国際情報

プーチン大統領、ロシア人格闘家の「大乱闘」後に称賛電話をした過去

プーチン氏の武道の精神は…(写真/AFP=時事)

プーチン氏の武道の精神は…(写真/AFP=時事)

 ウクライナ侵攻をめぐって国際社会から非難を浴びるロシアのプーチン大統領だが、これまで日本国内では、プーチン氏が柔道愛好家であることから「武道の精神を理解し、重んじている」と評されることも多かった。

 しかし、そもそもプーチン氏が柔道を始めたきっかけは、ロシアの情報機関KGBにスカウトされるために格闘技経験が必要で、小柄なプーチン氏には柔道が有利と考え、熱心に打ち込んだというのは有名な話。プーチン氏は柔道と並んでロシアの軍隊格闘術であるサンボも学んでおり、武道としてではなくあくまで実践的な格闘技として柔道をやっていたと考えられる。

 プーチン氏に武道の精神が欠けていることがよく分かるエピソードがある。2018年10月、ロシアの総合格闘家ハビブ・ヌルマゴメドフが当時最強の呼び声高かったコナー・マクレガー(アイルランド)と格闘技イベント「UFC」(ラスベガス)で対戦したときのことだ。試合は終始ヌルマゴメドフが圧倒し、見事勝利を収めた。ところが試合終了後、ヌルマゴメドフはリングを覆うケージ(金網)を飛び出し、マクレガーのチームメイトを急襲、そのまま両陣営が入り乱れる大乱闘に発展したのだ。その後の顛末を、格闘技ライターが解説する。

「以前からヌルマゴメドフ一派とマクレガー一派は対立しており、試合の半年前にはマクレガーのチームメイトによる挑発にキレたヌルマゴメドフがホテル内でその男をビンタし、その翌日にはマクレガー一派がヌルマゴメドフの乗ったバスを襲撃したという因縁があった。ヌルマゴメドフにはその復讐の意味で試合後に急襲したのです。この一件は、あのマイク・タイソンをして『(対戦相手の耳をかじった)俺の試合の時に起こった暴動よりもクレイジーだ』と言わしめ、“世紀の大乱闘”として語り継がれています。

 結局、マクレガーには6か月の出場停止と罰金5万ドル(当時のレートで約550万円)、一方のヌルマゴメドフには9か月の出場停止と50万ドル(同約5500万円)の罰金が科されましたが、ヌルマゴメドフは一応の謝罪はしつつ、プライベートのことも含めマクレガー側の挑発が行き過ぎたものだったとして、自身への批判は『理解できない』と憤慨した様子でした」

関連記事

トピックス

阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン