ライフ

仲良し同級生夫妻が商う居心地の良い横浜・弘明寺の角打ち

手前で肩を組んでいるのが先代の田中夫妻。カウンターの中にいるのが3代目夫妻

 今宵は横浜の弘明寺(ぐみょうじ)で角打ちだ。と言っても、横浜市内最古の寺として知られる瑞應山(ずいおうざん)蓮華院弘明寺で飲もうというわけではない。目的の店は『越前屋田中酒店』である。

 ブルーラインの愛称を持つ横浜市営地下鉄1、3号線の各駅停車に乗って横浜駅から戸塚方面へ向かうと、8つ目の駅が弘明寺。寺はここから徒歩5分の所にあるが、店はそれよりもっと駅に近い徒歩2分の場所で賑わいを見せている。

 この店の3代目主人は田中庸三さん(50歳)。「最初は醤油屋だったんですが、戦後すぐ酒を扱うようになって70年以上経ちますね。角打ちもそれと同じ歴史で、贔屓にしてくれるお客さんが結構いたようです」

 やがてゆとりの時代が来ると、角打ち専用スペースが作られ、そこでのんびり飲めるようになった。

「88歳になる父(照知さん)も、角打ちを愛しています。今も毎日カウンター奥に顔を出しますからね。でも、現役の父はあくまでも“基本は酒屋なんだ”という矜持を保ち続けていましてね。楽しい角打ちの場をもっと広げたいと強い思いを持っていた自分との綱引きが何度かありまして、やっと現状の広さまで認めてもらったというわけです」と、庸三さんは笑う。

 結果として店の右側3分の1を角打ち空間として囲み、常連客が言う所の、理想の高さのカウンターと壁際の棚を手作りで設えた。

「本当はもう少しスペースを広げたいらしいけど、この10人ちょっとの狭さがみんな好きでね。これにご主人と奥さん(さえ子さん)、中学時代同級生だそうだけど、2人のなんとも言えない柔らかな、あったかい人柄もあって、居心地の良さが増している。だから僕なんか週に4日来ています。それが“週慣”になっちゃってるんですよ」(40代、自称普通の会社員)

「ほら、ここの先代の顔が今日もありますが、さすがの風格でしょ。先代夫人(千鶴子さん)も可愛い人でね。2世代の田中夫妻それぞれにファンがついていて。昔からの常連さんたちは、両方とも大好きなんですよ」(40代、市職員)

 ここで先代主人の照知さんがひとこと。

「商売は楽しいというより苦労ばっかり。その積み重ねでここまできました。でも、角打ちも含めて、これからのことは息子にまかせます。体だって、考え方だって、息子の方が柔軟に動けますからね」

 米寿の重みで語られる店を愛する言葉は、実に味わい深い。

「ようぞうくん」「さえこ」と声を掛け合いながら酒屋と角打ち部を切り盛りする3代目田中夫妻。その姿を、羨ましさと微笑ましさを溶け込ませた目で見やりながらも、常連客は自分の世界でゆっくり飲んでいる。

関連記事

トピックス

家族で食事を楽しんだ石原良純
石原良純「超高級イタリアン」で華麗なる一族ディナー「叩いてもホコリが出ない」視聴率男が貫く家族愛
女性セブン
【あと1敗で八冠陥落】藤井聡太八冠、「不調の原因はチェス」説 息抜きのつもりが没頭しすぎ? 「歯列矯正が影響」説も浮上
【あと1敗で八冠陥落】藤井聡太八冠、「不調の原因はチェス」説 息抜きのつもりが没頭しすぎ? 「歯列矯正が影響」説も浮上
女性セブン
歌手の一青窈を目撃
【圧巻の美脚】一青窈、路上で映える「ショーパン姿」歌手だけじゃない「演技力もすごい」なマルチスタイル
NEWSポストセブン
一時は食欲不振で食事もままならなかったという(4月、東京・清瀬市。時事通信フォト)
【紀子さまの義妹】下着ブランドオーナーが不妊治療について積極的に発信 センシティブな話題に宮内庁内では賛否も
女性セブン
5月場所は客席も活況だという
大相撲5月場所 溜席の着物美人は「本場所のたびに着物を新調」と明かす 注目集めた「アラブの石油王」スタイルの観客との接点は?
NEWSポストセブン
優勝トロフィーを手にしたガクテンソク
【THE SECOND優勝】ガクテンソクが振り返る「マシンガンズさんが自滅しはった」 昨年の“雪辱”を果たせた理由
NEWSポストセブン
亡くなった6歳の後藤鈴ちゃん(SNSより)。一家に何があったのか
《戸越銀座・母子4人死亡》被害者妻が明かしていた「大切な子どもへの思い」3日前に離婚したばかりの元夫は「育休取ってる」アピールも…家には「日中も窓にシャッター」の違和感
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
《関西外大の女子大生を刺殺》「自宅前で出待ちされて悩んでいた」殺害された女性宅周辺で目撃されていた「怪しい男」抵抗されながら刺し続けた交際相手の強い殺意
NEWSポストセブン
死亡が確認されたシャニさん(SNSより)
《暴徒に唾を吐きかけられ…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の母親が“残虐動画の拡散”を意義深く感じた「悲しい理由」
NEWSポストセブン
所属事務所は不倫を否定(時事通信フォト)
《星野源と新垣結衣が完全否定》「ネカフェ生活」NHK・林田理沙アナとの疑惑拡散の背景「事務所が異例の高速対応」をした理由
NEWSポストセブン
9月の誕生日で成年を迎えられる(4月、東京・町田市。写真/JMPA)
【悠仁さまの大学進学】幼稚園と高校は“別枠”で合格、受験競争を勝ち抜いた経験はゼロ 紀子さまが切望する「東京大学」は推薦枠拡大を検討中
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン