芸能

橋本環奈が“殺人犯”に?『インフルエンス』まだ間に合う!必見ガイド

橋本環奈が“殺人犯”に?友情のために起きた「3つの殺人」にあなたも胸をしめつけられる

橋本環奈が“殺人犯”に?友情のために起きた「3つの殺人」にあなたも胸をしめつけられる

 私と友人2人が犯した3つの殺人を小説にしてほしい──。ある小説家のもとにそんな依頼が舞い込んだ。最初の事件が起こったのは35年前の昭和の団地。高校生だった少女は、親友を守るためにある殺人事件を起こす。そして10年後、彼女はさらに恐ろしい殺人を起こしてしまう。

 殺人で繋がった3人の女性たちの生涯を描いた『連続ドラマW インフルエンス』が、3月20日からWOWOWプライムにて放送。WOWOWオンデマンドで配信中だ。主人公の内気な女子高生・友梨を演じるのは橋本環奈。その脇を葵わかな、吉川愛、鈴木保奈美ら豪華女優陣が固める。

 心震わす“感動サスペンス”に、あなたも胸をしめつけられるはずだ。

橋本は「友情から殺人を犯した」という秘密を抱える難役を演じ、新境地に挑む

橋本は「友情から殺人を犯した」という秘密を抱える難役を演じ、新境地に挑む

友梨の憧れの存在でもある真帆(葵わかな)が暴漢に襲われ、物語は大きく動き出す

友梨の憧れの存在でもある真帆(葵わかな)が暴漢に襲われ、物語は大きく動き出す

鈴木保奈美演じる小説家・及川トモミは、独自に殺人事件を調べ始めるなかで衝撃の事実へと近づいていく

鈴木保奈美演じる小説家・及川トモミは、独自に殺人事件を調べ始めるなかで衝撃の事実へと近づいていく

主要人物紹介

・戸塚友梨(橋本環奈)
主人公。幼い頃から地方の団地で育った、読書好きで内気な女子高生。暴漢から親友を守るため、犯人を刺してしまう。

橋本環奈演じる戸塚友梨

橋本環奈演じる戸塚友梨

・坂崎真帆(葵わかな)
友梨の親友。両親の離婚を機に東京から転校し孤立していたが、同じ団地に住む友梨と気が合い仲よくなる。

葵わかな演じる坂崎真帆

葵わかな演じる坂崎真帆

・日野里子(吉川愛)
友梨の幼馴染。幼い頃から祖父に性的虐待を受けていた。高校からは不良グループに入り、生活が荒れ始める。

吉川愛演じる日野里子

吉川愛演じる日野里子

・及川トモミ(鈴木保奈美)
小説家。友梨から「自分たちが犯した殺人事件について小説を書いてほしい」と依頼を受ける。

鈴木保奈美演じる及川トモミ

鈴木保奈美演じる及川トモミ

【INFORMATION】
『連続ドラマW インフルエンス』毎週土曜よる10時(全5話)WOWOWプライムにて放送。WOWOWオンデマンドにて配信中。

殺人で繋がった3人の女性たちの生涯とは?

殺人で繋がった3人の女性たちの生涯とは?

関連キーワード

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン