ライフ

写真撮影の効能 被写体を集中して観察することで脳が活発に

構図を考え、アングルや食器の配置も工夫(写真/フォトカルチャー倶楽部)

 ケータイやスマホでも気軽に写真撮影ができるようになり、写真を楽しむ高齢者も増えている。さらにシニアのインスタグラマーが注目されるなど、写真を撮る楽しみ方もまた、豊かに広がってきた。魅力的な被写体を探そうと思って歩けば、見慣れた散歩道も素敵な世界に見えてくる。また、夢中で撮影していると脳が活性化することもわかっているという。コロナ禍で疲れた心身もリフレッシュできそうだ。そんな写真撮影の魅力をフォトエディターの板見浩史さんに聞いた。

「写真を撮ろうとするときは、自ら感動を求めるのです」と言う板見さん。プロ・アマチュアを問わず数多くの写真家と交流し、板見さん自身も撮影を楽しんでいるという。

「これだ!という被写体を見つけた喜び。そしてファインダーを覗きながら、どんな構図の写真にしたらこの感動を後で追体験できるか、あれこれ考えるワクワク感。シャッターを押すのも単純ではなく、どの瞬間がよいか、ドキドキしながらタイミングを計るわけです。車でたとえればアイドリング(エンジンを始動させ、いつでも動き出せる状態で待機)が高まる感じです」

 実はこのワクワク、ドキドキが重要だという。ただ漠然と見るときとは違い、被写体として集中して観察することで脳が活発に活動するのだ。構図を考える際には脳の図形認知にかかわる部分が刺激され、シャッターを押す決断力が集中にかかわる部分を鍛える。

 諏訪東京理科大学の篠原菊紀教授の実験でも、撮影中は右脳と左脳がバランスよく働き、活動が高まることがわかっており、脳の機能維持につながる可能性があるという。

「写真愛好家は三脚や重い機材を担いで野山を歩くので、昔から健康にいいといわれてきましたが、体だけでなく、脳や心にも効くのです」

※女性セブン2020年9月17日号

関連記事

トピックス

STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
大谷翔平に“口裏合わせ”懇願で水原一平容疑者への同情論は消滅 それでもくすぶるネットの「大谷批判」の根拠
NEWSポストセブン
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
女性セブン
宗田理先生
《『ぼくらの七日間戦争』宗田理さん95歳死去》10日前、最期のインタビューで語っていたこと「戦争反対」の信念
NEWSポストセブン
焼損遺体遺棄を受けて、栃木県警の捜査一課が捜査を進めている
「両手には結束バンド、顔には粘着テープが……」「電波も届かない山奥」栃木県・全身焼損死体遺棄 第一発見者は「マネキンのようなものが燃えている」
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
(写真/時事通信フォト)
大谷翔平はプライベートな通信記録まで捜査当局に調べられたか 水原一平容疑者の“あまりにも罪深い”裏切り行為
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン