の去就に大きく影響されず、ライバルが引退していく中でも、自分の目標を定めて着実に進化を遂げてきました。ただ、チェン選手に関しては、自分の方がベテランであり、長い時間をともに戦ってきましたから、最強のライバル、そしてモチベーションの源でもあった。彼の不在を非常に残念に思っていることでしょう」(前出・野口さん) 自分よりも若いネイサンまでもが競技の場から去る──しかし、羽生は滑り続けるという選択に前向きだ。シチズン時計のアンバサダーを務めている彼は、活動の一環で5月20日に公開されたインタビューで、次のように語り、不屈の精神を見せた。「ぼくは4A(4回転半ジャンプ)に向かって、また目標に向かって毎日諦めずに頑張ったり、(中略)これからも一生懸命努力して、さらによい演技と、よいプログラムたちを作っていきたいなって思うので、どうかこれからも応援よろしくお願いします」 米国からは、新たなライバルも現れている。イリア・マリニン選手(17才)は、練習中に4回転半ジャンプを成功させ、その様子を収めた動画は世界を驚かせた。経験不足を理由に北京五輪代表には選ばれなかった選手だが、今後羽生の強力なライバルになっていくことだろう。来シーズンも氷上で美しく、熱い戦いが繰り広げられそうだ。※女性セブン2022年6月9日号

グラビア

ビジネス

かつての王者、TBSラジオの凋落に歯止めはかかるか
かつての王者、TBSラジオが聴取率調査4位に転落の衝撃 凋落に歯止めはかかるか
 TBSラジオが目指す方向はどこか──。『4月度首都圏ラジオ個人聴取率調査』(ビデオリサーチ調べ)が発表され、TOKYO FMが0.7%で半年ぶり2度目の単独トップに輝いた。2位にはニッポン放送とJ-WAVEが0.6%で並んだ。かつての王者であるTBSラジオは0.5%で4位に転落して、業界に衝撃が走っている。ラジオ局関係者がその背景を解説する。「この結果は、必然かもしれません。2018年に就任したTBSラジオの三村孝成社長は『聴取率調査』ではなく、パソコンやスマホで放送を聴ける『radiko』(ラジコ)のデータを重視していますからね。たしかに、そのほうが実数値を測れます。 ただ一方で、ラジオ受信機で聴いている人もたくさんいる。だから本来なら、片方だけではなく、両方に力を入れたほうがいい。しかし、『聴取率調査』に豪華ゲストを呼んだり、プレゼントを上げたりする『スペシャルウィーク』を廃止し、復活する気配もない。あまりにドラスティックな改革に社員やパーソナリティだけでなく、リスナーも困惑した。それが徐々に“TBSラジオ離れ”を促し、4位転落という結果に現れたのではないでしょうか」(以下同) 同局は『大沢悠里のゆうゆうワイド』や『荒川強啓デイキャッチ』などの帯番組が人気で、『聴取率調査』で2001年8月から昨年4月まで119期連続1位を獲得した。「聴取率が良いので、20年近くタイムテーブルをいじる必要がほとんどなかった。ラジオは習慣のメディアと言われ、リスナーはあまり周波数を変えない。そんな理由もあってか、約20年もTBSラジオは1位を続けられました。しかし、パーソナリティの高齢化も進んだことで、近年は帯番組が頻繁に変わっており、改編のたびにリスナーを失っている印象です。年齢によるパーソナリティ交代は仕方ないにしても、バトンの受け継ぎ方が迷走しているように感じます」 2020年6月に土曜午後の『久米宏ラジオなんですけど』が久米本人の意思で終了。同時間帯はバービーの『週末ノオト』に託された。しかし、期待していたような成果が出なかったのか、今春で幕を閉じた。その枠には現在、『井上貴博 土曜日の「あ」』が放送されている。「久米さんからそのまま井上アナに引き継がれていれば、リスナーはあまり離れなかったと思います。2人にはTBSのアナウンサーという共通点があり、世代を超えてバトンを引き継ぐという物語も生まれた。でも、久米さんからバービーではあまりに毛色が違い過ぎて、『ラジオなんですけど』のリスナーの中には、番組から離れてしまった人もいるでしょう。“習慣のメディア”であるラジオは、一度離れたリスナーを取り戻すのは難しいんですよ」 今春にはTBSラジオの顔とも言えた『伊集院光とらじおと』も終了し、『パンサー向井の#ふらっと』が始まっている。「局は伊集院さんを午前ワイドに三顧の礼で迎え、今後も長く続く番組になると思われていた。だからこそ、リスナーにとっても終了の喪失感は大きい。向井さんは火の中の栗を拾う覚悟でしょうし、生粋のラジオ好きですから、そのうち評判を呼ぶと思いますよ。ただ、当面は苦戦するかもしれません。それをTBSラジオが我慢できるかがポイントです」 聴取率調査よりradikoのデータを重視するよう舵を切ったTBSラジオの行く末はいかに。

ライフ

近所の移動には欠かせない「BMW」
憲法学者・小林節氏(73)「憲法13条『幸福追求権』を踏まえて免許返納はしない」
 警察庁が高齢者に「免許返納」を勧めている流れもあり、最近では、西川きよし(75)や二之湯智・国家公安委員長(77)など有名人の免許返納が相次いでいる。一方で「それでも免許は返納したくない」という人たちもいる。 5月13日から75歳以上のドライバーの免許更新に新たに「運転技能検査」が加わった。「認知機能検査」を受ける義務もあり、免許更新のハードルが上がっているが、憲法学者・小林節氏(73)は、免許返納にはまるで興味がないという。小林氏に話を聞いた。 * * * 自宅が郊外にあるので、例えばコンビニや郵便局に行く時などは自分で運転しています。今後も運転免許は返納せず、持ち続けるつもりです。 ただ、先日、免許更新時の高齢者講習を受けて、「自分勝手な運転をしてきたんだな」と気付かされました。実地ではヒヤッとする場面もあり、今は心穏やかに運転するよう心掛けています。都心に行く時は車を使っていましたが、今はタクシーか電車を使っています。 よく、運転免許の返納をめぐって家族が揉めると聞きますが、「オール・オア・ナッシング」は無理だと思う。自身や周りの判断で、車の乗り方や運転の仕方を高齢者でも可能な範囲に限定し、免許を持ち続けるほうが諍いはなくなると思います。 付け加えると、運転免許の返納は憲法13条に定められた「幸福追求権」に関わる問題です。車を運転することは個人の判断であり、行動の自由を得るための幸福追求権に該当します。 とはいえ、車は他者を傷つけることがあり、運転するには能力がなければダメで、だから免許制度がある。これはやはり憲法13条に定められた「公共の福祉」の問題です。そのために運転免許の返納が制度としてある。 幸福追求権を維持しつつ、公共の福祉も踏まえた形での対応が妥当だと考えています。だから私は返納はしないが、運転は可能な範囲に限るという対応を取っています。※週刊ポスト2022年6月3日号

コラム

動画&音楽のサブスク16選 主要サービスの料金や基本的特徴を解説
動画&音楽のサブスク16選 主要サービスの料金や基本的特徴を解説
 定額料金で様々なサービスを利用する“サブスクリプションサービス”。その定番といえば、動画配信サービスだ。サービスごとにオリジナルコンテンツや番組を配信しており、独自性を打ち出している。どれに加入すべきかは金額や特徴を見比べて決めたいところだ。【表3枚】特徴や月額料金を徹底比較! 動画/音楽/育児やレジャー・旅行など、多様な「サブスクサービス」36選 そして、動画配信と同じく、利用者が多いサブスクが、音楽配信サービス。使用しているスマホの機種などによって、連携しやすいサービスが異なるが、『Apple Music』『LINE MUSIC』『Spotify』『YouTube Music Premium』『Amazon Music Prime』の5サービスが、一歩リードしている印象だ。 以下に、主要な動画配信サービスと音楽配信サービス、それぞれの料金や特徴について解説しよう。【*料金、利用条件などはすべて、2022年5月12日時点の情報です。変更の可能性あり。詳細はホームページなどをご確認ください】動画配信サービス7選●Netflix月額料金:990円~、別途有料作品:なし 日本に“サブスク”を広めるきっかけになった動画配信サービス。オリジナルコンテンツに注力しており、海外作品も国内作品も豊富なラインアップ。話題になった韓国の大人気ドラマ『愛の不時着』や『イカゲーム』などを配信。●Amazon Prime Video月額料金:500円、別途有料作品:あり 動画配信サービスだけでなく、Amazon Music Prime、Amazon Photosといったサービスも、月額500円で利用できる。視聴に追加料金がかかる作品もあるが、このサービスでしか見られないオリジナル作品も充実。●Disney+月額料金:990円、別途有料作品:なし ディズニー、ピクサー、マーベル作品が見放題。ディズニー作品のオリジナルストーリーも多数配信されている。大人気スマホゲームアプリ『ディズニー ツイステッドワンダーランド』のアニメ作品が独占配信されると話題に。●U-NEXT月額料金:2189円、別途有料作品:あり 国内の新作映画や韓国の人気ドラマが数多く独占配信されている。話題の作品がどこよりも早く見られるが、月額料金がいちばん高い。安く動画を楽しみたい人には不向きかも。●Hulu月額料金:1026円、別途有料作品:あり 国内ドラマのラインアップが豊富。さらに日本テレビ系列のドラマはスピンオフも見られるので、国内ドラマ好きにはおすすめ。海外ドラマも日本初配信の作品が豊富。●ABEMA プレミアム月額料金:960円、別途有料作品:あり 恋愛リアリティーショーを多数配信しているのが特徴。オリジナル作品も多く、有料版に加入すれば配信中の番組の追っかけ再生や、広告なしでの視聴が可能となる。過去の番組配信が不要であれば、無料版でも充分楽しめる。●dTV月額料金:550円、別途有料作品:あり 低額でいつでもやめやすく、無料体験期間が長いのが魅力(いま初回入会すると最大6月10日まで無料)。オリジナル作品はほかと比べて少ないが、動画配信サービス以外に、音楽ライブも楽しめる。音楽配信サービス9選●Apple Music月額料金:980円、無料プラン:なし iPhoneなどのApple製品のユーザーなら、連携しやすい。加入すれば広告なしで7500万曲が聴き放題に。1か月の無料お試し期間も魅力。●LINE MUSIC月額料金:980円、無料プラン:あり 9000万曲以上が聴き放題に。LINEの友達が聴いている曲やLINEのBGMに設定している曲が表示されるなど、LINEと連携したサービスが楽しめる。学割制度もあり。●Spotify月額料金:980円、無料プラン:あり 7000万曲以上の楽曲が聴き放題に。ほかの音楽配信サービスに比べて無料プランが充実しているので、無料で音楽を聴きたいという人におすすめ。●YouTube Music Premium月額料金:980円、無料プラン:あり YouTubeが配信する音楽サービス。有料会員になると、広告が流れなくなるので配信がスムーズに。また通常は、YouTubeを見ながらスマホのほかのアプリは操作できないが、有料会員なら操作可能に。●Amazon Music Prime月額料金:Prime 500円 + Unlimited 980円、無料プラン:あり Amazon Prime会員なら、200万曲は無料で聴き放題。曲数が足りない、好きなアーティストの曲が少ないと感じるなら、有料サービス「Unlimited」(月額980円)で9000万曲が聴けるようになる。●dヒッツ月額料金:330円、無料プラン:なし 月額330円のプランは業界最安値。音楽にこだわりがなく、月額料金を抑えながら、時々BGMとして楽曲が聴ければいいという人におすすめ。●楽天 ミュージック月額料金:980円、無料プラン:なし クレジットカードやモバイル、銀行などで楽天サービスを使用していれば月額料金が780円に。楽曲を毎日1曲聴くことで1ポイントがもらえる。ただしファミリープランがなく、基本的に1人ずつ加入することになるため、料金は高めになる。●アニュータ月額料金:600円、無料プラン:なし アニメソングに特化。楽曲数は少ないが、最新楽曲から懐かしの曲まで幅広くそろう。アニメ関連のイベント先行予約もできる。●auうたパス月額料金:550円、無料プラン:あり 音楽の再生方法が、シャッフル再生か曲順再生のどちらかのみで、好きな曲をピンポイントで選んで聴けないなど、使い勝手に難あり。月額料金が安いので、気軽に音楽を楽しみたい人向け。取材・文/番匠郁※女性セブン2022年6月2日号