国内

小田急線刺傷事件 犯人宅の近隣住民の嘆息「またこの街から…」

小田急線刺傷事件で逮捕された対馬悠介容疑者(写真/共同通信社)

小田急線刺傷事件で逮捕された対馬悠介容疑者(写真/共同通信社)

 日本中が恐怖に包まれた。8月6日夜、東京都世田谷区の小田急線車内で乗客10人が切りつけられた事件で、対馬悠介容疑者(36)が殺人未遂容疑で逮捕された。

 犯行当日、対馬容疑者は神奈川県内の自宅から牛刀やナイフなど複数の刃物を持ち出し、最寄り駅から小田急線に乗車。登戸駅で新宿行きの快速急行に乗り換えて凶行に及んだことが分かっている。

 対馬容疑者の一連の行動に、「2年前の“悪夢”が蘇るようでした」と話すのは、ある全国紙社会部記者。

「2019年5月、川崎市の私立カリタス小学校の児童20人が殺傷された事件です。あの通り魔事件の容疑者、岩崎隆一(51・犯行後自殺)も対馬容疑者と同じ駅から小田急線に乗車し、登戸駅で降りて犯行に及びました。奇しくも2人の連続殺傷事件の犯人がほとんど同じルートをたどっていたのです」

 岩崎容疑者は小田急線に乗車する前、当時の自宅から包丁2本を持ち出して犯行現場に向かったが、その家も対馬容疑者の自宅からすぐ近くの場所にある。

「徒歩10分ほどの“ご近所さん”で、最寄り駅も同じです」(同前)

 事件を受けて、近隣住人が嘆息する。

「ニュースで対馬容疑者の自宅を見て、“またこの街で凶悪犯が出たのか”と、暗澹たる気持ちになりました。

 平和で治安の良い街なので、こういう事件が起きるのは地元住人として本当に辛い」

 事件が与えた衝撃はあまりにも大きい。

※週刊ポスト2021年8月27日・9月3日号

祖師ヶ谷大蔵の駅で負傷者が搬送される様子(時事通信フォト)

祖師ヶ谷大蔵の駅で負傷者が搬送される様子(時事通信フォト)

関連記事

トピックス

えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
3人息ぴったりの「お家芸」はお茶の間を沸かしてきた
上島竜兵さん追悼 老若男女問わず幅広く愛された“伝統芸”と人柄
女性セブン
小室圭氏と小室眞子氏
始球式中止騒動のニューヨーク総領事は小室圭さん・眞子さん夫妻の“守護者”だった
NEWSポストセブン
浅田舞がパチスロをする姿や浅田真央との腕組私服姿もキャッチ
浅田真央 固くなる姉との結びつき、父との断絶…セカンドキャリアへの不安
女性セブン
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
NEWSポストセブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン