• TOP
  • ライフ
  • コロナ禍の新生活、相貌心理学から見るマスク着用時メイク

ライフ

2020.08.26 16:00  女性セブン

コロナ禍の新生活、相貌心理学から見るマスク着用時メイク

マスク着用時は普段よりもアイメイクを念入りに

 顔のパーツからその人の心理を言語化し、コミュニケーションに役立てられる学問が「相貌心理学」だ。日本で唯一の教授資格取得者であり、世界にも15人しか存在しない相貌心理学者の佐藤ブゾン貴子さん(44才)は、「生活のあらゆるシーンで役立てることができます」と話す。

 外出を制限され、生活スタイルがすっかり変わってしまった毎日に多くの人が苦痛を感じているだろう。しかし、「コロナうつ」になるほど精神的ダメージを受ける人もいれば、自粛生活を自分なりに楽しめる人もいる。その違いは「輪郭」を見ればわかる。

「輪郭が細い人はもともと自分の時間を優先するので、閉鎖された環境にいても苦痛を感じにくい。一方、輪郭がどっしりした人はコミュニケーションを取るのが好きなので、閉鎖された空間にひとりきりだとストレスがたまる。
さらに体力量も多いため、自粛生活で体力を使いきれずに持て余すと、古い水が淀むようにエネルギーがネガティブな方向へ変化する恐れがあります」(佐藤さん)

 そうならないため、散歩や筋トレで体を動かしたり、リモートで友人と話すなど積極的にエネルギーを発散させることが必要だ。そして、コロナ禍で欠かせないのがマスク。顔のほとんどが隠れてしまうが、それを逆手に取ってうまく利用することもできるという。

「相手への印象は、ほぼ『目』で決まります。アイメイクはもちろん、めがねも有効的。フレームの幅が狭いめがねは細い目と同じ効果があり、知的に見えます。逆に大きなフレームは、『あなたを寛容に受け入れますよ』という印象を相手に与えます」(佐藤さん)

 顔だけが映し出されるオンライン会議が苦手な人は、相貌心理学をうまく活用しよう。

関連記事

トピックス