• TOP
  • コラム
  • とんかつチェーン『かつや』 愛好者が語る満足度とお得感

コラム

2018.05.10 16:00  マネーポストWEB

とんかつチェーン『かつや』 愛好者が語る満足度とお得感

かつやの定番『カツ丼(梅)』と『とん汁(小)』


 1000円以下の価格帯でカツ丼やとんかつ定食を提供するチェーン店として人気なのが、『かつや』だ。牛丼であれば、『吉野家』や『松屋』、『すき家』などといったチェーン店が人気だが、その「かつ丼・とんかつバージョン」と呼ぶべき存在だ。外食チェーンに詳しいライターの小浦大生氏が説明する。

「アークランドサービスHDが運営する『かつや』は、現在390店舗以上を展開し、低価格とんかつチェーンとしては頭一つ抜け出ている状態です。

 そもそも、とんかつは値段の幅が広いメニューで、高級なお店では3000円以上することも珍しくないのですが、『ヒレカツ定食』であれば1000円から1500円くらいが一般的な価格とされています。

 そうしたなかで、『かつや』の『ヒレカツ定食』が790円(税別、以下同)、『ロースカツ定食』が690円という安さ。また、『カツ丼(梅)』なら490円と、税別ながら500円を切る価格となっています。このリーズナブルな価格でとんかつを気軽に食べられるの点が人気の理由となっています」

『かつや』で昼食を食べる機会が多い40代の会社員Aさんはこう話す。

「よく食べるのは『カツ丼(梅)』と『とん汁(小)』(120円)です。カツ丼(梅)はローツカツが80gなんですが、ボリューム的に物足りなさを感じることはありません。600円くらいでカツ丼ととん汁でお腹いっぱいになるので、本当に助かります」

◆定番以外の豊富なメニューも大きな魅力

『かつや』では、定番の『カツ丼』『ヒレカツ定食』『ロースカツ定食』のほかにも、様々なメニューを提供している。『タルタルチキンカツ丼』(590円)、『ソースカツ丼』(490円)、ヒレカツが2枚付いた『とん汁定食』(650円)のほか、海老フライやメンチカツも人気。レギュラーメニューだけでなく、期間限定の季節のメニューも豊富だ。

「去年であればチャーシューがのった『チャーシューエッグチキンカツ丼』、『チキンカツの牛すき丼』など、かなり個性的な限定メニューが提供されています。とんかつチェーンではありますが、豚肉にとどまらない、様々な種類の肉を使っているのが特徴です」(小浦氏)

 とんかつチェーンというと、ごはんとキャベツはおかわり自由という店も多いが、『かつや』の場合は、ごはんは大盛りが100円、キャベツのおかわりが100円となっている。

「もともとの価格設定が低いので、仕方ないことなんですが、できればキャベツのおかわりが自由だったら最高なのに…というのが本音。テーブルに置いてあるごまドレッシングもおいしいので、そこだけがもったいないかなと思います。個人的には、最初からキャベツがつかない丼モノのほうがお得に感じています」(Aさん)

 低価格で提供しているがゆえに、さらなる“お得”が求められてしまう『かつや』。リーズナブルなチェーン店の宿命かもしれない。

関連記事

トピックス