ビジネス

日産の小さな高級車「ノート オーラ」に中高年の支持が集まる理由

今秋発売予定の日産「ノートオーラ」

今秋発売予定の日産「ノートオーラ」

 9年半ぶりのフルモデルチェンジとなったトヨタ自動車の小型ハイブリッドカー「アクア」が早くも注目の的になっているが、ライバル車も決して負けてはいない。日産自動車は昨年末に主力コンパクトの「ノート」をハイブリッド専用車に進化させ、今秋には派生プレミアムモデル「ノートオーラ」を発売する。果たしてノートオーラはどこまで売れるのか──。モータージャーナリストの鈴木ケンイチ氏がレポートする。

 * * *
 日産は6月15日、この秋に発売予定の新型モデルを発表しました。それが「ノートオーラ」です。名前からも推測できるように、昨年11月に新型となった「ノート」をベースとした派生モデルとなります。

 ノートは2017年のコンパクトセグメント1位、2018年暦年の登録車ナンバー1を獲得した大ヒットモデルで、日産を支える重要なコンパクトカーです。

 昨年のフルモデルチェンジで、安価なエンジン車ラインナップがなくなり、ハイブリッドの専用車種となりました。サイズは小さいながらも、ちょっと良いクルマという雰囲気が強くなりました。ライバルとなるのは、トヨタの「アクア」です。

日産自動車の「ノートオーラ」

日産自動車の「ノートオーラ」

隅々まで磨き上げた「ノートオーラ」

 そんなノートの派生モデルとなるノートオーラは、どのようなクルマなのでしょうか。ひと言で表現すれば「ノートよりもさらに上質」。日産は「プレミアムコンパクトカー」と言い切ります。

 具体的なノートとの違いを挙げれば、エクステリアからインテリア、装備類、そしてパワートレインの出力アップまで、幅広い変更が行われています。

 エクステリアで言えば、ボディが40㎜ワイド化されており、タイヤが1インチアップの17インチとなりました。フロントグリルのデザインが変更されており、超薄型LEDヘッドライトなどの灯火類も変わっています。前席ドアの窓にラミネートガラスを採用しているため、室内の静粛性も向上しています。

タイヤが1インチアップして17インチになった日産「ノートオーラ」

タイヤが1インチアップして17インチになった日産「ノートオーラ」

 インテリアの違いは、フルカラーとなったメーターの12.3インチディスプレイをはじめ、本革ステアリング、杢目調パネル、ツイード調織物の内装材などを採用。ツイードと本革3層構造のシート、BOSEパーソナルプラスサウンドシステムも用意されています。

日産「ノートオーラ」のインテリア

日産「ノートオーラ」のインテリア

 パワートレインは、駆動用モーターの最大出力をノートよりも18%アップ、トルクを7%アップし、最高出力100kW(136馬力)・最大トルク300Nmとしています。

“プレミアム”を謳うべく、ノートの隅々まで磨き上げられているというわけです。ちなみに価格は、261万300円~295万7900円。ノートよりも40~50万円ほどのプライスアップとなります。内容を考えれば、納得というか割安感さえある価格ではないでしょうか。

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2019年、明治大学を卒業した斎藤ちはる
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2020~】斎藤ちはる、竹俣紅らタレント揃いで「新人らしからぬ完成度の高さ」が共通点
週刊ポスト
囲み会見でも株を上げた(時事通信フォト)
【「子どもは?」の質問に完璧回答】大谷翔平結婚会見“不適切な質問”への対応力にフェミニストたちも唸った
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
記者会見で涙を拭う岐阜県岐南町の小島英雄町長。2024年2月28日(時事通信フォト)
セクハラとパワハラで辞任した74歳の岐南町長 問題は決して「世代」なんかではない
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン