• TOP
  • 国際情報
  • 【キャラビズム】日本語の大きな財産「ありがとう&ごめんなさい」

国際情報

2011.10.15 16:00  NEWSポストセブン

【キャラビズム】日本語の大きな財産「ありがとう&ごめんなさい」

 アンドレ・キャラビ氏は、1927年フランス生まれの84歳。同国ペンクラブの会員だ。日本では『目からウロコのヨーロッパ』などの著書がある。日本在住40年以上の親日家だが、どうも最近、このニッポンで目に余る出来事が多い。マナー、お金、日本語、女性、子供……。そのキャラビ氏が、いまの日本人に向けて、箴言集で発する痛烈な「キャラビズム」。さて、あなたはどう受け止めるか? 今回は、「言葉」編である。

  * * *

● Il n’y a rien de meilleur marché que les mots,mais il y  en au  moins deux qui valent une fortune:MERCI et PARDON.

言葉ほど安い物はないが、二つは財産となる。「ありがとう」と「ごめんなさい」!

●Qui parle trop se dévoile.

しゃべりすぎる人は自分を暴く。

●Un menteur doit rementir pour se faire croire

信じさせるために、嘘つきは嘘を続けなければならない!

関連記事

トピックス