国内一覧

国内ニュースを集めたページです。重大事件・事故の裏側や、めまぐるしく移り変わる政治情勢なども解説。昨今の世相や皇室の最新情報なども取り上げます。

公立大学の志願倍率はいまや国立大を上回る(時事通信フォト)

公立大学の人気上昇 「税金による安易な救済」には反対…

 大学受験シーズンが終盤を迎えている。近年、少子化の影響もあり定員割れする私立大学が増える一方で、人気が上昇しているのが「公立大学…

2020.02.19 07:00  NEWSポストセブン

【動画】政府関係者、コロナウイルスを「神風邪」と呼んでいた

【動画】政府関係者、コロナウイルスを「神風邪」と呼ん…

 猛威をふるう新型コロナウイルスを政権内部ではひそかに「神風邪」と呼んでいるようです。 

2020.02.19 07:00  NEWSポストセブン

厚労省に差し入れをする岸田氏(時事通信フォト)

安倍政権内部で新型肺炎は“神風邪” 憲法改正に利用の動…

 感染拡大が続く新型肺炎をめぐっては、医師、検疫官、チャーター便のクルーたちが官民挙げて献身的な水際作戦を展開している。その一方で…

2020.02.19 07:00  週刊ポスト

あああ(時事通信フォト)

コロナウイルスで自宅待機の共同記者は「総理番」だった

 新型コロナウイルスで慌ただしい首相官邸の記者クラブ「内閣記者会」加盟各社に2月17日夜、加盟社の一つである共同通信から「新型肺炎で御…

2020.02.18 16:00  NEWSポストセブン

店頭で普通に買えるようになるのはまだ先になりそう(時事通信フォト)

マスク品薄、解消いつ? 政府「1億枚供給宣言」でも買えず

 中国・武漢発の新型コロナウイルス感染拡大により、日本各地のドラッグストアやコンビニの店頭からマスクが消えてから早くも半月が過ぎた…

2020.02.18 16:00  NEWSポストセブン

武漢在留邦人を支える北京の日本大使館員たちの闘い

武漢在留邦人を支える北京の日本大使館員たちの闘い

 今回の新型肺炎の蔓延でもわかるように、目に見えない“敵”と最初に対峙するのは、空港や港湾の検疫に従事する検疫官だ。 横浜港に停泊中…

2020.02.18 16:00  週刊ポスト

【動画】新型コロナと闘う医師・看護師 都立病院の防疫手当は1日340円

【動画】新型コロナと闘う医師・看護師 都立病院の防疫手…

 国内でも新型コロナウイルスの感染者が増えています。

2020.02.18 16:00  NEWSポストセブン

中国の馬暁春九段を下し、元老戦優勝を果たした依田紀基九段(2019年1月17日 新華社/共同通信イメージズ)

囲碁対局停止処分の依田九段 「最後の無頼派」の仰天伝説

 2月12日、囲碁界の総本山である日本棋院を不当に中傷したとして、元名人の依田紀基九段(54)が半年間の対局停止処分となった。そもそも依…

2020.02.18 07:00  NEWSポストセブン

【動画】眞子さま「渡米して結婚」も選択肢か 小室さん母も一緒?

【動画】眞子さま「渡米して結婚」も選択肢か 小室さん…

 2018年2月のご結婚延期発表から丸2年が経った眞子さまと小室圭さん。眞子さまの結婚への強い意志は変わることはないようです。 

2020.02.18 07:00  NEWSポストセブン

眞子さまが結婚の意思を貫いた場合に直面する「究極の2択」

眞子さまが結婚の意思を貫いた場合に直面する「究極の2択」

「(いずれ)何らかの発表があるだろうとは思っている」──眞子内親王(28)と小室圭氏(28)の結婚について、秋篠宮家を補佐する加地隆治・…

2020.02.18 07:00  週刊ポスト

チャーター機で邦人が帰国(AFP=時事)

ANA武漢チャーター便 拒否する社員は1人もいなかった

 今回の新型肺炎で武漢滞在の邦人救出という重大ミッションを背負い羽田を飛び立ったのは、政府がチャーターした全日空(ANA)機。「ANAに…

2020.02.18 07:00  週刊ポスト

フランスならばここまで“炎上”することは無かっただろうとプラドさん。実際、マクロン夫妻は「不倫略奪愛」だったが、それでも国民に支持され、大統領に(時事通信フォト)

フランス人は東出昌大と唐田えりかが叩かれる理由は分か…

 頻繁に巻き起こるネットでの芸能人の炎上騒動。最近では不倫が発覚した東出昌大(32才)と唐田えりか(22才)が激しくバッシングを受けた…

2020.02.18 07:00  女性セブン

2019年5月、チケット販売の開始当初は販売サイトにつながらず、1時間以上待ったケースも(写真/アフロ)

東京五輪チケット50万枚余る、小中学校にばら撒かれるが…

 昨年6月、最初のチケット発売に際して抽選が行われた時には、「外れた…」と嘆く人たちの声があふれかえった。しかし、二次抽選で用意され…

2020.02.18 07:00  女性セブン

かつてエボラと戦った医師 恐怖や不安感じる暇なかった

かつてエボラと戦った医師 恐怖や不安感じる暇なかった

 新型肺炎が猛威を振るうなか、感染性や病原性の強い一類、二類感染症に対応可能な指定医療機関は全国に約400施設。特別な設備を持ち、感染…

2020.02.17 16:00  週刊ポスト

(時事通信フォト)

厚労省水際対策担当審議官 自らの不倫疑惑の水際対策に…

 第一線では医師、検疫官、チャーター便のクルーたちが官民挙げて献身的な水際作戦を展開している。その一方で、現場から離れた“安全地帯”…

2020.02.17 16:00  週刊ポスト

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

トピックス