• TOP
  • コラム
  • パチンコ・パチスロ 景品交換と換金、どちらが得なのか?

コラム

2019.12.02 16:00  マネーポストWEB

パチンコ・パチスロ 景品交換と換金、どちらが得なのか?

パチンコの出玉は、何と交換するのがお得なのか?

 パチンコ・パチスロでは、遊技で得られた出玉を景品に交換することができる。そして、“特殊景品”と呼ばれる特別な景品に交換し、それを別の店舗に買い取ってもらう形で出玉を“換金”することも可能だ。パチンコ業界に詳しいフリーライターの藤井夏樹氏が説明する。

「お菓子やタバコ、ジュースなどの景品と交換する場合は、基本的に“等価交換”となっています。たとえば、1万円分の出玉があれば1万円分の景品と交換ができる。

 一方、換金する場合は店によって交換率が異なっていて、等価交換の場合もあれば、等価交換よりも低い場合もあります。たとえば、東京都内の場合では、1玉4円で貸し出されたパチンコ玉を換金すると、1玉あたり約3.57円になります。つまり、交換率が低い店の場合は、単純な金額だけを見れば、換金するより景品と交換したほうがお得という計算になるわけです」

 交換率が低くても、ほとんどの客が景品と交換するのではなく、換金するという。

「パチンコ店の景品となっているのは、洗剤などの日用雑貨、お菓子、ジュース、タバコ、パチンコのグッズなどが基本。ひとつの景品の金額は上限約1万円と定められています。

 たとえば2万円くらいの出玉があった場合、高額な景品で欲しい物があればいいんですが、そうではない場合、日用品などで2万円分を交換しなくてはならない。景品の種類はそこまで多くないので、2万円分を交換するのはけっこう大変なんです。そういう事情もあって、交換率の差額分の損があったとしても、換金したほうがメリットは大きいといえるでしょう」(藤井氏)

◆タバコやカップ麺と交換する仕事帰りのパチンコファン

 しかし、なかにはあえて景品と交換するというパチンコファンもいる。30代の独身男性会社員・Aさんはこう話す。

「私の場合、いわゆる“1パチ”とか“5スロ”(後述)と呼ばれる貸玉料金が低いパチンコやパチスロで遊びます。しかも、仕事帰りに寄ることが多いから、打てる時間も少なくて、たとえば1回当たったらすぐに交換して帰ることも多い。そうなると1回の交換が多くても3000円分くらいで、ほとんどの場合は1000円分くらい。そもそも換金できる最低金額に満たないことも多いので、基本的にはタバコと交換しています。カップ麺と交換することも多いですね。ただ、やはり休みの日に長い時間打ってたくさんの出玉を交換する場合は、換金します」

 パチンコ、パチスロにおいては、貸玉料金の上限が設定されている。基本となる上限はパチンコが1000円で250玉(1玉=4円)、パチスロが1000円で50枚(1枚=20円)。ここに消費税分が加味されて、パチンコが1000円228玉、パチスロが1000円46枚で貸し出す店舗もある。

“1パチ”とは「1玉=1円」の料金でパチンコを楽しめる営業形態のこと。“5スロ”であれば「1枚=5円」でパチスロができる。通常の4分の1の料金で遊技できるが、当然交換する際も通常の4分の1となる。これらの営業形態は“低貸”と呼ばれ、“2パチ”、“10スロ”などといったように、料金も様々だ。

「低貸のユーザーは“お金を増やす”というモチベーションではなく、“パチンコやパチスロを楽しみたい”という人が多い印象です。少ないお金でちょっと遊んで、おまけとして景品を持ち帰るという感覚。あるいは、低貸で得た出玉は全部“貯玉”しておいて、次に遊ぶ時に使うというユーザーも多いです」(藤井氏)

◆高額景品と交換して後悔するケースも

 一方、40代の会社員の男性Bさんは、高額の景品と交換して、失敗したことがあると話す。

「10年以上前の話なんですが、パチンコ店で出玉を電気シェーバーと交換したんです。たしか1万円分くらいだったと思います。ちょうど欲しかったので、良いものをゲットしたなあと思っていたんですが、後でネットで調べてみたら、同じ商品が1万円より安い値段で売っていたという……。しかも、さらに高性能な商品がもっと安く売っていて、がっかりしました」

 パチンコ店の景品はいわゆる定価で交換されているという。

「家電量販店などで割引されているような商品が、パチンコ店では定価で景品として置かれているというイメージで考えていいと思います。だから、景品で取るよりも、普通に店舗で買った方が安いというケースは多いです。

 また、家電などの景品は交換される頻度が少ないので、古い在庫がそのまま残っていることも多いんです。だから、市場では型落ちモデルになっていて、叩き売られているようなものが、定価のまま残っていることもある。

 つまり、“景品との交換なら等価だから得”と考えることには、落とし穴もあります。よっぽど欲しい物が景品としてあるなら別ですが、なんとなく交換すると失敗することも少なくないと思います」(藤井氏)

 パチンコで景品と交換する際は、熟考する必要がありそうだ。

関連記事

トピックス