• TOP
  • コラム
  • 「サブウェイ」裏メニュー パンなし、ポテトの味ミックスも

コラム

2017.09.26 15:00  マネーポストWEB

「サブウェイ」裏メニュー パンなし、ポテトの味ミックスも

カスタマイズが有名なサブウェイのサンドイッチ


“裏メニュー”、それはその店に通い詰めている常連客だけにふるまわれる特別な食べ物──こんなイメージを持つ人も多いのでは。最近、あの有名ファストフード店にも、メニューには載っていない“裏メニュー”があるという。もちろん、裏メニューだけにいつまで存在するかはわからないが、そうした点も踏まえてサブウェイとバーガーキングの裏メニューを紹介しよう。

【サブウェイ】
メーンメニューは言わずと知れたサンドイッチ。新鮮な野菜を多めにしたり、苦手な野菜は抜いてもらうなどのカスタマイズが有名だ。だが、サンドイッチに不可欠な“あれ”まで抜けることは知られていない。

「『パンなし』とオーダーすると、パンを抜いてくれるんです。代わりにプラスチックの容器に中身を入れてくれるのでサラダになる」(フードジャーナリストの阿左美賢治さん)

 実際「パン抜きでお願いします」と頼むと、レタスがメーンのサラダ仕様にしてもらえた。レタスはサンドイッチに入っている量の4倍ほどに増量されているので、糖質制限ダイエットをやっている人にはもってこいの裏メニューだ。

 また、サイドメニューのオーブンポテトには「ピリ辛バーベキュー」「チーズ」「バジル」の3種類の味がある。

「メニューには載っていないが、『ミックスで』と頼むと2種類もしくは3種類の味を混ぜてくれます。“謎のフレーバー”のできあがりです(笑い)」(阿左美さん)

 なおサンドイッチのドレッシングも1種類だけでなく、2種類ミックスすることができるのでお試しあれ。

【バーガーキング】
 ジャンボサイズのバンズでつくる巨大ハンバーガー「ワッパー」が一番人気だが、さらなるボリュームアップができる。

「オーダー時に『ヘビーで』と告げると、レタス、オニオン、ピクルス、マヨネーズ、ケチャップ、マスタードを1.5倍まで増やせます。すべて1.5倍にしたければ、『オールヘビー』と伝えればOKです」(阿左美さん)

 食べてみると、あまりの量の多さにレタスやオニオン、マヨネーズがぼたぼたと落ちてくるため、注意が必要だ。マヨネーズを増量すると、味の主張が非常に強く、もともとの味を消してしまうので、野菜だけヘビーにするのがいいかもしれない。

※女性セブン2017年10月5日号

関連記事

トピックス