芸能

バヌアツ在住の相川梨絵さん トンガ噴火で集団避難も「感染者ゼロ」で不安なし

バヌアツ共和国在住の元フリーアナ・相川梨絵さん

バヌアツ共和国在住の元フリーアナ・相川梨絵さん

「火山が噴火した時は、ちょうど夫と食事をしていたんです」。その瞬間をこう振り返るのは、トンガから約2000キロの位置にあるバヌアツ共和国在住の元フリーアナウンサー・相川梨絵さん(44)だ。

 1月15日、南太平洋のトンガ諸島で起きた海底火山の噴火は、周辺諸国のほか日本や米国など広範な地域に津波が押し寄せる事態となった。

 遠く離れた日本でも津波警報が発令されたが、距離的にトンガにより近い南太平洋の島国であるバヌアツでは、さらに大きな衝撃が襲っていた。相川さんが語る。

「空からバン! バン! と大きな音が聞こえました。最初は雷の音かと思いましたが違うようなので、夫とは『バヌアツにあるアンバエ島の火山が噴火したのかな?』と話していましたが……。まさかトンガの噴火の音だとは思いませんでした」

 相川さんは2000年に滝川クリステル(44)らと同期で共同テレビに入社、すぐにフジテレビへ出向すると『笑っていいとも!』などで活躍、退社後はフリーアナとして活動した。2012年にバヌアツ在住の一般男性と結婚したことを機に、現地に移住した。

 バヌアツでは津波による浸水などの被害はあったものの、翌朝には避難警報が解除されたという。

「私の家の前も石垣を乗り越えて、母屋の前にある庭の芝生のところまで津波が来ていました。海沿いの街も浸水していましたが、SNSにアップされた写真などを見る限り、津波による大きな被害は避けられたようです」(相川さん)

 また相川さんは、バヌアツにいたからこそ“助かった”部分もあったという。

「バヌアツではいま1人も新型コロナの感染者がいないんです。普段からみんなマスクなしで生活していますし、避難の際も一か所に集まることによる『集団感染』という心配はありませんでした。バヌアツではもう日常が戻り始めましたよ」

 現地に住む人たちにとっては、「災害」と「コロナ」という二重のリスクを避けられたことがせめてもの救いか。

※週刊ポスト2022年2月4日号

関連記事

トピックス

RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さまの部活動で懸念される小室圭さん「警備費用」蒸し返し問題
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
(共同通信社)
「ノーマスク」に憤る人たち 教室、オフィス、店舗、親族間でも
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
歌舞伎町の異様な実態が浮き彫りに(時事通信フォト)
新宿・歌舞伎町で「ドリンクに薬物」の手口が横行 パパ活女子は自衛策を共有
週刊ポスト
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
綾野剛 “音楽性の違い”で山田孝之と衝突か ユニットからは1人だけ外される
女性セブン
小室圭さんが投資家になる可能性は
小室圭さん 「投資家ビザ取得」の秘策が浮上、眞子さんの就労問題も解決か
女性セブン
松田翔太と秋元梢がすれ違い
松田翔太&秋元梢がすれ違い生活 背景に「お互いの強すぎる実家愛」
女性セブン
成年皇族としてのご活動に注目が集まる(3月、東京・千代田区。時事通信フォト)
愛子さま、バイデン氏御所訪問にお姿なく 雅子さまが思い描くデビューのタイミング
女性セブン