オフィスワークの画像

28歳におすすめの転職エージェント・転職サイト10選と成功のコツ

  • 2021年4月26日
  • 2022年3月10日
  • 年齢

「転職を考えているけれど、28歳でもできるのだろうか」

転職サイトエージェントが多すぎて、どこがいいのかわからない!」

28歳で転職をしようとしているあなたは今、転職について悩んでいませんか?少しでも気になることがあると、転職活動を始めようとしてみても、なかなか一歩が踏み出せないですよね。

今回は、そんなあなたに向けて、転職サイト転職エージェントのおすすめと成功のコツについて紹介します。

28歳は転職に向いてる?

28歳は転職に向いてる?

結論からいえば、28歳は転職に向いているといえます。

ここでは、転職市場における28歳の魅力を紹介します。

  • ビジネスマナーを持ちつつも会社に染まりきっていないことが魅力
  • 未経験の業界・職種もポテンシャル採用でOK
  • 転職限界が28歳という説は無視してOK

以下で詳しく解説していきます。

ビジネスマナーを持ちつつも会社に染まりきっていないのが28歳の魅力

28歳といえば、大卒の場合社歴が6年ほど。そのため、最低限のビジネスマナーは持っているはずです。

特に、営業職など社外との取引に直接関わる仕事の場合には、ビジネスマナーに自信を持っているのではないでしょうか。

一方で、会社の風土に染まりきっているとも言えないのが28歳の特徴です。

転職者を受け入れる企業側としては、「あまり前職の会社に染まりきっていると、自社の風土になじめるのか不安」という本音もあるのが事実。なので28歳はあなたが思っている以上に採用されやすいのです。

未経験の業界・職種に飛び込むのもOK

28歳の転職の場合、まだ未経験の業界や職種に飛び込めます。

20代のうちはポテンシャル採用がまだ期待できるので、業界・職種経験がない場合にも転職できる可能性があるのです。

加えて28歳であれば社会人経験も長いことが多いため、ポテンシャル採用以外の面でも有利なことが多いです。

もちろん、最低限のビジネスマナーを持ち合わせている前提となる点には注意してください

転職の限界が28歳という説は無視してOK

よくある噂として、「転職は28歳が限界」という説を耳にしたことはありませんか?これを聞いて、28歳で転職をするのは危険だと思ってしまう人も多くいます。

しかし、今まで紹介した理由を確認していくと、28歳での転職も充分可能であると分かりますよね。

そのため、「28歳だから転職は難しい」と周囲から言われた場合でも、気にしなくて大丈夫です。

\28歳におすすめの転職エージェント3選/

ロゴマイナビジョブ20'sワークポートリクルートエージェント
サービス名
マイナビジョブ20's
ワークポート
リクルートエージェント
公式サイト
ポイント
  1. 20代に特化した転職サービス
  2. マイナビで培ってきたノウハウを活用
  3. セミナー開催もあり
  1. スケジュール管理などアプリが便利
  2. 無料スクールでスキルを身に着けられる
  3. オンラインスクールもあり
  1. 国内最大の求人数
  2. マッチング力の高さ
  3. 転職支援実績全国NO.1

\28歳におすすめの転職サイト3選/

ロゴU29JOB(ユニークジョブ)Re就活マイナビ転職
サービス名
U29JOB(ユニークジョブ)
Re就活
マイナビ転職
公式サイト
ポイント
  1. 20代にマッチした転職サービス
  2. 無料スクールあり
  3. LINEで素早く転職相談
  1. 20代向け転職サービス
  2. 転職イベントを積極的に開催
  1. Yahoo!やLINEのIDで登録可能
  2. スマホの操作性が高い
  3. サクサク登録を進められる

28歳の転職におすすめの転職エージェント

28歳の転職におすすめの転職エージェント

最後に、28歳におすすめの転職エージェント・サイトを紹介します。

まずは、おすすめの転職エージェントです。

  • マイナビジョブ20’s
  • ワークポート
  • リクルートエージェント
  • アーシャルデザイン
  • ウズウズ
  • キャリアパーク転職エージェント
  • いい求人net

それぞれのおすすめポイントについて解説していくので、参考にしてください。

なお、この記事で紹介するサービスは全て無料で使えます。いくつか並行して登録しておくと、求人の抜け漏れを防げますし、あなたに合ったサービスを見つけられるはずです

転職サービスは複数登録がおすすめ

転職エージェントは、個人との相性で満足度が大きく変わります。エージェントの変更もできますが、複数のサービスのエージェントとやりとりをし、あなたに合ったサービスかどうか見極めるのも良いでしょう
転職サイトの場合は、サイトによって求人に違いも出るため、抜け漏れが無いように複数にわたってチェックしておくのが安心です。

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20's
年齢層20代特化
取扱業種総合型
掲載求人数約1500件
店舗4拠点(東京、横浜、大阪、名古屋)
運営会社株式会社マイナビ

マイナビジョブ20’sは、マイナビによる20代向けの転職エージェントです。

そのため、はじめての転職でも安心して利用できます。20代に特化した求人が豊富なため、新しい業界にチャレンジしてみたい方におすすめです。

ワークポート

ワークポート
年齢層20~30代
取扱業種総合型 ※ITに強い
掲載求人数15000
店舗14店舗
運営会社株式会社ワークポート

ワークポートは、サポート体制に定評のあるエージェントです。「コンシェルジュ」と呼ばれる担当者が、あなたの転職を丁寧にサポートしてくれます。

特にIT系に強いエージェントであるため、「未経験からエンジニアになりたい」などの場合におすすめです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント
年齢層20~40歳以上
取扱業種総合型
掲載求人数209,978件 ※非公開含む
店舗全国16店舗(東京、埼玉、千葉、栃木、神奈川、大阪、京都、兵庫、名古屋、静岡、北海道、宮城、岡山、広島、福岡)
運営会社株式会社リクルート

リクルートエージェントは、転職支援実績が豊富なエージェントです。

今回紹介した3つの中でも圧倒的な求人数があるため、こまかな条件を指定しても求人を見つけ紹介してもらいやすいです。

また、豊富な支援実績をもとにしたサポートが受けられる点も嬉しいポイント。

アーシャルデザイン

アーシャルデザイン
年齢層20代
取扱業種総合型
運営会社株式会社アーシャルデザイン

アーシャルデザインは、未経験分野や20代の転職に強い転職サービス

転職サービスには珍しく、スポーツ求人やアスリート支援にも特化しており、幅広い働き方へのノウハウが多いのが特徴です。テレワーク勤務など、働き方から見直したい転職者にはうってつけと言えます。転職者の年収は59%UPという実績もあるため、給与アップを狙っている場合はアドバイザーに積極的に伝えると良いでしょう。

会員登録からサービスまで、無料で利用できるのでまずは登録するのがおすすめですよ。

ウズキャリ

ウズキャリ
年齢層20代
取扱業種総合型 ※ITに強い
掲載求人数120
店舗3拠点
運営会社株式会社UZUZ

ウズキャリは既卒・第二新卒に重きを置いた転職エージェントです。1人当たり20時間のサポートや、元既卒・第二新卒のアドバイザーによる親身な対応が特徴です。

実際に20代での転職経験者が話を聞いてくれるので、悩み相談もしやすいですよね。

キャリアパーク転職エージェント

キャリアパーク就職エージェント
年齢層20代(第二新卒・即卒)
店舗1店舗
運営会社ポート株式会社

キャリアパーク就職エージェントでは、キャリアアドバイザーが通過率アップに向けた選考対策を伝授。選考通過率アップに向けた充実の取り組みにより、即卒・第二新卒で重視したスピード内定につながりやすいのも見逃せないポイントです。

いい求人net

いい求人net
年齢層20~30代
取扱業種総合型(営業職に強い)
掲載求人数約2,300
店舗1拠点(渋谷)
運営会社株式会社hape

いい求人netは、20代~30代におすすめの転職エージェント。営業職に強く、さまざまな業界の中から求人を探すことができます。

自己PRの作成から面接まで、丁寧なサポートが受けられる点も見逃せません。

営業職で転職を考えている人は、ぜひ無料で登録から始めてみてくださいね。

28歳の転職におすすめの転職サイト

28歳の転職におすすめの転職サイト

続いて、転職サイトについて紹介します。

  • U29JOB
  • re就活
  • マイナビ転職
  • 未経験navi

U29JOB

U29JOB(ユニークジョブ)
年齢層20代
取扱業種総合型 ※ITに強い
掲載求人数約47,000件
運営会社株式会社ワークポート

U29JOBは、名前の通り29歳以下の求人を取り扱っています。28歳であれば、対象年齢の範囲なので求人が探しやすいです。

必要に応じて、エージェントサービスが受けられるのも助かります。

もし迷っているなら、情報収集にもなるのでU29JOBの登録がおすすめです。

re就活

Re就活
年齢層20代
取扱業種総合型
掲載求人数約10,000件
運営会社株式会社学情

re就活は、第二新卒向けの転職サイトです。

そのため、第二新卒求人を探したい人は、こちらを登録しておくとポテンシャル重視の求人が多く見つかるかもしれません。

未経験歓迎求人が多く、新しいことにチャレンジしたい方におすすめです。

マイナビ転職

マイナビ転職
年齢層20代~30代前半までの若年層向け
取扱業種営業職、販売職をメインに、ITエンジニア職、クリエイティブ職、技術系など
掲載求人数12806件
店舗営業拠点数52ヶ所
運営会社株式会社マイナビ

マイナビ転職も、未経験求人が豊富です。

そのほか、企業担当者とのコミュニケーションが取りやすいのも魅力のひとつ。マッチング機能やいいね機能などを利用することで、書類選考が免除になる場合があるのもおすすめポイントです。

未経験navi

未経験ナビ
年齢層20代(第二新卒・即卒・フリーターに特化)
取扱業種総合型
掲載求人数3,200件以上
運営会社株式会社ROXX

未経験naviは、20代の既卒・フリーター・未経験の転職・正社員就職に特化した正社員就職支援サービス。必要最小限の個人情報と希望する転職先を入力するだけで、提携している100社以上の就職支援会社から、専任のキャリアアドバイザーを紹介しています。

求人案件も営業・販売や事務、ITやエンジニアなど幅広い業種を案内しているので、希望する条件にマッチした求人を見つけやすいのも魅力です。

28歳が転職するときのコツは?見られるポイント

28歳が転職するときのコツは?見られるポイント

続いて、28歳で転職するときのコツやポイントについて紹介します。

大きくわけて、以下の5つを解説していくので、参考にしてください。

  • 求人が即戦力採用なのかポテンシャル採用なのかを見極めよう
  • 応募した段階からビジネスマナーは見られている
  • オンライン面接の場合にはカンペを読み上げるのはNG
  • 転職活動全体を通した軸をもっておく
  • 現職の引き継ぎを計画的に行い円満退社を目指そう

求人が即戦力採用なのかポテンシャル採用なのかを見極めよう

まずは、気になる求人をいくつかピックアップできたときに気をつけたいことです。

求人を見て、即戦力を求めているのか、ポテンシャルでもOKなのかを確かめましょう。どちらの人材を求めているのかがわかったら、以下のような方向性で選考にのぞみましょう。

  • 即戦力採用の場合はこれまでの経験をアピールする
  • ポテンシャル採用の場合には成長意欲やビジネスマナーを意識

以下でポイントを詳しく解説します。

即戦力採用の場合はこれまでの経験をアピール

まずは、即戦力採用の場合です。

この場合には、これまでの仕事で経験してきてきたこと・成果をアピールする必要があります

アピールをする場合には、応募先の求める人物像に重なる部分をアピールしましょう。

応募先の求める人材は、求人募集欄に書いてある場合がほとんどです。

採用担当者にあなたが条件に合致していることが伝われば、内定をもらえる確率も自然と上がっていきます。

ポテンシャル採用の場合には成長意欲やビジネスマナーを意識

未経験の職種・業種にチャレンジする場合には、「勉強して成長したい」という意欲とこれまで見につけてきたビジネスマナーを意識しましょう

特に勉強して成長したいという意欲は、選考の中で大切にされる場合が多いです。

社内のみではなく、社外でも学び続ける人材は、企業に重宝される傾向があります。

また、「未経験ではあるものの、本を読んだりして勉強した」という場合にはアピールしておくと良いです。

成長する意欲があることの証明となります。

応募した段階からビジネスマナーは見られている

28歳の採用で欠かせないのが、最低限のビジネスマナーです。

20代後半は、ポテンシャル採用される年代でありながら社会人経験も比較的長く、ビジネスマナーはあって当たり前と思われてしまいます。書類作成はもちろん、応募してからのやりとりでも選考されている意識を持つと良いでしょう。

  • メッセージのやりとりのマナー
  • 面接の受け答えは結論から
  • スーツでもビジネスカジュアルでも清潔感を意識

特に気をつけておくべきことを3つ紹介します。

メッセージのやりとりのマナーは問題ないか

転職活動中は、メールなどメッセージで採用担当者とのやりとりはとても多いです。その中で誤字脱字がないかをはじめ、敬語や書き言葉が正しく使えているかどうかを見られることがあります。

フレンドリーな会社も多くありますが、親しみやすさと言葉遣いは別物です。あくまでも社外のへのメッセージと同じように対応するようにしてください。

悪い印象を与えないためには、言葉一つひとつにも気を配るのが安心です

面接の受け答えは結論から話す

もし面接で「転職の理由はなんですか?」と聞かれたら、どのように答えますか?結論から「〜〜だからです。それは……」と答えられるでしょうか。面接は時間が限られており、採用担当者もできるだけ応募者の様子を知りたいと思っています。

そのため、結論から話すことを心がけましょう。普段の業務でも結論から話すように心がけておくと、いざという時でも焦らず受け答えできます。

結論から話すためには、面接で言いたいことをある程度まとめておくと便利です。エージェントに質問したり、インターネット上でよくある質問を探したりして、それに結論から答えていく練習をするのもコツのひとつです。

スーツでもビジネスカジュアルでも清潔感を意識

面接では、清潔感を意識した服装を選びます

スーツの場合はもちろん、ビジネスカジュアルが推奨されている企業でも同様です。「ビジネスカジュアルって何を着ればいいの?」と不安な方は、スーツで面接を受けるのが安全です。

どんな服装であっても、アイロンをかけてシワのない服にするのはもちろんのこと、ホコリが服についていないかも確認します。

面接前に一度駅の鏡などで確認しておくと良いですね。もしもオンラインで面接することになった場合でも同様です。自宅の鏡で汚れ等をチェックした上でのぞみます。

オンライン面接の場合にはカンペを読み上げるのはNG

オンライン面接の場合、注意してほしいのはカンペを読み上げること。

新型感染症の影響で、面接をオンラインで実施している会社も増えています。

その場合、「どうせ面接官には見えないから、カンペを用意しておこう」と考える人もいるかもしれません。

しかし、カンペを面接中に見ていると、目線でバレてしまいます。メモを見つつでもあまり大きな影響はありませんが、オンラインでも対面でも、面接中に一回も目が合わない就職者の印象は悪くなるはずです。

カンペ以外にも、用意したメモや資料を直視し続けるのは避けてください。

  • カンペを見ていることは面接官に伝わる
  • 書き出すことは悪くないが、本番ではなく自己分析に活用しよう

カンペを見ていることは面接官に伝わる

先ほども少しお伝えしましたが、カンペを見ていることは、面接官に伝わってしまう場合がほとんどです。

目線だけでなく、声色などからも伝わってしまいます。そのため、カンペを見ながら面接を受けるのはおすすめしません。

言いたいことを書き出すのはよいことだが、あくまでも自己分析に使う

もしもあらかじめ質問への回答を考えておきたい場合には、紙に書き出すのもよいでしょう。

しかしそれはカンペに使うのではなく、自己分析に使いましょう。あくまでも面接前の確認に利用するのがおすすめです。

転職活動全体を通した軸をもっておく

28歳の転職では、転職活動の軸を定めておくのが大切です。

転職市場で需要があるため、企業の選択肢が多いため軸が無いと求人を絞っていくのに苦労します。選択肢が多くなってくると「どうしたらいいか、どこかいいか決められない」と感じる場面があるはずです。

そのときのために、以下のようにして軸をつくっておくことをおすすめします。

  • なぜ転職をしたいのか可能な限り深く掘り下げる
  • 転職先に求める条件を順位付けしておく

それぞれ以下で詳しく解説します。

なぜ転職したいのかをできる限り深く掘り下げておく

まずは、転職しようとおもった理由を、できる限り掘り下げてください。そもそも本当に転職したいのかということも考えておきます。

あなたは、転職によって何かを変化させたい気持ちがあるはずです。その気持ちをうまく言葉に表せると、転職への動機がより深まります。

この段階がきちんとできていると、書類・面接の内容が充実しますし、急に聞かれたときでも落ち着いて答えられます

20代の転職理由

転職研究室で行ったアンケートによると、20代の転職理由はグラフの通り。

「給与への不満」がいちばん多く、「キャリアアップしたい」が続きました。労働時間、人間関係の悪化を理由にしている方も。

ちなみに、dodaで公開されている「転職理由ランキング2018<年代別>」でも似たような結果が出ています。

自分自身の転職理由を言語化するのが大切ですが、統計も参考にしつつ、理由の漏れがないか確認してくださいね。

転職先に求める条件を順位付けしておく

仮に内定を2つ以上同時にもらった場合、あなたならどうしますか。

まず前提として、100%理想の求人は見つからないと思っていたほうが良いです。

そのため、どこかしらの条件を妥協しなくてはいけません。転職先に求める条件を順位付けしておくことで、複数の選択肢があっても悩まずに選べます。

20代の転職理由

転職研究室で行ったアンケートによると、20代が求人選びで見るポイントはグラフの通り。

「給与」はもちろんのこと、「業種・職種」や「仕事内容」も見ている人が少なくありません

現職の引き継ぎを計画的に行い円満退社を目指そう

転職活動が終わり、無事内定を受諾したら、現在の会社の引き継ぎ等を行います。

そこで大切にしたいのが円満退社です。可能な限り円満退社できるよう、やり取りしてください。

  • 引き継ぎは大事
  • 退社手続きは早めに行う

ここでは円満退社のための方法を2つ紹介します。

引き継ぎが大事

一番大切なのは、仕事が滞らないように引き継ぎを行うこと。

引き継ぎ書類の作成や、レクチャーなどができるよう、早め早めに準備をすすめておくと楽です。

手続きは早めに行う

退職は、就業規則で申し出る期限が決められています

そのため、できる限り早めに手続きを進めなくてはいけません。ぎりぎりになってしまうと、人事担当者に迷惑をかけてしまいます。

あらかじめ現職の期限を確認しておき、万が一手続きが遅れてしまう場合には、担当者に一言連絡しておくとよいでしょう。

まとめ

今回は、28歳の方に向けて、おすすめの転職サイト転職エージェントや、そもそも転職に向いているのか、気をつけるポイントについても解説しました。28歳は転職市場の中でも需要があるため、転職サービスの登録を検討する価値はあります。

マイナビジョブ20や、マイナビ転職は初めて転職をする方にもおすすめの転職サービスです。登録するときは、複数サービスに登録してあなた自身との相性を実際に確認してみるのがおすすめ。特にエージェントは、担当する人によってサービスに受ける印象が大きく変わります。

転職サービスに登録をしたからといって、必ずしも転職をしなければならないわけではありません。情報収集の一環として登録するのでも大丈夫なので、安心して利用してください。

▼アンケート概要

  • 期間:2021年6月9日~2021年6月10日、2021年11月8日
  • 対象:20代~60代の男女
  • 転職経験・転職検討経験のあるユーザー
  • 有効回答数:各543件
  • 調査方法:インターネットリサーチ
転職で理想の自分に近づこう
転職で理想の自分に近づこう

「年収を上げたい」「自分の可能性に挑戦したい」転職の理由は人それぞれです。どんな理由であれ、転職をする場合は自己分析など事前の準備をしっかりして、対策を練ったうえで挑みましょう!

おすすめの転職エージェント
リクルートエージェント
リクルートエージェント

おすすめ度: ★★★★★

リクルートエージェントは国内最大級の求人数を誇る転職エージェントです。いろいろな選択肢の中から自分に合った仕事を見つけてもらえるので、登録しておいて損はありません。


dodaエージェント
dodaエージェント

おすすめ度: ★★★★☆

丁寧な求人紹介、応募書類の添削、面接対策などを、担当アドバイザーがフルサポート。初めても転職や、経歴に不安がある方におすすめです。


マイナビエージェント
マイナビエージェント

おすすめ度: ★★★★☆

マイナビは求人のラインナップに独自性があります。ニッチだけれども競争力の高い商材を扱っている中小企業など、ユニークな企業を探したい人におすすめです。

おすすめの転職サイト
リクナビNEXT
リクナビNEXT

おすすめ度: ★★★★★

リクナビNEXTは求人数が豊富な転職サイト。リクルートエージェントと併用すればより効率的に転職活動を進められます。


doda
doda

おすすめ度: ★★★★☆

dodaは求人数も豊富で、フェアなどもたくさん開催している転職サイト。初めて転職する人も、何回か経験がある人も利用しやすいサービスです。


ビズリーチ
リクナビNEXT

おすすめ度: ★★★★☆

ビズリーチは登録したらスカウトを待つだけの転職サイトなので、他のサービスと併用しやすいです。登録には審査が必要なので、自分の市場価値を知りたい人におすすめです。