• TOP
  • コラム
  • コンビニの「ミルクフランス」食べ比べ クリームの味、パンの固さは?

コラム

2019.05.12 13:00  マネーポストWEB

コンビニの「ミルクフランス」食べ比べ クリームの味、パンの固さは?

コンビニ3社の「ミルクフランス」。上から、セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート

 あんパン、カレーパン、コッペパンなど、コンビニではさまざまな“定番パン”が販売されている。それらの中で、根強い人気となっているのが「ミルクフランス」だ。

 ミルクフランスとは、切れ込みが入った小さめのフランスパンに、練乳などを使用したミルククリームが挟まれた商品。セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートなど、大手コンビニもそれぞれ定番商品として販売している。

 そこで、マネーポストのコンビニグルメ担当記者Aが、コンビニ3社のミルクフランスを実食比較した。

◆セブン-イレブン、はみ出るほどのクリーム

 セブン-イレブンで販売されているのは「練乳ミルクフランス」(118円、税込み、以下同)。1個あたりのカロリーは366kcalとなっている。その大きさを測ってみたところ、長さは24.2cm、幅は5cm、厚さは3.2cmだった(いずれも最も大きな部分を計測、以下同)。

 その大きな特徴は、なんといってもパンの切れ目からはみ出るくらいにたっぷり入ったクリームだ。かぶりつくと間違いなく、クリームが切れ目から飛び出してくるので、注意が必要。さらにそのクリームは、適度な甘さとマーガリンの香りが特徴的だ。

 パンの方はというと、外側がしっかりしていて、フランスパンらしさが強い。歯ごたえもあって、「食べている」という実感が十分。“フランスパンらしいフランスパン”といった雰囲気のパンとなっている。

◆ローソン、シュガー感の強いクリーム

 ローソンでは「ミルクフランス(北海道産練乳使用)」(150円)が販売されている。1個あたりのカロリーは277kcal。大きさは長さ23.8cm、幅6cm、厚さ3.4cm。セブン-イレブンに比べると短めだが、太いという特徴がある。

 クリームには、砂糖のつぶつぶ感があり、よりスイーツっぽい甘さ。少々濃厚な甘さだが、クリームの量自体は適度なので、甘すぎるというようなことはない。

 パンの方は、比較的柔らかめのフランスパンといった感じで、全体的に食べやすい。クリームの甘さを考えると、食事のためのパンというよりは、“菓子パン”として味わうものだろう。

◆バランスがいいファミマのミルクフランス

 ファミリーマートでは「濃厚ミルクフランス」(130円)が販売されている。1個あたりのカロリーは400kcalで3社の中では最も高い。大きさは、長さ24.1cm、幅5.2cm、厚さ3.6cmとなっている。

「濃厚ミルクフランス」という商品名だが、クリームそのものは甘さも控えめで、とても食べやすい。パンは適度に固く、歯ごたえもあるが、もちっとした食感も。スイーツっぽさもあれば、“食事パン”に近い感覚もあり、全体的にバランスがいい「ミルクフランス」となっている。

◆ボリューム感と価格の関係は順当か

 3社のミルクフランスを食べ比べてわかったことは、意外とクリームの味とパンの固さに違いがあることだ。分類するのであれば、もっともスイーツに近い印象だったのがローソン「ミルクフランス(北海道産練乳使用)」で、もっとも“食事っぽさ”が出ていたのがセブン-イレブン「練乳ミルクフランス」。その中間がファミリーマート「濃厚ミルクフランス」という感じだった。

 大きさについては、パッと見た感じはそこまで変わらないが、実測してみると違いがあることが分かる。長さ、幅、厚さを掛け合わせ数値を仮に“体積”を指標する数値だとして計算すると、セブン-イレブンが「387.2」、ローソンが「485.52」、ファミリーマートが「451.152」という結果となった。この数値を“ボリューム感”として捉えると、「ローソン>ファミマ>セブン」の順序で量が多いということになる。価格で比較しても「ローソン>ファミマ>セブン」となっているので、このボリューム感の順序は順当なものだと言えそう。

 細かな違いではあるが、各社それぞれ特徴があるコンビニのミルクフランス。案外奥が深い世界のようだ。

関連記事

トピックス