• TOP
  • コラム
  • 外食控え、歩き食い… 「軽減税率」導入後の生活の変化

コラム

2019.11.09 15:00  マネーポストWEB

外食控え、歩き食い… 「軽減税率」導入後の生活の変化

軽減税率の導入に伴ってイートインの利用頻度も減った?

 10月から消費税増税とともに、生活必需品の税率を8%に据え置く「軽減税率制度」がスタートした。同時に開始したキャッシュレス決済を推進するポイント還元も含め、開始前から制度の複雑さや、対象品目の決定プロセスの不透明さを疑問視する声は多かったが、実際の生活にはどんな変化があったのか。消費者の声を集めた。

◆外食への心理的なハードルが上がった

 子供2人とともに家族4人で暮らす30代の主婦・Aさんは、外食時の税率が10%になったことによる家計への影響を語る。

「かつては家族4人で、月3回はファミレスで外食していましたが、軽減税率の開始以降は、頻度を減らし、極力スーパーの惣菜や、テイクアウトだけで済ませるようになりました。2%の増税分の金額の差はわずかかもしれませんが、少しの節約も“ちり積も”で、家計には大きな影響を与えます。外食への心理的なハードルが高くなった気がします」(Aさん)

 キャッシュレス施策に対してメリットも感じつつも、制度の不備に対しての不信感も募っているという。

「ポイント還元もあり、コンビニではスマホでの決済を選ぶようになりました。ただ、地元のスーパーや家電量販店では、いまだに現金払いじゃないと店舗独自でのポイントが貯まらないことが多い。制度も複雑だし、かえって消費を控える家庭も多いのではないでしょうか」(Aさん)

◆イートインが減り、歩き食いが増えた

 20代の男子大学生・Bさんは、軽減税率により、コンビニのイートインを利用する回数が減った。

「必ず持ち帰りをするようになりました。ただしホットスナックだと、冷めてしまうのが嫌なので、歩き食いすることが増えましたね。食べる場所で税金が変わるなんて、おかしな制度だなと思います」(Bさん)

 一方、30代の男性会社員・Cさんは、軽減税率の適用以降にこんな経験をしたという。

「馴染みのコーヒーチェーンでは、店員がまるでパトロールするかのように、机の上に置いたレシートをのぞき込んでくるようになりました。持ち帰りといってイートインしている人がいないかどうかチェックしているのかなと思いますが、疑われているような、なんだか悲しい気持ちになります」

◆領収書もらうのが手間に

 自身で会社を経営する40代の女性・Dさんは、10月以降、領収書の発行が面倒になったと感じている。

「たとえばいつも行くスーパーだと、これまでは、『領収書をください』と言うと、レシートの後にそのままレジから出してくれていたのですが、明細をマストでくっつけられるようになりました。『明細いらないんです』っていうと、そのスーパーではカスタマーセンターに行って手書きで発行してもらわなくてはいけない。

 これまで通りレシート形式の領収書を発行してくれるところでも、軽減税率と標準税率の商品とで明細を書き分ける必要があるため、内訳をこまごまと手書き。但し書きで当たり前のように使われてきた『お品代として』という表記もダメなようで、『飲料代(軽減対象)』などと、店員さんがいちいち手書きで内訳を書いています。8%と10%の商品が混在するため仕方ないのかもしれませんが、キャッシュレス決済なのに、結局レジでモタモタしている始末です。領収書をもらうのが申し訳なくなっています」(Dさん)

 全員が共通して語ったのは、制度の複雑さ。生活の一部として消費者に浸透しきるまで、しばらく時間がかかるかもしれない。

関連記事

トピックス