• TOP
  • コラム
  • 「既に満席」も? GWの10連休、お得に国内旅行をするコツ

コラム

2019.01.13 15:00  マネーポストWEB

「既に満席」も? GWの10連休、お得に国内旅行をするコツ

飛行機や列車をどう活用する?


 今年は新天皇が即位する5月1日が祝日で、4月27日~5月6日が10連休となる。まだまだ4か月も先の話、3月くらいに予定を決めればいいでしょ!?と思っているアナタはちょっと甘い。

 旅行ジャーナリスト・渡辺輝乃さんが「今度の10連休は、滅多にない親子旅のチャンス」と言う通り、ツアーや渡航先によっては先行予約等が昨秋から受付中で「既に満席」も少なくないからだ。では、どうしたらいいか。

 トラベルジャーナリストの橋賀秀紀さんは、「希望のツアーが満杯でも、メタサーチ(*)を使えば、まだ充分間に合います。もっとも、航空券だけは早めに押さえるべきですが」とアドバイスする。以下、国内旅行でお得に旅をするコツを紹介していこう。

【*複数のサーチエンジンやデータベースを一括して横断的に検索するサービス】

 まずは手段を見つけるのがお得に旅をするカギとなる。

「JR指定席は1か月前から、フェリーは2か月前から予約開始となりますが、料金の変動が激しい航空券と違って、繁忙期でも値上がりしないのが魅力です。また、ツアーを探すなら、メタサーチのトラベルコが便利です」(トラベルジャーナリストの橋賀秀紀さん)

 JR指定席を取るなら、1か月前の朝10時から始まる予約開始時間に出遅れないこと。どんな人気列車も横一線なので、例えば国内唯一最後の寝台特急「サンライズ瀬戸・出雲」を狙ってみるのもいい。さらに、新幹線+宿のセット売りや「ハロー!自由時間パス」のようなGW利用可の会員制度も注目だ。

 一方、飛行機の場合はどうか。エアライン事情に詳しい旅行情報メディアTraicyの後藤卓也さんによれば、

「日本国内のLCC(ローコストキャリアの略で、格安航空会社のこと)はGWなどの繁忙期はセール対象外で、航空券は空席が減れば減るほど価格が上がるのが一般的。ただ、空席が多いほど割安なので、早めの検索で速やかに押さえるのが賢明です」

◆鉄道は「JR+宿泊」のセット売りや会員制度が狙い目

 最近は飛行機でも新幹線でも、往復の移動と宿泊を利用者自身が自由に組み合わせることができる「ダイナミックパッケージ」と呼ばれるフリータイプの旅行がお得で人気。

 例えば、上画像は「JR東日本ダイナミックレールパック」の検索画面だが、これもそのダイナミックパッケージの鉄道版の1つ。これを利用する場合は、宿泊は1泊以上ならOKで、ホテルの1泊以外は実家や知人宅に滞在してもよいなど自由度が高い。対象はJR東日本エリアのほか、北海道(道内エリア)や北陸も手配可能だ。

 鉄道のお得きっぷには繁忙期は除外となるものも多いが、下記のような“GW中でも利用可能な会員きっぷ”もあるのでうまく活用したい。

【JR東日本「えきねっとトクだ値」】
「えきねっと」会員向けきっぷ。乗車当日の通常午前1時40分までの申し込みで、東北・山形・秋田・北海道・上越・北陸新幹線が5~20%引、JR東日本・JR北海道の特急列車が10~55%引に。GWも使えるが列車・席数・区間限定なので注意。

【JR九州「ハロー!自由時間パス」】
 女性50才以上、男性60才以上なら誰でも会員になれ、登録後、一年中いつでもJR九州が九州新幹線や特急を含め連続する3日間乗り放題に。北部九州用と全九州用の2種あり。ネットパスなら窓口購入よりさらに安くなる。

※女性セブン2019年1月17・24日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス