公開日:2021.07.11 / 更新日:2021.07.19   

猫が母になつきません 第261話「むそうする」

旅が距離に関係なく遠いものになってしまった今、世界遺産なんてホコリをかぶってしまっているのではと心配してしまいます。ワクチン接種をすませた母は早くも旅への気持ちが高まってきたのか、最近は世界遺産のDVDを観るのにハマっています。日本にも世界遺産はありますが、母が観るのはインドとかアフリカだとか遠いところばかり。DVDなので好きなところを選んでもらってかまいませんけど。棚上げになっている友人たちとの国内旅行も果たせないまま月日だけが過ぎていき、健康面はもちろん意識の上でもいつまで確かなものか、焦りはあると思います。実際今の状態だと付き添いなしの旅行は無理。記憶力、判断力の低下は著しいので、行く先々で忘れ物をし、集合時間を忘れ、はぐれて迷子になること必至です。集中力もないので、今観ているタージ・マハルのDVDだって途中から爪を切り始めたり、携帯のメールばかりみていたり、あげくの果ては流しっぱなしで畑に行ってしまったり、そんなに観てもらえないなんてインド人もびっくりです。そういうわけでなかなか最後までたどりつけないので同じDVDを何度もリピート。いつのまにか私がタージ・マハルに詳しくなっているという…(苦笑)。世界遺産の旅は夢に終わってしまうかもしれません。しかし、母のみならず、自分も体力に自信がなくなってきた今、無理しなくてもいいおうちでのDVD旅はむしろアリ!…母は納得しないかもですけど。

【関連の回】

第242話「たびする」

前の話を読む ▶次の話を読む

この連載の一覧へ!

作者プロフィール

nurarin(ぬらりん)/東京でデザイナーとして働いたのち、母とくらすため地元に帰る。典型的な介護離職。モノが堆積していた家を片付けたら居心地がよくなったせいかノラが縁の下で子どもを産んで置いていってしまい、猫二匹(わび♀、さび♀)も家族に。

→第1話を読む
→第100話を読む
→第200話を読む

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。