• TOP
  • ライフ
  • 「ED治療薬が欲しい」と父親同伴で病院に来る高校生が増加中

ライフ

2015.02.21 16:00  NEWSポストセブン

「ED治療薬が欲しい」と父親同伴で病院に来る高校生が増加中

「けっこう多いんですよ、お父さん付き添いで来院される高校生が。何の病気ですか? と尋ねると“バイアグラがほしくて”と告白するんですよ」

 そう教えてくれたのは都内で泌尿器科クリニックを経営するS先生。実はこの手のクリニックには定期的にバイアグラを求めにくる高校生が少なくないという。

「そもそも泌尿器系の患者さんは、大きな病院では相談しにくいということでクリニックに来る傾向があります。とは言え、高校生がお父さんと一緒に来院して、バイアグラがほしいなんて言い出すことはほとんどなかった。ここ2~3年で増えてきている」(S先生)

 高校生と言えば、黙っていてもアソコが元気なお年頃だろう。一体、何のためにバイアグラを求めにやってくるのか?

「彼女と付き合ったばかりで、初交渉のときに緊張してダメになるのではないか、恥をかくのではないか……多くの理由が“不安”ですね。バイアグラを飲んで保険をかけておきたいという算段なのでしょうが、あまりに弱気すぎますよね」(S先生)

 草食化著しいと叫ばれる男子たち。付き合ってもなお、草食傾向は変わらない!?

「バイアグラは10代の使用が禁止されているわけではないので処方することはできます。ですが、私は『適度に運動してきちんとした生活を心がけてください。緊張するのはみんな一緒。自信を持って彼女と付き合ってください』とメンタル的な助言をして彼らを帰すようにしています。バイアグラはEDの人が使用するものですから、普通にできる10代にはご遠慮させていただいております」(S先生)

 話をすると彼らも納得して帰るという。『健全な精神は健全な肉体に宿る』とはよく言ったものだが、不安に怯えていれば10代と言えども元気がなくなるのだろうか。この時ばかりは、泌尿器科医とは言え、メンタルトレーナーばりの助言をしなければならないという。

「お父さんとも話をするのですが、そちらのほうが違和感を覚えますよ。息子さんの不安を共有できる懐の深いお父さんだと思うのですが、「息子との話し合いでは不安を解決できんかった、それでバイアグラを……」という発想は少し心配になってしまいますね」

関連記事

トピックス