ライフ

地球外知的生命体はいるのか? IAAにはシグナル受信時のガイドラインあり

米・ハーバード大では地球外知的生命体を探査するプロジェクトも(イメージ。Getty Images)

米・ハーバード大では地球外知的生命体を探査するプロジェクトも(イメージ。Getty Images)

 私たちが暮らす天の川銀河には、生命が居住可能な惑星が「最低でも3億個」存在する──。昨年10月、NASA(米航空宇宙局)が発表した論文が天文学者の間で大きな話題となった。宇宙望遠鏡の観測データを基に算出された数字で、地球に似た環境の惑星は、33光年以内に4つ存在するという。

 もっとも、そこに知的生命がいるとは限らず、1光年=9.5兆kmという距離を考えれば時速5万6000kmの宇宙探査機「ボイジャー」でも、到着まで約60万年かかる計算だ。

 もはや地球外知的生命との出会いは絶望的にも思えるが、たとえ会えなくても「その存在を確認することは不可能ではない」と考える天文学者は少なくない。

 1960年にスタートした「SETI(地球外知的生命体探査)」は、異星人の発する電波を電波望遠鏡でキャッチする試みで、1977年8月、「自然界には存在しない」不可思議な信号の受信に成功した。1974年には地球側から2.5万光年先の星団に電波を送る試みもあったが、宇宙物理学者の故・スティーブン・ホーキング博士は「友好的でない相手にも届いてしまう」と警鐘を鳴らした。

 国際宇宙航行アカデミー(IAA)によるガイドラインでは、万一、地球外知的生命からのシグナルを受信した場合は、「徹底的に検証」「確定したら隠蔽せず公表」「勝手に返信しない」といった取り決めもある。

 今年7月には、米・ハーバード大の天文学者ら科学者20名が集結し「ガリレオ・プロジェクト」を始動。地球上の天文台ネットワークを利用し、望遠鏡や高精度カメラで捉えたUAP(未確認空中現象)をAIで解析、「地球外文明」の宇宙船を探索する試みだ。

 陣頭指揮に当たるハーバード大のアヴィ・ローブ教授は「もはや、技術文明がわれわれよりも先に存在していた可能性を無視することはできない」とし、宇宙船の早期発見に自信を深めている。

※週刊ポスト2021年11月5日号

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン