芸能

中嶋朋子、体調不良で立て続けに仕事キャンセル 本人が現状を明かす

3月下旬、息子と買い物デートを楽しむ中嶋

3月下旬、息子と買い物デートを楽しむ中嶋

 ブルーのジーンズに白いリネン素材のジャケットを合わせた細身の女性に、銀縁メガネの若いイケメン男性が寄り添うように歩く。3月下旬の昼下がり、レストランで談笑しながら食事をした後、大型家電店でショッピング—そんな“デート”を楽しんでいたのは、女優の中嶋朋子(49才)。お相手は年下のカレ……ではなく、息子で俳優の西村成忠(22才)だった。

 中嶋といえば5才で子役デビューし、10才のときに21年間にわたって放送されることになるドラマシリーズ『北の国から』(フジテレビ系)に出演。主人公の娘・蛍を演じ、“国民の娘”といわれる存在になった。

「本人にとっては蛍のイメージが重荷になっていて、10代の頃からずっと『仕事をやめたい』という気持ちがあったそうです。20才になった頃、いつものように母親に『やめたい』と漏らすと、『どうぞお好きに』と言われてしまった。そのときに初めて、まだやれていないことがたくさんあると気づき、芸能界引退を思いとどまったそうです」(テレビ局関係者)

 その後は映画やドラマのほか舞台でも活躍し、1998年に6才年上のヘアメイクアーティストと結婚。入籍時にはすでに妊娠中で、同年に長男の成忠を出産し、現在は実母とともに都内の一戸建てで4人暮らしをしている。

 そんな中嶋に昨年10月のシェイクスピアの舞台『リチャード二世』以降、関係者の間でさまざまな憶測が飛び交っている。

「突然のキャンセルが続いたんです。昨年12月には、出演予定だったコンサートとトークイベントを突如キャンセル。同じ時期に放送されたNHK-FMラジオの朗読劇にも出なかったのですが、彼女がいないと成立しないため、昨年度のものを再放送するという異例の対応を迫られました。

 今年の3月には、出演が内定していた7月公演の舞台も降板を申し出たとか。急遽、キャスティングの練り直しをせねばならず、スタッフは対応に追われているそうです」(芸能関係者)

 中嶋サイドが関係者に報告しているキャンセル理由は「体調不良」。

「唯一、TBSラジオのレギュラー番組にだけは出続けているのですが……関係者の間では“重病なのでは”と心配する声が上がっています」(前出・芸能関係者)

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン