コラム

経済の千里眼が伝授 お金持ちになるには「3つのムダ」をなくすこと

“経済の千里眼”の異名を持つ評論家・菅下清廣さん

 景気のパラダイムシフトは「30年周期」で起きる──“経済の千里眼”の異名を持つ経済評論家・菅下清廣さんは常々、そう語ってきた。バブルが崩壊し、日本が大不況の長いトンネルに入ったのが1990年。それからちょうど30年が経ち、2020年には「新型コロナ・ショック」が起きた。これを機に次の景気局面に入った現在、いままでとはまったく違う次元で「新しいお金のリテラシー」を持つべきだと菅下さんは指摘する。お金持ちの第一歩を踏み出すために必要な「3つの秘策」について、菅下さんが教えてくれる。

【表】菅下清廣氏が伝授「お金持ちが遠のく3つのムダ」

 * * *
 新型コロナ・ショックの到来で、世界経済が次の景気局面に入ったいま、経済を動かす主な産業もこれまでの重厚長大型の大企業、大銀行などの「オールドエコノミー」から、デジタルやネットがけん引する「ニューエコノミー」へと変化している。そうした環境のなか、お金持ちを目指すのであれば、絶対に心がけるべきことがあります。私は証券マンとして米ニューヨークの金融街「ウォールストリート」やさまざまな業界の資産家たちと交流をもってきましたが、彼らには共通点がありました。

 それは次の「3つのムダ」をなくすこと。1つ目は「健康」のムダ、2つ目は「時間」のムダ、そして3つ目は「人(人脈)」のムダです。

 まず「健康」のムダについて。私は28才で大和証券から当時世界最大だった外資系証券のメリルリンチ(現在の社名は「BofA証券」)に転職し、その若さで秘書付きの個室を与えられるという厚遇に恵まれました。ただ、裏を返せば、それに見合うだけの利益を上げなければ、いつでもクビになるということ。だから、1日たりとも体調を崩して仕事を休むわけにはいきません。まずは健康でなくてはならないと心に誓い、それまでのように夜遅くまでお酒を飲むことをやめました。

 その頃から、出光興産の創業者である出光佐三さんを見習って、3つの健康法を実践するようになりました。「朝風呂」「指圧マッサージ」「気分転換」の3つです。私はいまも春夏は朝4時、秋冬は朝5時に起き、バスタブに20~30分ほどゆっくり浸かるようにしています。入浴後は朝食を食べて新聞すべてに目を通す。そして朝8時30分から株式取引に臨むのが毎日のルーティンです。また、ジャンクフードは口にせず、硬すぎる食べ物や生ものは控えています。たばこも吸わず、酒もたしなむ程度。おかげで風邪もひかずに毎日仕事を続けられています。

「風邪は万病のもと」といわれますが、「風邪で運気が落ちて、結果的にお金持ちから遠ざかってしまうから、風邪を甘く見てはいけない」というのが私の解釈です。健康であることがすべてのベースとなりますから、体調管理には人一倍気を使ってほしいもの。コロナ禍ですから、なおさらでしょう。

 次に「時間」です。極端な話、株で1億円損したとしても取り返すチャンスはありますが、一度失われた時間はどれだけお金をつぎ込んでも二度と戻ってきません。そこで私が実践しているのは、必ず「終了時刻」を決めること。たとえばビジネス会食があったら、ランチなら1時間、夕食なら2時間以内と決めています。終了時刻を過ぎたら、たとえ盛り上がっていてもためらわず席を立つ。すると、短時間で有意義な話ができ、会食後の時間を有効活用することもできます。

 日本では会議などで終了時刻を守らないケースが目立ちますが、終わりが決まっていないから参加者は集中できない。一分一秒を大切にする感覚が共有されていないのです。二度と取り返せない貴重な「時間」を自己管理できない人は成功できないし、お金持ちにもなれないでしょう。

「一年の計は元旦にあり」といわれますが、私は「一日の計は朝にあり」と考えています。朝、早起きして一日のスケジュールを決め、それに従って行動するように意識する。そうすることで、一日の時間のムダが省けます。

◆「日本の『テスラ』」を見つける着眼点

 そして最後に、「人(人脈)」の管理も欠かせません。お金持ちになるためには、いい人脈を自分の周りに構築することが大切です。いい人脈を築くためのコツは「まず他人の利益を優先すること」です。相手の利益を考えて行動していると、いい人といい情報が自然とあなたのもとに集まってきます。他人を優先すれば好感度が上がり、「また会ってみたいな」と思われる。それがまたいい人やいい情報を集め、自分に返ってくる。さらに、プラスのオーラを身にまとった、自分にプラスとなる人が集まってくる。そうすることで、自然と周りにいい人脈が集まり、結果として自分の目標達成に近づくのです。

 それから、「自分より優れた人に会うこと」を心がけてください。常に自分より優れた人に会おうとすれば、自分自身もレベルアップしないといけないという向上心が生まれます。もちろん、自分より優れた人には待っていても会えません。能動的に動いて優れた人と話せれば、自分の頭のなかだけでは解決できなかった問題もクリアできる。自分より優れた人に会うことは、時間をより有効に活用することにもつながるんです。「健康」「時間」「人」──それら3つの管理ができれば、必ずお金持ちへの道は開けるでしょう。

 お金持ちになりたいなら、今年はまずは株式投資で「日本の『テスラ』」に投資することを目指してください。アメリカの電気自動車メーカーのテスラは、新規事業を起こし環境対応を進め、新たなビジネスを創出しました。その結果、創業者であるイーロン・マスクさんは世界有数の大富豪となり、テスラの株価も上昇して時価総額は世界一に。投資家も多大な恩恵を受けました。そのような株を日本で見つけることが、お金持ちにグッと近づく秘訣です。

 私の経済やマーケットの予測は『スガシタボイス』として会員向けに配信していますが、時間を節約して、質の高い情報を得たいかたは、そうしたプロのアドバイスを聞くのも手でしょう。

 コロナで大変な時期はまだまだ続くかもしれません。ですが、少しでも新たな気持ちで新たな年のスタートを切ってもらいたいものです。

※女性セブン2021年1月21日号

関連記事

トピックス