ビジネス

とんかつ戦争過熱 FF化で成長する「かつや」の勢いどこまで

低価格を武器に快進撃続ける「かつや」

 消費者の節約志向や中食需要の高まりによって苦戦が続く外食業界だが、その中でも好調をキープしているのが「とんかつ・かつ丼」の専門店である。

 市場調査会社の富士経済が10月24日に発表した外食産業の成長業態トップ10で見事1位に輝いたのも、とんかつ・かつ丼で、2017年見込みの市場規模は540億円。前年比120%のプラス成長が予想されている。

 といっても、このカテゴリーには「とんかつ和幸」や「とんかつ濱かつ」、「さぼてん」、「まい泉」など客単価1000円以上で、料理が出てくるまでに時間のかかる店は含まれていない。客単価は400円~という低価格、そして提供時間は概ね5分以下という“ファストフード(FF)形態”のとんかつ店が急成長しているのだ。

 FFとんかつチェーンのトップを独走するのは、新潟県三条市を本拠にホームセンターなどを手掛ける企業(アークランドサカモト)が親会社の「かつや」。1998年に1号店を出店以降、着実に多店舗化やフランチャイズ化を進め、いまでは海外を含めて400店弱の規模にまで拡大した。

 だが、同社の外食事業はもともと、とんかつではなく「天ぷら・天丼」で勝負をかけようとしていたという。ジャーナリストの中村芳平氏がいう。

「天ぷらは揚げる作業が複雑で、店を増やすとオペレーションや料理の品質が安定的に保てません。そこで同社は特注のオートフライヤーを導入して天ぷらの専門店を立ち上げたのですが、当時すでに『てんや』がオートフライヤーによる標準化でチェーン展開を進めていて、まともに戦っても勝ち目がない。そこで、とんかつに舵を切ったというわけです」

 とんかつ業界も「和幸」や「さぼてん」など有名店が続々と店舗数を増やしていたが、「かつや」はメインのかつ丼の値段を大手の半額である490円(税抜き)に定め、ローコストを武器にした低価格戦略とスピーディーな調理で、既存のとんかつ店の客を奪っていく。

「とんかつは勝負事の前にゲン担ぎで食べるなど、“ハレの食事”として贅沢なイメージがありましたが、『かつや』の出現によって、忙しくて外食代も限られている学生やサラリーマンなどが気軽に通える店として認知されていきました。

 もちろん味も安かろう悪かろうではありません。品質の良い豚肉をアメリカから毎日1トン単位で大量に輸入する仕組みを整え、各店共通のレシピもしっかりしています。そのため、1000円以上のとんかつ店に引けをとらない肉の味や衣のサクサク感が根強い人気となっています」(前出・中村氏)

関連記事

トピックス

デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
海賊版サイト「漫画村」に無断掲載され、約19億円の損害賠償の対象となった漫画作品(時事通信フォト)
漫画の海賊版被害 深刻なダメージを受けているのは有名作品だけではない
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン