公開日:2020.01.01 / 更新日:2021.04.22    58

西城秀樹さんの闘病・介護…共に歩んだ妻・美紀さんが明かす家族のこと<第1回>

 一昨年5月、惜しまれながらこの世を去った西城秀樹さん(享年63)。同年秋には、妻の木本美紀さんが、これまで伏せられてきた秀樹さんの病状や闘病を支えてきた家族の思いを綴った著書『蒼い空へ 夫・西城秀樹との18年』(小学館)が10万部を超えるベストセラーとなり話題に。

 当初、秀樹さんのファンの人の思いを大切したいと考えていた美紀さんは、出版に際し迷いもあったという。

 しかし、本を読んだ人たちから今も届く“病気でつらいこともあるが、元気をもらえた”“本当の病状を知って改めて秀樹さんの精神力と努力に感動した”等の言葉に触れ、改めて、「私の話が、誰かのお役に立つことがあるのかもしれない」という思いを新たにしたと語る。
 
 このたび、美紀さんに、秀樹さんと共に歩いた日々、特に闘病や介護について詳しくお話を伺うことができた。

 最愛の夫との日々を思い出すことは、まだつらい作業であるはず。しかし、そんな中、美紀さんは、さまざまなエピソードを振り返りながら、一言一言丁寧にゆっくりと話してくれた。

 * * *

介護しているという意識はもっていなかった

 秀樹さんが脳梗塞を起こしたことが初めて報道されたのは2003年のこと。だが、実際は最初の発症が2001年の秋だったことは著書で明かされた。それから17年にわたる秀樹さんの闘病をずっと支えてきた美紀さん。

「介護といわれても、私自身、介護をしているという意識をもったことは一度もありませんでした。例えば、家族が風邪を引いたときに、どうしたら少しでも気分がよくなるだろうかとか、早く治るために何ができるだろうかと考えますよね?秀樹さんにも、いつもそういう気持ちで、その都度、私にできることを続けてきただけなんですよ」

 年子の3人の子どもたちと5人での暮らし。子どもたちが小さいころから、「パパが一番」というのが当たり前の家族だったという。

「パパには焼き魚の骨を取って、身をご飯に載せてあげる。昭和のスターって感じですよね?(笑い)。結婚当初からずっと、そういう風にしてきたので、子どもが生まれた後も、まずパパのお魚の骨を、となるのです。後回しになった子どもたちは、いつのまにか自分で骨を取るようになって。今では、お魚をとても上手に食べるんですよ」

蒼い空への書影
西城秀樹さんの闘病を明かした木本美紀さんの著書は反響をよんだ

 大阪出身の美紀さんは、芸能界とは無縁の生活を送ってきた。スーパーアイドルの元に嫁ぎ、最初は戸惑うことも多かったそうだ。

「私の話す関西弁がキツく聞こえてしまうこともあったらしく、『そういうときには、こんな風に言った方がいいよ』と秀樹さんにしかられたこともあります。言葉遣いだけでなく、おもてなしの基礎や人への気遣いなど、秀樹さんにはいろいろなことを教えてもらいました。芸能界で生きている秀樹さんは、周りの方々にこんなにも気を配っているのだと驚いたことを覚えています。そのお陰で少しずつ、秀樹さんが家で安らげる環境作りを考えるようになったのだと思いますね」

口数が少なくなっても、話しかけ続けた

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  58
  1. 梅の実 より:

    献立までは存じませんでしたが、最初、ご飯の支度ができるまで主人はそこの椅子に座って待っておりました、と私は聴いた気がして。そのまま、ドサッと音がして見ると主人が椅子から崩れ落ちていた、という時系列だと思った私は、エネルギーが途絶えたのかと、お腹空かせたままだったのかと思ってしまいました。というのも、どこかで秀樹さんは、朝はバナナとヨーグルト、昼はうどんなら半玉くらい、夜は軽くおかずをつまむ位。それ位にしておかないと、と語っておられるのを聞き、それでは栄養もカロリーも足りないよーーと思ったことが有ったからです。

    我が夫は、最期の一年酸素を24時間鼻から吸っておりました。痩せておりましたが食欲は旺盛で、おまけに酸素吸引はお腹が空くものだそうです。私自身は夫の三回忌の後疲れもあったか倒れまして心臓に来てしまい胸にペースメーカの身、これもお腹が空きます。

     舌鋒鋭くなってしまうファンの方の疑問は分かりました。それでも奥様に会って、心の交流の出来たファンの方のブログから、私は奥様が秀樹の一番のファンになってくださらないはずがないと信じています。

    26+

  2. 梅の実 より:

    奥様は秀樹の美しい御子を、三人まで生んで大切に育ててくださり、それは世界に一人しかいらっしゃらないかけがえのない存在です。どうか御子様方が天与の素直さ明るさのまま、ご成長なされてくださるよう、ファンは願ってやみません。楽しく自然に。どうかよろしくお願い致します。

