• TOP
  • コラム
  • チキン南蛮&から揚げ やよい軒ファンが語る鶏肉系メニューの魅力

コラム

2019.04.14 13:00  マネーポストWEB

チキン南蛮&から揚げ やよい軒ファンが語る鶏肉系メニューの魅力

やよい軒の『チキン南蛮定食』

 ごはんがおかわり自由(十六穀米を除く)で、なおかつお漬物まで食べ放題ということで、ボリュームを求める消費者に人気となっている定食チェーン・やよい軒。そのメニューの中で定番となっているのが、鶏肉料理だ。外食チェーンに詳しいフリーライターの小浦大生氏はこう話す。

「やよい軒の人気メニューの上位に食い込むのが、『チキン南蛮定食』(740円、税込み、以下同)でしょう。そして、『から揚げ定食』(東京23区内720円、それ以外の地域は690円)も人気が高いです。

 以前は『とりかつ定食』という、鶏肉を使ったカツの定食が提供されており、長らく人気でした。また、期間限定の『鶏もも一枚揚げ定食』というメニューは、人気を受けて再登場したほどです。その名の通り、鶏もも一枚を揚げたボリューミーなメニューで、“ごはんが何杯もいける”と好評でした。やよい軒では鶏肉系のメニューが人気で、それを反映してか鶏肉系がプッシュされることも多いんです」

 現在、やよい軒で提供されている鶏肉系メニューは、『チキン南蛮定食』と『から揚げ定食』。その魅力はどこにあるのだろうか。愛好者の声を聞いてみた。

◆チキン南蛮は衣の食感が魅力 から揚げはシンプルな良さ

『チキン南蛮定食』のファンだという30代の男性Aさん。そのお気に入りポイントは、サクサクした衣だという。

「揚げた鶏肉が甘酢ソースに漬かっているわけですが、決してベチャッとしているわけでなく、衣のサクサクとした食感が適度に残っている。しかも、鶏肉も結構肉厚。毎回ひと口目をガブリといく度に、『そうそう、この食感!』と思って、そこで一気に食欲が増すんです」

 タルタルソースもたっぷりで、味付けもしっかりしている。ちなみに公式サイトよると、1016kcal。

「ガッツリとしたこってり目の味付けもごはんが進みます。タルタルソースは必ず全部使い切ります。濃いめの味で満足度も高いです」(Aさん)

 一方の『から揚げ定食』は929kcal。にんにく醤油に漬けて揚げた鶏肉が5個という『から揚げ定食』をよく食べるというのは、20代の女性Bさんだ。

「やよい軒のから揚げは、1個が小さすぎず適度な大きさ。食べごたえと食べやすさが絶妙なバランスなんです。衣はサクッとしていて、中身はジューシーというシンプルなから揚げで、ハズレがないという安心感もあります。マヨネーズとスパイスソルトが別盛りになっているのも高ポイント。私は、から揚げ3個でごはん1杯を食べきり、さらに7分目くらいの量でごはんをおかわりして、残りのから揚げ2個と一緒に食べる、というのが定番パターンです」

『チキン南蛮定食』と『から揚げ定食』はともに、冷奴とキャベツの千切りがついてくる。

「野菜を食べることで揚げ物に対する“罪悪感”をなんとなく和らげてくれるので、キャベツの千切りは重要です。ドレッシングが予めかかっていますが、マヨネーズと絡めながらキャベツとから揚げを一緒に食べるのが好きです」(Bさん)

 いずれのメニューもごはんとの相性は抜群。おかわり自由なやよい軒だからこそ、その人気に拍車がかかるということなのかもしれない。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス