ライフ

おうちで食べたい取り寄せグルメ3選、ご飯のおとも編

 新型コロナウイルスの影響で、なかなか外出できないという方も少なくないのでは? そこで、食通の有名人に、今この時期に食べたいお取り寄せグルメを紹介していただきました。

◆熊本県・松合食品

馬肉を漬け込んだ伝統の味噌がご飯に乗る

さくら肉味噌
180g800円

【私がオススメします!】
食養生士・料理研究家・調味料研究家 MICHIKOさん●活動テーマは食と健康。講演やテレビ、雑誌などで幅広く活動。著書に『いちばんわかりやすい 塩麹 しょうゆ麹 甘麹』(主婦の友社)など。

「ご飯にのせたり、キャベツやきゅうりなどの生野菜につけたり、炒め物の隠し味、おつまみなど幅広く使えます」(MICHIKOさん)

創業1827年の老舗味噌蔵がつくる無添加合わせ味噌と刺身で食べられるほど新鮮な馬肉を使ったご飯のおとも。香辛料は使わず、玉ねぎ、しょうがとともに直火でじっくりと炊き上げる。熊本の伝統酒、赤酒を隠し味に使い、コクと旨みを凝縮。

◆北海道・十勝スロウフード

牛肉が口の中で溶ける!

牛とろフレーク&専用たれ付セット
1カップ(専用たれ付き)2500円

【私がオススメします!】
お取り寄せ生活研究家・aiko*さん●料理研究家の母親の影響で食べる楽しみや大切さを知り、食に興味を持つ。20才頃からお取り寄せ生活にハマり、その楽しさを伝えるべく各種媒体で活躍。

「牛とろフレークをご飯にのせて頬張ると、お肉が溶けていき、その食感がやみつきになります。先日初めて購入したのですが虜になってしまい、またすぐ取り寄せようと思います。次はお茶漬けに挑戦したい!」(aiko*さん)

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン