WiMAX研究室

WiMAXプロバイダーの月額料金プランを徹底比較&ランキング!
WiMAX研究室 > WiMAXは口座振替で支払いできる?プロバイダごとに料金も比較!

WiMAXは口座振替で支払いできる?プロバイダごとに料金も比較!

WiMAXは口座振替で支払いできる?プロバイダごとに料金も比較!

WiMAXの支払い方法は、ほとんどのプロバイダでクレジットカード支払いとなっています。

しかし「クレジットカードは持ってない…」「なるべくカードは使いたくないんだけど…」という方もいると思います。そんな方も安心してください、口座振替を行っているプロバイダもあるんです!

このページでは、口座振替を行っているプロバイダと、実際にかかる料金や口座振替の注意点についてご説明します。

口座振替で支払いができるプロバイダは3社のみ

現在のWiMAXプロバイダでは、BroadWiMAX、BIGLOBE、UQWiMAXのみがクレジットカード・口座振替の両方に対応しています。

口座振替にする場合、申し込み方法がクレジットカードとは異なります。料金も大きく変わってきますので、しっかりと確認しましょう。

BroadWiMAXの口座振替の料金

BroadWiMAXの口座振替の料金

BroadWiMAXは3年契約のプロバイダです。口座振替で申し込む場合はクレジットカードで申し込む場合と料金が大きく変わります。

プラン ギガ放題プラスDX
データ通信量 上限なし
初期費用 2万743円
端末代 2万1,780円
事務手数料 3,300円(初回のみ)
加入必須オプション 605円(初回のみ)
代引き手数料 440円(初回のみ)
口座振替手数料 220円/月
プラスエリアモード料金 無料
キャッシュバック 7,000円
ご利用開始月 1,397円日割り
1カ月目以降 4,070円
2年間総額※ 149,828円
※2年間総額=初期費用+事務手数料+オプション代+代引き手数料+口座振替手数料(24カ月)+月額料金(36カ月)-キャッシュバック額

BroadWiMAXでは口座振替払いをする場合、初期費用2万743円がかかります。

この初期費用は、クレジットカードの場合はキャンペーンで無料となりますが口座振替だと無料にはなりません!また、口座振替の手数料として毎月220円がかかってしまい、2年間払い続けると5,280円も払うことに。

端末が発送される際に、口座振替の場合は代金引換にて発送されます。この時に初期費用と事務手数料、さらに代金引換の手数料440円が足され、合計で4万6,263円支払わなければいけません。

クレジットカードの場合は初期費用と代金引換手数料が無料となり、事務手数料も最初の請求にのるため端末が届くときにお金を払う必要はありません。

2年間で計算すると、口座振替はクレジットカードより3万951円多く支払うことに。

BIGLOBEの口座振替の料金

BIGLOBEの口座振替の料金

BIGLOBEは1年間から契約できる、短期で契約したい方向けのプロバイダです。口座振替払いでは端末代の支払い方法が変わります。

プラン ギガ放題
データ通信量 上限なし
端末代 2万1,912円
事務手数料 3,300円(初回のみ)
代引き手数料 440円(初回のみ)
口座振替手数料 220円/月
ハイスピードプラスエリアモード料金 1,100円(使用した月のみ)
キャッシュバック 5,000円
初月 無料
1~2カ月目 1,166円
3~24カ月目 4,015円
25カ月目以降 4,918円
2年間総額※ 11万6,594円
※2年間総額=初期費用+事務手数料+オプション代+代引き手数料+口座振替手数料(24カ月)+月額料金(36カ月)-キャッシュバック額

BIGLOBEは口座振替にすると、端末代が一括払いとなります。端末が届いた時に、端末代+事務手数料+代金引換手数料の合計2万4,860円を支払わなくてはいけません。

クレジットカードの場合は端末代が分割払いとなり、毎月月額料金とは別に913円を払うことになります。クレジットカードと口座振替の大きな違いは、端末代が分割払いか一括払いかという点のみですね。クレジットカード払いと口座振替払いの差額は、代金引換手数料と口座振替手数料(12カ月)3,080円となります。

キャッシュバックは申し込み月の翌月にマイページから申請可能で、申請の数日後にもらうことができます。

また、口座振替のメリットとして、解約時に端末代の残金を支払わなくてもいいという点があります。クレジットカードの場合は24回の分割払いとなりますので、契約は1年間ですが端末代は2年間支払い続けることになります。もし1年間で解約してしまうと残りの端末代が一括請求され、更新月であっても解約時に1万円ほど支払うことに。

口座振替はすでに一括で端末代を払っていますので、更新月での解約は無料。更新月以外の解約は1,100円かかってしまいますが、他社と比べるとかなり安く解約することができます。

UQWiMAXの口座振替の料金

UQWiMAXの口座振替の料金

UQWiMAXでは現在、5G回線を使用できるギガ放題プラスプランのみ申し込みが可能です。「2年契約プラン」と「契約期間縛りのないプラン」があり、どちらも口座振替に対応しています。また、2年契約プランでも自動更新がありとなしで料金が異なるので注意しましょう。

プラン ギガ放題プラス
データ通信量 上限なし
端末代 2万1,780円
事務手数料 3,300円(初回のみ)
代引き手数料 440円(初回のみ)
口座振替手数料 220円
プラスエリアモード料金 1,100円(使用した月のみ)
キャッシュバック 最大5,938円
(端末がGlaxy 5G・L11の場合のみ)
初月 4,268円の日割り
1~24カ月目 4,268円
25カ月目以降 4,950円
2年間総額※ 11万1,454円
※2年間総額=端末代+事務手数料+代引手数料+口座振替手数料(24カ月)+月額料金(24カ月)-キャッシュバック

UQWiMAXはクレジットカードと口座振替で大きく異なる点はありません。端末代は一括払いと分割払いを選ぶことができますが、分割は36回払いになるので支払いは3年間続きます。3年未満に解約すると端末の残債代を支払わなければいけませんので注意しましょう。

現在UQWiMAXでは端末代の大幅割引きを行っており、Galaxy 5G・L11なら5,940円と約1万5,000円割引きで購入可能です。さらに、auスマートバリュー・自宅セット割適用で5,938円キャッシュバックとなりますので、auやUQmobileユーザーにおすすめです。

初月の料金は端末代・事務手数料・端末代金引換手数料・月額料金の日割りとなります。口座振替は金融機関での確認が必要になるため、最初の1~2カ月はコンビニ支払い専用の請求書が届きますので、支払いを忘れないようにしましょう。

プロバイダの口座振替料金を比較!

BroadWiMAX、BIGLOBE、UQWiMAXの3社で料金を比較しました。各社2年間使用した際の料金を計算し、比較しています。

プロバイダ BroadWiMAX
Broadwimax
BIGLOBE
BIGLOBE
UQWiMAX
UQWiMAX
1~2カ月目 4,070円 1,166円 4,268円
3~24カ月目 4,070円 4,015円 4,268円
25カ月目以降 4,070円 4,918円 4,950円
キャッシュバック なし 5,000円 5,938円
事務手数料
(初月のみ)
3,300円 3,300円 3,300円
初月費用 2万743円
+2万1,120円(端末代)
2万1,120円(端末代) 2万1,780円(端末代)
代金引換手数料 440円 440円 440円
口座振替手数料 220円 220円 220円
1年間総額 8万3,828円 6万5,774円 5万7,598円
2年間総額 14万2,568円 11万6,594円 11万1,454円
3年間総額 20万1,308円 17万8,250円 17万3,054円
※2年間総額=端末代+事務手数料+代引手数料+口座振替手数料(24カ月)+月額料金(24カ月)-キャッシュバック

総額を契約年数ごとに比較した結果、どの契約年数でもUQWiMAXが一番安いということがわかりました!UQWiMAXは端末の大幅割引きを行っており、Galaxy 5G・L11の場合は定価2万1,780円よりなんと72%割引きに!

さらに、au・UQmobileのスマホを利用している方は、auスマートバリューと自宅セット割が適用され、5,938円がキャッシュバックされます。キャッシュバックを受け取らなかった場合はBIGLOBEとそこまで料金が変わらないので、月額料金が安いBIGLOBEか、端末代が安いUQWiMAXか好きな方を選んでもいいでしょう。

よって、口座振替でWiMAXを使いたい方はUQWiMAXまたはBILGOBEをおすすめします!

WiMAXを口座振替で申し込む方法

口座振替で申し込む場合、手順がクレジットカードとは異なります。

抜け漏れがあった場合は手続きが完了するまで時間がかかってしまいますので、しっかり確認しましょう。

申し込みページからプラン・端末を選ぶ

申し込みページからプラン・端末を選ぶ

まずは端末を選びましょう。Galaxy 5G・X11はモバイルルーターとなっており、屋外でも屋内でも使用が可能です。L11・L12はホームルーターですので、外で使用することはできません。固定回線のようにして使いたい方向きの端末となっています。

支払い方法で口座振替を選ぶ

支払い方法で口座振替を選ぶ

支払い方法を口座振替で選択します。前後に個人情報を入力することもありますので、画面の指示にしたがって入力を進めましょう。

口座振替に必要な書類を提出する

口座振替に必要な書類を提出する

口座振替を利用するには、口座振替の申請書や本人確認書類の提出が必ず必要です。

プロバイダによって提出方法と提出書類が異なりますので、申し込み時に必ず確認しましょう。事前に用意をしておくとスムーズに手続きが進みますよ。

プロバイダ 提出方法 必要書類
BroadWiMAX ・メール
・ファックス
本人確認書類コピー(運転免許証・健康保険証・パスポート・住民基本台帳カード・障碍者手帳)
BIGLOBE 郵送 申し込み後に送られる支払い方法登録申込書
UQWiMAX ・WEB申込
・郵送
・本人確認書類コピー(運転免許証・健康保険証・パスポート・住民基本台帳カード・障碍者手帳)
・口座振替依頼書(郵送の場合のみ)

口座振替になっていることを確認する

書類を提出後、契約にあたって審査が行われます。審査内容は簡単なもので、過去に滞納や未払いがなかったかなどです。特に問題がなければそのまま審査は通ります。

審査が終わるまで端末が発送されない場合もあります。審査に1カ月ほどかかる可能性もありますので、余裕をもって申し込みましょう!

端末が届いたら、契約書の支払い方法が口座振替になっているか確認しましょう。

まとめ

口座振替に対応しているプロバイダは3社しかないため、プロバイダ選択の幅が狭くなります。即日発行できるクレジットカードもあるようなので、WiMAX用のクレジットカードを作るのもひとつの手かもしれませんね。

当サイトでは他の項目でもプロバイダ比較を行っています!
「やっぱりクレジットカードで契約しようかな…」と思った方、ぜひ以下のページでも比較・検討してみてください。

>>最新機種でWiMAX契約したい方はこちら!<<

>>まず無料でお試ししたい方はこちら!<<