芸能

『プリキュア』に今熱くなる理由 コロナ禍でできないことを次々に体現

『プリキュア』

最新シリーズ『トロピカル~ジュ!プリキュア』(朝日放送HPより)

 2004年の放送開始から18年目を迎えるプリキュア。その最新シリーズ『トロピカル~ジュ!プリキュア』が2月からスタートし、話題を集めている。コロナ禍の今、プリキュアが注目される理由とは? コラムニストのペリー荻野さんが綴る。

 * * *
 2月28日にスタートした新番組『トロピカル~ジュ!プリキュア』は、なかなかに感慨深い内容になっている。今回のヒロインたちは、「コロナ禍でできないこと」を次々と体現して見せてくれるのである。

 主人公の夏海まなつは、父が海の家とダイビングショップを営む南の島から、母が水族館スタッフとして勤める都会にやってきた中学一年生。「よーし、都会でトロピカッちゃおう」と張り切る彼女は、とにかくやる気全快、走れば砂嵐を巻き起こし、勢い余って鼻からシューッと蒸気を噴射する。

 その後、浜辺で偶然「心の中にきらめく太陽を持った人間」を探していた人魚のローラと出会い、伝説の戦士プリキュア「キュアサマー」に変身して、人間のやる気を吸い取り支配とようと企む「あとまわしの魔女」の手下の怪物たちと戦うことになるのだ。

 2004年から続くプリキュアシリーズ。チャーミングな女の子のチームが悪者を蹴散らす爽快なストーリーはすっかりおなじみだが、今回のポイントの第一は、変身に欠かせないのが「メイク」ということだ。まなつは島から離れ、元気を出そうと母にもらったリップをつけたり、初対面のローラに「メイクって魔法」と言いながら、リップを塗ってあげる。そして、いざプリキュアに変身するときには、人魚の国に伝わるキラキラのパクトを開け、「レッツメイク!!」と言いながら、チークやアイ、ヘア、リップとメイクを続けてチェンジして、華麗な姿になる。

 視聴者は長く続くマスク生活で、思う存分メイクをして外出する機会は、減ってしまった。そこへ出てきた“メイクで変身するキャラクター“は、メイクの楽しさ、自由を思い出させてくれた気がする。

 また、ヒロインが島から街へとのびのびと旅をしたことも刺激的。ぴかっと光る太陽の下、輝く海へと繰り出す…といった旅を自粛している視聴者も多いはず。あとまわしの魔女の召使であるチョンギーレが操る怪物ヤラネーダたちが、ヤシの木や水辺によくあるパラソルやチェアを巨大化させたものというのは、さすがトロピカルという感じだが、トロピカルという言葉自体、夏の解放感と旅心をそそるものだ。

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン