国際情報

プーチン氏の報道写真を一手に担う「大統領の裸番」女性写真家の存在

プーチン氏の報道用写真を一手に担っている写真家・ヤナ・ラピコワ氏(写真/AFP)

プーチン氏の報道用写真を一手に担っている写真家・ヤナ・ラピコワ氏(写真/AFP)

 ウクライナに軍事侵攻したロシアのプーチン大統領。その“強い指導者”のイメージ作りを支えてきたのは、大統領お抱えの写真家ヤナ・ラピコワ氏だ。ロシア政治が専門の中村逸郎・筑波大学教授が語る。

「プーチン氏の報道用写真を一手に担っている美人写真家です。船上で筋骨隆々の上半身を晒して釣りをする有名な写真は、彼女が撮影したものと言われています。自分の裸の写真を撮らせることからも、信頼の厚さが読み取れます」

 海外メディアの報道によると、「大統領の裸番」ともいえるラピコワ氏は、ミス・モスクワコンテストへの出場経験がある元モデル。プーチン氏の外交先などで幾度となく目撃され、「美人のプライベートカメラマン」として話題に上ってきた。

 3月15日、ロシア国営放送の生放送中に戦争反対を訴えた女性が注目されたが、ロシアのジャーナリストにはプーチン支持派が目立つという。

「ロシアで有名なテレビ司会者のティナ・カンデラキ氏(46)は理知的な印象の美女ですが、クリミア併合やウクライナ侵攻への支持を表明しています」(中村氏)

 愛人と目されるアテネ五輪金メダリストの元新体操選手アリーナ・カバエワ氏は現役引退後に政界へ進出。その後、ロシアのメディアを統括する「国家報道グループ」の総帥にまで上り詰めた。

「彼女の異例の大抜擢の裏には、大統領の強い意向があったとされます。国家報道グループの総帥は、外国へ情報を発信するスポークスマンの役割も担う。あえて愛人とされるカバエワ氏を置くことで、その言動に注目を集めて、ロシアの国際的な影響力を高めようとの狙いがあったとも取れます」(中村氏)

 重用する裏に、プーチン氏の打算があったとする見方だ。

※週刊ポスト2022年4月8・15日号

関連記事

トピックス

井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作
佐々木朗希のフォークは「もっとよくなる!」 フォークの神様・杉下茂氏が提言
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン