• TOP
  • コラム
  • 求めるのは安さか使い勝手か? 「格安スマホ」5社の料金と特徴を徹底比較

コラム

2018.11.15 11:00  マネーポストWEB

求めるのは安さか使い勝手か? 「格安スマホ」5社の料金と特徴を徹底比較

数ある格安スマホのサービスの違いは?(EPA=時事)

 昨今、注目を集めている「格安スマホ」。料金の安い「SIMカード」をiPhoneやアンドロイドなどに挿して使うことで、大手キャリアより圧倒的に携帯電話料金が安くなるのが最大のメリットだ。1台でも月3000~4000円、4人家族全員が換えれば1万円強の節約も可能だという。

 だが、格安スマホ会社は現在、800社以上あるとされる。その中からどうやって選べばよいのだろうか。ITジャーナリストの三上洋さんが解説する。

「格安スマホ各社の料金はどこも横並びで大差はありません。そのため、各社の特色が自分に合っているかどうかで選ぶとよいでしょう。例えば、とにかく安さを求めるなら業界最安値の『DMMモバイル』が候補になりますし、系列で悩みたくないという人は、大手キャリアすべてに対応している『マイネオ(mineo)』を選ぶのがよいと思います。

『LINEモバイル』は、LINEやツイッターなど特定のSNSのデータ通信料金がかかりません。『BIGLOBEモバイル』も、YouTubeなど特定の動画サイトの通信料金がカウントされないオプションがあるため、SNSや動画を多用する人は検討すべきです」

 以下、三上さんが注目する「格安スマホ会社」5社の特徴や料金を紹介しよう(※数字は11月2日時点)。

◆サポート重視なら「IIJmio1(アイアイジェイミオ)」

【特徴】専用のサポートセンターを設置していたり、ビックカメラの専用受付カウンターで即日SIMカードが発行できたり、端末の初期設定を行う有償サポートもある。
【契約プランの例(データ+通話)】
スタートプラン
3GB 月額1600円
6GB 月額2220円
【主な申し込み店舗】イオン、ビックカメラ、ヨドバシカメラなど
【キャリアの系列】ドコモ

◆乗り換えやすさなら「mineo(マイネオ)」

【特徴】ドコモ、au、ソフトバンクどのキャリアでも使え、500種類以上の端末に対応している。
【契約プランの例(データ+通話)】
auプラン
3GB 月額1510円
6GB 月額2190円
【主な申し込み店舗】Mineoショップ、ヨドバシカメラ、PCデポ、パソコン工房など
【キャリアの系列】ドコモ、au、ソフトバンク

◆料金の安さなら「DMMモバイル」

【特徴】データ通信容量別のプランが10種類あり、自分に合った使用スタイルのプランを無駄なく選ぶことができるため、料金節約につながる。
【契約プランの例(データ+通話)】
シングルコース
3GB 月額1500円
5GB 月額1910円
【主な申し込み店舗】DMMモバイルホームページ
【キャリアの系列】ドコモ

◆動画やSNSを沢山したいなら「LINEモバイル」

【特徴】コミュニケーションフリープランでは、LINE、ツイッターなどのSNSをどんなに使ってもデータ通信料金がかかることなく、使い放題。
【契約プランの例(データ+通話)】
コミュニケーションフリープラン
3GB 月額1690円
5GB 月額2220円
【主な申し込み店舗】ビックカメラ、ヨドバシカメラ、ノジマ、エディオン、ジョーシンなど
【キャリアの系列】ドコモ、au、ソフトバンク

◆シェアナンバーワンなら「楽天モバイル」

【特徴】専用アプリの使用で10分以内の通話は何度かけても無料。さらに、月々の支払い100円につきポイントが貯まる。
【契約プランの例(データ+通話)】
スーパーホーダイ
2GB 月額1480円
6GB 月額2480円
【主な申し込み店舗】楽天モバイルショップ、ディオン、ケーズデンキ、ジョーシンの一部店舗
【キャリアの系列】ドコモ、au

※女性セブン2018年11月22日号

関連記事

トピックス