ライフ

美容賢者が絶賛! 口紅、眉アイテム、ヘアカラーのドラッグストアコスメ11選

『ケイト リップモンスター』

コロナ禍で売り切れが続出した『ケイト リップモンスター』

 美容のプロたちはどんなドラッグストアコスメを愛用しているのでしょうか。お手頃価格なのに実力派、話題の成分や旬の色味も豊富…。美の専門家たちに「口紅」「眉アイテム」「ヘアカラー」部門で、コスパがよくて“使える”ドラッグストアコスメを教えてもらいました。

【教えてくれた人】
・植村朗子さん/美容コメンテーター。気になる化粧品はすべて自分の肌で試す、説得力のあるリアルなコメントが人気。「価格以上のものが気軽に試せる点が気に入っています」。

・尾花ケイコさん/ヘア&メイクアップアーティスト。『PINKSSION』主宰。細部に美意識が光るメイクが好評で著書も多数。「ドラッグストアコスメはコスパがよく、実力派もたくさんあります」。

・小林ひろ美さん/美容家。『美・ファイン研究所』主宰。豊富な美容知識と効果絶大なメソッドが人気。「惜しみなく使いたいものはドラッグストアコスメをチョイス」。

・輝・ナディアさん/ヘア&メイクアップアーティスト。『Three PEACE』所属。「#ナディアメイク」を自身のInstagramで発信中。「使い続けやすい価格、いつでも買いに行ける身近さが魅力的!」。

・山崎多賀子さん/美容ジャーナリスト。スキンケアから健康医療まで幅広い取材に定評がある。「売り場を見ればトレンドがわかるので、ドラッグストアの偵察は欠かしません」。

・山本浩未さん/ヘア&メイクアップアーティスト。本誌連載『新メイクのメ』でもおなじみ。ポジティブになる美容理論が好評。「マスカラ、アイブロウなどの“棒もの”がおすすめです!」。

 コメントは「植=植村朗子さん」「尾=尾花ケイコさん」「輝= 輝・ナディアさん 」「小=小林ひろ美さん」「多=山崎多賀子さん」「浩=山本浩未さん」

■口紅

『ケイト リップモンスター』05 ダークフィグ 全11色(うちWeb限定4色)1540円(編集部調べ)/カネボウ化粧品
・“マスクに付きにくい”で大ヒット!
 コロナ禍で口紅が全然売れない中、売り切れが続出したリップ。落ちにくくマスクに付きにくいという、いまいちばん欲しい機能と発色のよさで大ヒットしています。(浩)

『セザンヌ ウォータリーティントリップ』 05 プラムレッド 全5色 660円/セザンヌ化粧品

『セザンヌ ウォータリーティントリップ』

『セザンヌ ウォータリーティントリップ』

・美肌見え抜群の大人カラー
 リキッドタイプで保湿とツヤが長続き。肌なじみのよい発色で、デイリーに使いやすい。(植)
 ツヤがありながら、マスクに付きにくい優秀リップ。肌をキレイに見せるカラーバリエもお気に入り。(小)

『アルジェラン カラーリップスティック』 ベビーピオニー 全3色 712円/マツキヨココカラ&カンパニー

『アルジェラン カラーリップスティック』

『アルジェラン カラーリップスティック』

・天然由来成分で色味もナチュラル
 100%天然由来でオーガニック認証も。植物オイルが唇に潤いを与え、塗り心地、ナチュラルでやさしい発色もいい。パッケージもシンプルでおしゃれなうえお値段も手頃で、すべて最高です。(尾)

『メイベリン SPステイ マットインク』 130 全26色 1650円/メイベリン ニューヨーク

『メイベリン SPステイ マットインク』

『メイベリン SPステイ マットインク』

・鮮やかな発色のマットリップ
 発売からずっと愛用中。とにかく落ちない、マスクに付かない。何色か持っていますが、ティーローズ系の130番が使いやすさNo.1! 発色がよいので、付けてすぐティッシュオフしてぼかすと自然な仕上がりに。(多)

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
『鎌倉殿の13人』にどんな類似性が?(番組公式HPより)
『鎌倉殿の13人』は実録ヤクザ映画だ 鈴木智彦氏が分析する山口組との類似性
週刊ポスト
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
上海のウルムチ路でデモは起こった
習近平主席への「中国コロナ一揆」ルポ 天安門事件以来となる“全土での抗議活動”に
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン