ライフ

追悼2021・男性編【2】 立花隆さん、半藤一利さんら忘れられない人たち

作家の半藤一利さん 享年90(撮影/太田真三)

作家の半藤一利さん 享年90(撮影/太田真三)

 2021年も、時代を形づくった多くの人々がこの世を去った。けっして忘れられない文化人や政治家たちを振り返ろう。

●半藤一利さん 作家 1月12日死去 享年90

 東京大学文学部から文藝春秋に入社し、『週刊文春』『文藝春秋』の編集長を歴任。作家としても『漱石先生ぞな、もし』で新田次郎文学賞、『ノモンハンの夏』で山本七平賞を受賞した。

●三好徹さん 作家 4月3日死去 享年90

三好徹さん 作家 4月3日死去 享年90(時事通信フォト)

三好徹さん 作家 4月3日死去 享年90(時事通信フォト)

 読売新聞の記者として働きながら、1966年に海外特派員を主人公にした『風塵地帯』で日本推理作家協会賞、退社後の1967年に家庭裁判所の調査官を描いた『聖少女』で直木賞を受賞。

●立花隆さん 作家 4月30日死去 享年80

立花隆さん 作家 4月30日死去 享年80(時事通信フォト)

立花隆さん 作家 4月30日死去 享年80(時事通信フォト)

 膨大な読書量と綿密な取材で、政治から科学まで幅広い分野で名作を残した“知の巨人”。1974年、月刊誌に『田中角栄研究』を発表。現役首相の金脈問題に迫り、退陣の契機となった。

●富永一朗さん 漫画家 5月5日死去 享年96

富永一朗さん 漫画家 5月5日死去 享年96(写真/共同通信社)

富永一朗さん 漫画家 5月5日死去 享年96(写真/共同通信社)

 小学校で理科と図画の教師を務めた後、漫画家に。『チンコロ姐ちゃん』などのお色気作品で人気を集め、中京テレビ『お笑いマンガ道場』では鈴木義司とのバトルで話題を呼んだ。紫綬褒章受章。

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン