コラム

屋上ビアガーデンの誕生秘話 きっかけは「ホンダ」のバイク展示会

ビアガーデン、ビヤホールの歴史は古い

 コロナ禍での2度目の夏が終わり、今年もビアガーデンに行けずじまいだったという人も多いのではないだろうか。ビアガーデンに限らず、緊急事態宣言下では酒類の提供が制限されているため、飲食店でビールを楽しむというかつての日常を懐かしんでいる人は少なくないだろう。

【写真】日本で初めて開業したビヤホール『ニユー・トーキヨー』、当時の様子。他、オープン当時から使われる陶器でできたドイツ製のジョッキも

 だが、コロナ禍が落ち着いてくれば、必ずまたビールを楽しめる環境は整ってくるはず。というのも、かつて戦争が終わった直後の日本でも外食産業は壊滅状態になったが、そこからいち早く営業再開したのがビヤホールだったからだ。あらためて日本の戦後外食史の中から、ビヤホール、ビアガーデンの歴史を振り返ってみよう。

 日本が敗戦した1945年は凶作で大変な食糧不足の年だった。

「そのため戦中からの配給制が続いたのですが、食料がまったく足りず、人々は闇市に買いに走りました」と話すのは、『香雪社』代表で、食の専門サイト『Food Watch Japan』編集長の齋藤訓之さんだ。

「当時、占領軍のアメリカ人は正肉しか食べませんでした。その内臓肉やタンなどがごそっと余る。日本人はそれをホルモン料理や牛タン焼きとして味わった。また、安価で引き取ることができた豚骨や“がら”を使って、ラーメンのスープを作るようになりました。このように、戦後の食文化の多くは闇市から生まれたと言っても過言ではありません」

 1947年には、厳しい食糧事情から、飲食営業を禁止する飲食営業緊急措置令が出され、外食は一時壊滅状態に。が、1949年に解除されるや、飲食店が全国で相次ぎ開店される。その中で、いち早く営業を再開したのがビヤホールだ。

「戦前のカフェーは、いまでいうガールズバーのような風俗店。それに対して、戦後いち早く復活したビヤホールは、紳士が集う健全な大人の社交場として人気でした」(齋藤さん)

オープン時には300mの長蛇の列

 ビヤホールの歴史は古く、日本で初めて開業したのは、1897(明治30)年といわれている。ビヤホールの老舗『ニユー・トーキヨー』が、東京・銀座の数寄屋橋畔に地下1階、地上5階建ての総合飲食店をオープンしたのは1937年6月9日のこと。

「1階が大ビヤホール、2階が和食店、3階はすきやき店、4階は喫茶、5階が事務所で、地下1階はドイツ風ビヤホールでした。どのフロアでも生ビールを提供する、生ビール中心の全館飲食店という形態は、日本初だったと思います」(同店経営戦略・柴垣淳さん・以下同)

 オープンするやいなや、ビルの周りには300mもの長蛇の列ができ、連日大盛況となった。当時、公務員の初任給が75円だったが、ビール1杯がいまの価値で約2000円相当。つまみは豆とオリジナルの干鱈だった。

 1952年、大阪第一生命ビルに、250席という当時最大級のビヤレストランを開店。そこで初の試みとなったのが、屋上ビアガーデンだ。

「きっかけは『本田技研工業』が行った、バイクの展示会でした。当初は、地下1階の店舗を会場に、というご要望があったのですが、ほかのお客様もいらっしゃることから屋上を会場にすることになったのです。

 そこでビールを配ったら招待客らに大好評で、新聞記事にも取り上げられました。最初は3日間の展示会で屋上を使う予定だったのですが、展示会後も客足は伸びる一方で、結局、その年は12月まで屋上でビールを提供しました」

 圧倒的な支持を受け、翌年の夏から正式に屋上ビアガーデンをオープン。夏の蒸し暑さを凌ぐ名所はこうして誕生した。

※女性セブン2021年9月23日号

関連記事

トピックス