公開日:2021.10.01   

血行UPで肩や目がラクに 10秒エクササイズ「ひまわりのポーズ」にオバ記者が挑戦

 理学療法士の福田裕子さんが考案した「10秒ポーズ」は、疲れない、きつくない、つらくないという夢のようなエクササイズ。今回は、血行がアップして肩や目をラクにしていく「ひまわりのポーズ」をご紹介。女性セブン名物記者のオバ記者こと野原広子さんと一緒にレッスンしていこう。

血行アップで肩や目がラクに「ひまわりのポーズ」

 ひじを軽く曲げた状態で手のひらで天を仰ぐように立つ。手の甲を眺めながら、10秒息を吸いながら数える。反対の手も同様に行う。

「このポーズだけは10秒間息を吸いながら行うことで、ろっ骨が気持ちよく開きます。朝、お日様の光を浴びながら行うのがオススメ」(理学療法士・福田裕子さん・以下同)

ひまわりのポーズ
肩や目の血行アップを目指す「ひまわりのポーズ」。洗濯物を干すついでに10秒!

<NG> ひじをピンと張った状態ではろっ骨が伸びないので、ひじは軽く曲げて行いましょう。

ひまわりのポーズ
ひじは張らず軽く曲げるのがポイント

10秒ポーズを効果的にするための5つの手順

「無理のない回数から始めましょう。10秒数えていれば、呼吸は吸っても吐いてもOK。きつければ、最初は10秒数え終わる前にやめても構いません」

【1】よく見る

「お手本(本記事)をよく見て、自分の体のどこがどうなるかをイメージすることが大切です」

たった10秒 健康法
10秒ポーズ健康法を始める前に、まずは内容をよく理解していこう

【2】感じる

「『正しくやる』ことより、感じること、探ることが大事。気持ちがいい部分に意識を向けてみて」

10秒健康法
体操しながら気持ちがいい部分に意識を向ける

【3】構える

「『よく見る』で確認したとおりに構えます。最初は力を込める前に、鏡を使って姿勢を確かめるのがおすすめです」

10秒健康法
鏡を見ながら、姿勢が合っているか確認しながらやるのが◎

【4】力を込める

「お腹を引き締めたいならお腹に注意を向けるなど、狙ったところに意識を向けて力を込めましょう」

10秒健康法
鍛えたい所に意識を向けてエクササイズをしよう

【5】脱力

「10秒力を込めた後、脱力します。力の抜けたときの気持ちよさを楽しんで味わってください」

10秒体操
10秒数えた後は、力を抜こう

『一生歩ける体をつくる10秒ポーズ健康法』(サンマーク出版)

「『10秒ポーズ健康法』でパーキンソン病のかたが回復に向かったケースもあるんです。10秒なら体の動きを止めることができる、体への注意が持続できる、嫌にならない、できる気がする、それが10秒ポーズです」

教えてくれた人

(左)理学療法士・福田裕子さん、(右)“オバ記者”こと野原広子さん

(写真左)健康法を教えてくれた理学療法士・福田裕子さん、(写真右)“オバ記者”こと野原広子さん

■理学療法士・福田裕子さん

理学療法士歴30年。京都大学医療技術短期大学部理学療法学科卒。オンライン健康増進プログラム『Moff(モフ)』で10秒ポーズクラスを担当(有料)。YouTubeチャンネル『ゆうこりんの10秒ポーズカレッジ』配信中。https://www.youtube.com/channel/UC_PZY_-kstSdQwCb2T2RwlA

■今回挑戦したのは…

“オバ記者”こと野原広子さん

本誌で人気エッセイを連載中の名物記者。ありとあらゆるダイエット企画や空中ブランコ、富士登山などの体験取材を数多くこなす歴43年の大ベテラン。

撮影/横田紋子 取材・文/田名部知子

※女性セブン2021年9月23日
https://josei7.com/

●”温めてめぐらせる”キレイな人が実践している簡単3stepメソッド|美容家千波さん

●肥満・肩こり・腰痛・便秘・肌荒れ…その不調、股関節のゆがみが原因かも?

●目の不調が整う新習慣5|専門家が教える『ドライアイ』や『疲れ目』対策

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。