    西城秀樹の歌の素晴らしさは、幾世紀も語り継がれることでしょう。誰もそれを止めることなど出来ません。

    42+

  3. 星に願いを より:

    秀樹さんが亡くなって、テレビはあまりなかったけれどラジオの特集が沢山ありました
    そしたら皆さんが、こんなに歌が上手かったんだと言ってた(私は知ってました)
    でもついつい歌が2番目になってしまうほどに本当にカッコいいの人だったのです
    そんなカッコいい男が、弱った自分をさらけ出してまで頑張ったのは他でもない家族の為でしょうに
    一度は引退を決意していたのに、留まったのも1番にご家族の事を考えての並々ならない決断だったのでしょう
    もういいんじゃないですか?
    秀樹は最後のギリギリまで一生懸命頑張ったじゃないですか
    亡くなって一年半以上、本も買いましたしテレビ出演も拝見しましたよ
    もう十分ですし、これ以上知りたくありません
    社長であり、奥様なのですから子供さんの為にも誰にも真似出来ない素晴らしい歌手の秀樹さんを残して行って頂きたい
    秀樹の歌手生活、いつのどの歌を聴いても素晴らしいですよね
    カッコいい歌い手、西城秀樹を残す為にファンと共に頑張って下さいませんか
    宜しくお願いします

    313+

  4. 俺たちの時代 より:

    多くの方は、現実の思いをわかって欲しいと思って書いていると思います。

    大好きな秀樹さんのすべてを知りたくて、「蒼い空へ」を発売されてすぐに読みました。すべてを知りたいと思っていたのに、知りたくない事が書いてあり、複雑な気持ちになりました。

    秀樹さんが闘病生活を公開していたのは、生きていたからだと思います。
    亡くなった今、闘病生活は終わりました。

    これからは、元気だった頃の映像や歌を見聞きして思い出にひたりたいです。

    385+

  5. まる子のお姉ちゃん より:

    秀樹への思いはひとつさんのご意見に大賛成です。おっしゃだる通りだと思います。

    22+

  6. 秀樹への思いはひとつ より:

    みなさん もうやめませんか!
    秀樹がかわいそうだと言われてますけど
    このようなメッセージを秀樹が愛し大切に
    思っている方を言葉で追い詰めるような事
    しかも、秀樹が大切に思っていたファンから…
    せっかく新たなファンも増え盛り上がってきたのに。みんなの思いはひとつのはずです。そこへ向かってプラスの言葉、思いを発信していきませんか! 家族の中に病人がいるという事は重い軽いに関わらず大変な事です。病人を抱えた人にしかわからないと思いませんか。生意気な事書きましたが、今年は秀樹の三回忌です。秀樹を笑顔で迎えましょう。

    65+

  7. まる子のお姉ちゃん より:

    奥様のご著書を拝読して、西城秀樹さんのことを改めて尊敬しました。ご家族に対する深い愛も感じました。支えてこられた美紀さんは、とてもすぱらしい奥様だと思います。
    秀樹さんが大切にされたご家族であり、まだまだ悲しみの癒えない奥様。その方に対する、批判的なコメントを見て悲しくなりました。
    秀樹さんのファンの一人として、この後のご家族のお幸せを願って止みません。
    連載、楽しみにしています。美紀さん、頑張ってくださいね。
    応援しています。

    74+

  8. 美枝 より:

    連載ありがとうございます。同じ病で頑張っている方の希望になります。寝たきりになってもおかしくは無いのに最期まで家族と一緒にご飯を召し上がって、自宅で過ごされて。知りたいと思います。何よりありのままの姿をメディアに見せ続けた秀樹の意志を受け継いでくださっていると。美紀さんの勇気に感謝です。ありがとうございます。

    65+

  9. 薔薇の鎖 より:

    元旦からこの記事を読み、様々な今後の事も思い、体調を崩してしまいました。どうかお願いです。大変つらいので、西城秀樹さんの闘病、介護の話はやめて頂けませんか。西城秀樹さんの事は、音楽の功績などにスポットをあてたお話なら嬉しいです。そもそも何故そこまでして、ご主人の闘病、介護を語るのかが疑問です。聞きたくない人がたくさんいます。わかって頂けたら幸いです。まだまだ子育ても大変な時期だと思います。今は、ご無理なさらないでください。

    345+

  10. hidekana より:

    私は秀樹さんの生ききった人生、病状の詳細、素の木本龍雄さんのことを聞く機会があることにとても感謝します。
    スーパースターという虚像のヒデキだけでなく人としてもとても立派で愛すべき人間だった秀樹さんのエピソードを楽しみにしています。
    新しい情報がないと人はすぐに忘れていきます。どういう形でも美紀さんが発信してくれることでヒデキは生きつづけて行けると私は思います。美紀さん、まだまだ子育ても大変だと思いますががんばって下さい。応援しています。

    58+