国内

岸田文雄氏インタビュー「政府は楽観的すぎる見通しでコロナ対策を進めた」

岸田

インタビューに応じる岸田文雄・自民党前政調会長(撮影/平野哲郎)

 菅義偉首相の退任発表で、総裁選は風雲急を告げる状況となった。今秋に誕生する新首相の喫緊の課題が新型コロナウイルス対策なのは自明だろう。コロナの影響で、経済的に、また精神的に追い込まれ、女性の自殺者が増えているという現状もある。どう打開するのか。──「次の総理」の有力候補である岸田文雄・自民党前政調会長(64才)に聞いた。

「うちの子供は、男の子3人です。大学2年生になった末っ子と話していると、コロナ禍の学生は、本当にかわいそうだと感じます。息子も、授業はほとんどオンラインで、サークルや課外活動も満足にできていません。人生のなかで大切な経験になるはずの学生生活が、このまま終わってしまうのかと、先行きが見えない不安がすごく大きいと話しています。

 誰しも、授業料を払っているのだから、しっかり勉強をしたいと思っているはずです。それに、学生時代というのは、あとから取り返せない貴重な時期です。この時期の経験が、人生に大きな影響を及ぼすことも多々あります。その時期が失われてはならない。

 いまは学生の話をしましたが、皆それぞれコロナで何かを失っている。すべての人ができるだけ早く“日常生活”を送れるよう、私は全力でコロナ対策に取り組みます」

 そう語るのは、9月29日投開票予定の自民党総裁選挙に出馬表明した岸田文雄・前政調会長。岸田氏は、1993年に衆議院議員総選挙の広島県第1区で初当選し、以降は外務大臣や防衛大臣などの要職を歴任してきた。今回の総裁選を機に辞任が決まった菅義偉首相(72才)に代わる「次の総理」の有力候補だ。

「これまで政府は『たぶん大丈夫だろう』という楽観的すぎる見通しでコロナ対策を進めてきました。結果的に、コロナの変異スピードについていけなかった。対応が後手に回り、コロナまん延から1年半が経っても、入院さえできない人がいる医療体制しか作れなかったことは、大いに反省すべきです。いまからでも、楽観論は捨て去り、常に最悪の事態を想定した対策をとる必要があります。

 政府は、単発の対策を小出しにしてきました。しかし、大切なのは、『この時期までは頑張ってがまんをしてほしい』という全体の見通しを示すこと、併せて「それまでの期間、あなたにはこういう支援がありますよ」と適切な形で経済的な支援策をまとめて提案することだと考えます。

 まずは感染拡大を止めなければならないので、人流の抑制はどうしても必要です。ですが、先行きが見えないままがまんばかりするのは誰だってつらいですよね。私は少なくとも、来年の春まで継続する支援策を打ち出したいです」

関連記事

トピックス

堂本光一の思いとは
【全文公開】堂本光一、本格始動のスタートエンタに苦言を繰り返す背景 福田淳社長は“早期退任説”を真っ向否定
女性セブン
『サンデーモーニング』の司会を引き継いだ膳場貴子(時事通信フォト)
《3度の結婚と出産、マタハラ騒動経て》膳場貴子がサンモニ新MC就任で意識する、“関口宏カラーは変えない”の理由
NEWSポストセブン
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
女性セブン
爆笑問題はいまの「テレビとコンプラ」をどう見ているか
【爆笑問題が語るテレビとコンプラ】太田光「どの時代もテレビはがんじがらめ」「ダメな言葉の線引きが変わっているだけ」
週刊ポスト
初代うたのおにいさんデビュー時の田中星児(本人提供)
《『ビューティフル・サンデー』歌い続けて48年》田中星児(76)“いつまで歌っていけるのか”年を重ねて自問自答「ポッと歌詞を忘れてもお客さんが助けてくれるんです」
NEWSポストセブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
デビュー時の鈴木亜美(左)と後藤真希(右)
《鈴木亜美と後藤真希》『ASAYAN』時代は「会話もなかった」「何事もないかのように、涼しい顔を」今だから話せる“本音女子トーク”
NEWSポストセブン
銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン