ライフ一覧

実用ニュースや生活情報などを集めたページです。話題のお店の紹介から健康情報、書評まで、日々の生活に彩りを添えるニュースが満載です。ちょっとためになる豆知識も。

西條奈加氏が新作について語る(撮影/国府田利光)
西條奈加氏『バタン島漂流記』インタビュー「人格者よりも欠点がある人の方が面白いし、ロマンよりも生活感を私は書きたいんです」
 幕府開闢から65年。四代家綱の世に、江戸で尾張家御用の植木類を積み込んだ弁才船が三河沖で遭難し、フィリピン・バタン島まで33日間の漂流を強いられた史実を、直木賞作家・西條奈加氏の最新刊『バタン島漂流記…
2024.07.21 16:00
週刊ポスト
俳優・奥野壮と「オモウマかき氷」紹介!撮影/中西真基(AGENCE HIRATA)
カレー、サメ氷、純米大吟醸の酒粕クリーム…ユニークでおいしい「オモウマかき氷」 俳優・奥野壮「進化するかき氷にあやかってぼくも進化したい」
 7月25日はかき氷の日──空前のブームが続いているかき氷も、まさにいまが“旬”。そこで“最旬”俳優・奥野壮とともに、ユニークかつおいしすぎると評判の「オモウマかき氷」を全国から厳選してご紹介します!「わあ、…
2024.07.21 16:00
女性セブン
歯周病は重大疾病を招くリスクも…(イメージ)
【インプラント治療】どの歯科医師、歯科医院を選べばいいか?「“楽で簡単な治療”と広告でアピール」「治療費が安すぎる」には要注意
「歯は健康の生命線」といわれるが、一度失えば戻ってこない。虫歯や歯周病に加え、もろくなった歯で硬いものを食べたり思わぬ事故やけがをしたり──さまざまな理由で失われる歯を補う方法を知っておけば、人生の後…
2024.07.21 10:59
女性セブン
最強の歯科医を総力取材(写真/PIXTA)
失った歯を補う方法「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」の一長一短 どれを選ぶか判断するために知っておきたい基礎的な情報
「歯は健康の生命線」といわれるが、一度失えば戻ってこない。虫歯や歯周病に加え、もろくなった歯で硬いものを食べたり思わぬ事故やけがをしたり──さまざまな理由で失われる歯を補う方法を知っておけば、人生の後…
2024.07.21 10:58
女性セブン
補綴歯科専門医を広告可能となる(写真/イメージマート)
歯科クリニック倒産が急増、過去最多に近いペースに、24年上半期で前年の2.5倍、東京商工リサーチが報告
 歯科クリニックの倒産が過去最多に近いペースで増加している。 東京商工リサーチは、2024年7月4日に、2024年上半期(1月から6月)の倒産急増を報告している。歯科診療所の急増と過剰競争 東京商工リサーチによ…
2024.07.20 11:00
その他
ヨグマタ相川圭子 ヒマラヤ大聖者の人生相談
ヨグマタ相川圭子 ヒマラヤ大聖者の人生相談【第13回】結婚30年、離婚を考えています。妻のいやな部分ばかり目につくようになってきた
「ヨガの母」「宇宙の母」という意味を持つ「ヨグマタ」。ヨガのマスターとして与えられた尊称を持つ相川圭子さんが読者のお悩みに答える、週刊ポストでの人生相談連載。第13回目の相談はこちら──。Q:離婚を考えて…
2024.07.19 16:00
週刊ポスト
おすすめの新刊を紹介!
【新刊】芸能生活74年・草笛光子さんの魅力あふれる『きれいに生きましょうね』など4冊
 いよいよ本格的な夏が到来。暑い季節だからこそ、涼を取りながら読書でもしてみては。おすすめの新刊を紹介する。『きれいに生きましょうね 90歳のお茶飲み話』/草笛光子/文藝春秋/1870円 高峰三枝子さんや…
2024.07.19 16:00
女性セブン
週刊ポスト 2024年8月2日号目次
週刊ポスト 2024年8月2日号目次
週刊ポスト 2024年8月2日号目次「ポスト岸田」に選んではいけない政治家ランキング・初の女性総理候補“影の本命”? 小野田紀美(41)とは何者なのか特集◆トラオ(徳田虎雄)不随の病院王が貫いた「絶対悪と絶対善…
2024.07.19 07:00
週刊ポスト
同じ標識のペアを14組見つけてチェック
目標時間30秒「18種類の標識の中からペアになる14種類を見つけましょう」川島隆太教授監修・脳活パズル【第4回】
 今回のパズルは、歩道や道路で見かける18種類の標識の中から同じ標識のペアを14組見つけてチェックするものです。ただし、ペアにならないものもまざっています。 形の情報を処理する力、空間的な情報を処理する…
2024.07.17 16:00
週刊ポスト
『なぜ働いていると本が読めなくなるのか』/集英社新書/1100円
文芸評論家・三宅香帆さんインタビュー「批評より考察が人気の今の時代、批評の面白さを伝えたい」
【著者インタビュー】三宅香帆さん/『なぜ働いていると本が読めなくなるのか』/集英社新書/1100円【本の内容】 《本書は、日本の近代以降の労働史と読書史を並べて俯瞰することによって、「歴史上、日本人はどう…
2024.07.17 07:00
女性セブン
上司の席からなるべく離れたい(イメージ)
夏本番となり職場や電車内などで発生する「ニオイ問題」 揉めるぐらいなら我慢したほうがいいのか、解決策は「ない」という現実
 東京の夏は暑い。2023年は7月6日から9月7日まで64日間も最高気温30℃以上の真夏日が続き、過去最長、35度以上の猛暑日も22日で過去最多を記録した。2024年も厳しい暑さとなる見込みと発表されている(気象庁調べ)…
2024.07.16 16:00
NEWSポストセブン
おしゃれに日焼け対策
《キャップコーデで夏をエンジョイ!》色、サイズ感、合わせ方をプロが指南 「今年っぽいキャップ」「丸顔、面長に似合うキャップ」も紹介
 スニーカーからストリート、ヴィンテージブームの流れを受け、キャップが世界的ブーム! たしかにセレブたちのオフショットを見てもキャップスタイルばかり。そこで、被るだけで今年っぽくなる、似合わせのコツ…
2024.07.16 16:00
女性セブン
カラスは3本の鋭い爪を持つ(写真/PIXTA)
【凶暴化するカラス】人間を襲う事例が急増 身を守るための基本は「近づかない」、CDや水を入れたペットボトルは「一時的な効果しかない」
「カラスに突然命を狙われた」──いま、そんな事例が全国各地で相次いで報告されている。生ゴミをまき散らし、田畑を荒らす以上の恐ろしい被害が各地で多発しているのだ。凶暴化したカラスに襲撃されないために、私…
2024.07.16 11:00
女性セブン
オバ記者の心を救った医者の優しい嘘
医師らしい説明も安心材料だけど、「お元気そう」の言葉がどれほど心の薬か…オバ記者が体験した患者の疑心暗鬼と医師の優しい嘘
 年齢を重ねると、自分の健康についてさまざまな不安が生じてくる。そんななか医師の言葉が原因で、疑心暗鬼になってしまうことも──。『女性セブン』の名物ライター“オバ記者”こと野原広子が自身の体験を綴る。 …
2024.07.15 16:00
女性セブン
イメージカット
ラーメン店での「イヤホン論争」の無駄な盛り上がりに何を学ぶか
 正しい振る舞いを正しく認識することは案外難しいものである。コラムニストの石原壮一郎氏が考察した。 * * * 何を「当たり前のマナー」と感じるかは、人それぞれ。そして人間は、誰かから「あなたがやっ…
2024.07.15 16:00
NEWSポストセブン

トピックス

満島ひかり主演映画『ラストマイル』はシェアード・ユニバース作品 “主演クラス”石原さとみとの共演で現場は“ヒリヒリするような独特の緊張感”
満島ひかり主演映画『ラストマイル』はシェアード・ユニバース作品 “主演クラス”石原さとみとの共演で現場は“ヒリヒリするような独特の緊張感”
女性セブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
女性セブン
五輪直前の忙しい日々、朝のルーティン、将来の夢も語った阿部詩選手
柔道・阿部詩が“柔道家であることを忘れて挑んだ”撮影への感想 「モデルっぽく撮影していただいて楽しかった!」
NEWSポストセブン
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
女性セブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン
フジテレビが説得を続ける織田
【『踊る大捜査線』続編計画】本命は当初から“織田裕二主演による続編” 「柳葉さんがやるなら…」と織田裕二も前向きに検討か
女性セブン
喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン