ライフ

【書評】『「それから」の大阪』いきいきした生活者の声で伝える平熱の大阪

『「それから」の大阪』著・スズキナオ

『「それから」の大阪』著・スズキナオ

【書評】『「それから」の大阪』/スズキナオ・著/集英社新書/924円
【書評】与那原恵(ノンフィクションライター)

 タイトルの「それから」とは、コロナ後のこと。大阪を歩き、市井の人々と語らった著者は、東京生まれだが、二〇一四年に妻の実家がある大阪に転居。いわゆるストレンジャーゆえに、定型として語られる「コテコテの大阪」ではなく、著者自身が日々ふれている「平熱」の大阪を見つめることができたのかもしれない。

 まず歩いたのは、三年後に開催予定の「大阪・関西万博」(2025年日本国際博覧会)の会場予定地「夢洲」である。一九八〇年代末、大阪市が打ち出した都市構想(テクノポート大阪)の舞台になるはずだった人工島三つのうちの一つだが、バブル崩壊や五輪招致の失敗などを経て、万博会場に決定。開催を契機に景気回復を期待する人もいるようだが、現在は軟弱な地盤の土地に広漠とした風景が広がるばかりだ。

 夢洲には生活の匂いすら感じられないけれど、東大阪市の神社に足を延ばせば願掛けをする人々が「お百度参り」する光景に出会う。大阪市の四天王寺では縁日の中止で打撃を被った屋台店主に、これからどうなっていくでしょうねと尋ねると「商売は強気でいかな、絶対攻めなあかんねん。それで倒れたら、もうしゃあないねん。それが最終的な答えやな。せやから前を向いてな、いかなあかん」と自らを鼓舞するように言う。

 コロナ後も家族経営でがんばってきた西九条駅近くの立ち飲み屋。閑散とする道頓堀界隈では、ド派手な立体看板が人を励ましているようだ。看板を制作する「ポップ工芸」代表取締役は、淡々と「納期があるから徹夜して一生懸命やってるだけであって」と話す。

 町を練り歩きながら人を元気づけるちんどん屋の意外な経歴。毎朝六時から三六五日休まず営業する銭湯の店主はコロナ禍の中でも意気軒高だ。銭湯は「こもった陰鬱な気分が晴れるゆうか、そういう場でもあるんやなと」と語る。

 地にしっかりと足を付けた生活者のいきいきとした声が魅力的だ。万博会場の光景とは対照的に、土地が育んできた力強さを感じる。

※週刊ポスト2022年4月8・15日号

関連記事

トピックス

食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん「弁護士事務所で新たな職務」元銀行勤務の能力が高く評価されたか
NEWSポストセブン
ゆきぽよと
ゆきぽよ「14才年上ラッパー彼氏」と原宿で「のむヨーグルト」ごくごくデート
NEWSポストセブン
横綱昇進時の照ノ富士と伊勢ヶ濱親方
照ノ富士の師匠・伊勢ヶ濱審判部長に「取組編成が納得できない」の声が続出するワケ
NEWSポストセブン
どんなに慎重を期しても、引き上げ作業には落下のリスクがあるという(時事通信フォト)
知床遊覧船、引き揚げ作業中に落下 税金からの追加出費は「発生せず」と海上保安庁
週刊ポスト
美しさと強さを兼ね揃えたソダシ(騎乗は吉田隼。時事通信フォト)
ニューヨークタイムズで特集された純白の競走馬・ソダシ 「強い白毛馬」育てたオーナーの執念
NEWSポストセブン
代役も2・3番手もOK!ロンブー淳、MC以外で求められる信頼感
代役も2・3番手もOK!ロンブー淳、MC以外で求められる信頼感
NEWSポストセブン
「やんばる」では過激な抗争が繰り広げられていた(1992年の暴対法施行時に聴聞を受けた旭琉会幹部。写真/共同通信社)
本土復帰50年『ちむどんどん』では描かれない沖縄ヤクザの裏面史【前編】
週刊ポスト
RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
小室圭さんの未来は明るい
小室圭さん「3度目司法試験、万が一失敗」でも安泰か 現地日本企業が熱視線
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン