• TOP
  • コラム
  • 6つの動画サービスを同時契約する男性 元は取れるのか?

コラム

2018.02.23 17:00  マネーポストWEB

6つの動画サービスを同時契約する男性 元は取れるのか?

動画配信サービスは月額1000円程度のケースが多い(Hulu公式HPより)

 ここ最近で大きく普及した感のある月額制の動画配信サービス。Hulu、Netflix、Amazonプライム・ビデオといった海外発のサービスのほか、スポーツ動画配信のDAZN、国内発のU-NEXT、AbemaTVのプレミアムプランなど、様々な種類の動画配信サービスがしのぎを削っている。ユーザーはどう選んでいるのか?

「スポーツオンリーのDAZNやAbemaTVでの見逃し配信が可能となるAbemaTVのプレミアムプランなどは独自性の強いサービスですが、Hulu、Netflix、Amazonプライム・ビデオ、U-NEXTなどの、映画・ドラマ系の配信サービスでは、観られる作品がある程度かぶっています。そのうえで、それぞれがオリジナルの作品を配信したり、独自サービスを行ったりなど、個性を出している状況。それぞれのオリジナル作品を判断材料にして、どのサービスと契約するかを決めているユーザーがほとんどでしょう」(エンタメに詳しいフリーライターの大塚ナギサ氏)

 それぞれのサービスにも特徴がある。

「たとえば、Amazonプライム・ビデオは吉本芸人のオリジナル番組が充実。Huluはオリジナルのバラエティー番組のほか、日本テレビの番組の見逃し配信があります。また、Huluで先行公開される海外ドラマも多いです。Netflixはオリジナル映画が充実しています。制作費も潤沢のようで、ハリウッド映画と変わらない規模の作品がオリジナルで配信されています。U-NEXTはアイドル系のオリジナルコンテンツが多い印象です」(大塚氏)

 いずれもオリジナル番組は充実している動画サービス。それらを観たいがために、複数のサービスと契約している人もいる。

◆全部で6つの見放題サービスを契約、月にいくらかかる?

 30代会社員の男性Rさんは、映画や海外ドラマの大ファン。複数の動画配信サービスを契約している。

「映画は月に10~20本くらい、海外ドラマは同時進行で常時5作品くらいを継続して観ています。あと、格闘技やサッカーも好きで動画配信サービスで観ています」(Rさん)

 Rさんが、現在契約しているのはHulu(月額933円、税別以下同)、Netflix(月額950円)、U-NEXT(月額1990円)、Amazonプライム・ビデオ(年額税込み3900円、1か月あたり325円)、DAZN(月額1750円)、AbemaTVプレミアムプラン(月額税込み960円)の6種類。1か月にかかるお金は合計で7000円弱だ。

「Huluでは『ゲーム・オブ・スローンズ』や先行配信の『ウォーキング・デッド』を観ています。Netflixでは『ハウス・オブ・カード』や『ストレンジャー・シングス』、アニメの『デビルマンcrybaby』など。Amazonプライム・ビデオで観るのは『ドキュメンタル』などのお笑い番組。U-NEXTではアイドル系やアダルト系を観ます。U-NEXTには雑誌読み放題サービスもついているので、通勤の電車の中でスマホ版の雑誌を読んでいます。

 DAZNとAbemaTVでは主に海外の格闘技中継を観ています。DAZNではJリーグも観ます」(Rさん)

 1つのサービスで2番組程度を定期的に観ているというRさん。全部で月7000円弱という料金は高くないのだろうか?

「6つのサービスで7000円かかったとしても、1本のコンテンツあたりに払っているお金はおそらく200円くらい。映画館で観るよりは安いという感覚なので、そこまで高いとは思いません。ただ、1つのサービスに集約できれば助かるとは思いますが……」(Rさん)

 たしかに映画館で映画を観ると1本1800円。前売り券などを駆使しても、7000円では数本しか観られないことを考えれば、配信サービスで月に30本以上観れば元がとれると捉えることもできるようだ。

関連記事

トピックス