芸能

松村雄基、『スクール・ウォーズ』で忘れられない「愛」に関する名セリフ

松村

松村雄基が『スクール☆ウォーズ』の思い出を語る

 いまも多くの人の心に残るTBS系の学園ドラマ『泣き虫先生の7年戦争 スクール☆ウォーズ』(以下・『スクール・ウォーズ』)。 不良少年役を演じた俳優・松村雄基(57才)に、当時の思い出話や印象に残るシーン、セリフについて聞いた。

 * * *
 ぼくが『スクール・ウォーズ』で演じた大木大助は地域で知られた“ワル”で、実在の複数人物がモデルになっていたようです。自分の信念を曲げるのが許せない性格の一匹狼でしたが、他人に迷惑をかける人間ではなく、唯一の親友であるイソップこと奥寺浩(高野浩和)を思いやる優しい心の持ち主でもありました。

 撮影初日は、朝からハイテンションで暴れまわり、約束を破った教頭を殴りつけ、ナイフを持って詰め寄り滝沢賢治先生の説得に涙する。1台のカメラで同じ場面を繰り返し撮影していたのですが、後半はずっと泣いていた。

 初対面だった滝沢先生役の山下真司さん(69才)が、「とてもよかった」と褒めてくださり、カメラマンも涙を流しながら撮影してくれました。撮影はとてもハードでしたが、スタッフやキャストのみんなが、ぼくの心情を察して緊張感のある現場を作ってくれたことが心に残っています。

『泣き虫先生の7年戦争 スクール☆ウォーズ』Blu-ray BOX〈通常版〉3万6960円。発売元:TBS 発売協力:TBSグロウディア 販売元:キングレコード (C)TBS・大映テレビ 

『泣き虫先生の7年戦争 スクール☆ウォーズ』Blu-ray BOX〈通常版〉3万6960円。発売元:TBS 発売協力:TBSグロウディア 販売元:キングレコード (C)TBS・大映テレビ

 忘れられない言葉は、「愛とは、信じ、待ち、許すことである」。

 これは滝沢先生が恩師から言われた言葉ですが、演じた20才のときに、初めて耳にしてから37年、いまでもずしんと心の底に刺さっています。許すこと、これが本当に難しい。

 もう1つ、不治の病にかかったイソップが自殺をはかるなど自暴自棄になっていたとき、それを止めた滝沢先生に向けて、「人間は何のために生きているんですか?」と問うと、先生が「何のために生きるか、それは愛すべき者を愛して戦うためだ」と言った言葉も、後々ぼくの心の糧になり、勇気と希望を与えてくれています。

「人の心を思いやるということ。 それが愛というもんや。 相手を信じ、待ち、許してやること」 (『スクール・ウォーズ』/滝沢賢治の恩師・藤山洋一)

【プロフィール】
松村雄基/1963年11月7日生まれ、東京都出身。1980年にドラマ『生徒諸君!』(テレビ朝日系)でデビュー。現在もドラマ、映画、舞台を中心に俳優として活躍中。

取材・文/廉屋友美乃

※女性セブン2021年10月14日号

『泣き虫先生の7年戦争 スクール☆ウォーズ』Blu-ray BOX〈通常版〉3万6960円。発売元:TBS 発売協力:TBSグロウディア 販売元:キングレコード (C)TBS・大映テレビ

『泣き虫先生の7年戦争 スクール☆ウォーズ』Blu-ray BOX〈通常版〉3万6960円。発売元:TBS 発売協力:TBSグロウディア 販売元:キングレコード (C)TBS・大映テレビ

関連記事

トピックス

殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
所属部署ではアソシエイト
ゆとりある働き方を実践する小室圭さん 所属する法律事務所が生成AIを使ったサービス導入で仕事を奪われる可能性浮上
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン