国際情報

UFO問題で注目 謎が謎を呼ぶアメリカの秘密基地「エリア51」の正体

ネバダ州にある米軍施設「エリア51」の謎は深い…(写真=Science Photo Library/AFLO)

ネバダ州にある米軍施設「エリア51」の謎は深い…(写真=Science Photo Library/AFLO)

 アメリカ当局の昨年6月の「UFO調査報告」開示以来、再び注目が集まっているUFO問題。大戦後、冷戦時代を通じて米ソ両国はUFO問題の解明を軍事上の課題と捉え、調査を続けていた。

 1980年代後半、米ソの雪解けムードが高まると、「軍事機密」扱いだった両国のUFO関連情報が、次々とリークされるようになった。とりわけ耳目を集めたのが、1987年に米国で暴露された「MJ-12」文書の存在だ。

 1947年のいわゆる“ロズウェル事件”(米・ニューメキシコ州にUFOが墜落、異星人の死体が回収されたとみられる事件)の後、米・トルーマン大統領が設置した極秘委員会(MJ-12=マジェスティック・トゥエルブ)の記録とされ、数千ページの文書には「米政府と宇宙人の密約」に関する詳述など、センセーショナルな内容が記されている。

 もっとも、1952年に作成されたとされる同文書の存在を米政府は認めていない。公開したのは、「謎の人物から文書のコピーを受け取った」と主張する米国のテレビマンで、その真偽について論争が絶えなかった。後に、文書にあるトルーマン大統領の署名が別の文書からの複写だったこと、使用されたタイプライターが1960年代に製造されたものだったこと、大統領令のシリアルナンバーが通常使用されるものと異なることなどが判明し、今日では「MJ-12」文書の偽造説が濃厚だ。

 ただし、誰が何の目的で数千ページもの精巧な“ニセ文書”を作ったのかなど、未だに不可解な点も残されている。

 1989年には、ネバダ州の米軍施設「エリア51」で地球製UFOの開発に従事していたと主張する科学者、ボブ・ラザー博士のカミングアウトが大きな話題となった。「米政府は密約によりエイリアンのテクノロジーを獲得。地球製UFOを開発し、試験飛行を行なっている」──博士の証言は「MJ-12」文書に記された内容と一致。世界に衝撃を与えた。直後、博士は経歴詐称疑惑などを報じられ、長らく表舞台から姿を消すことになった。

 現在では、空軍偵察機やステルス機の試験飛行場として存在が公になっているエリア51。UFO・異星人問題とはまったく無縁なのか。UFO問題に詳しい科学ジャーナリスト・高野誠鮮氏が語る。

「かつて、仏国立宇宙研究センター(CNES)のユーベル・キュリアン総裁にUFO現象調査機関設置の動機を訊くと、『UFO情報を米国に独占されたくないから』と明言した。冷戦下で、UFO問題はシビアな課題だったのです」

 米政府はUFO問題を巧みに利用し、軍事機密の漏洩阻止に腐心していたのかもしれない。

※週刊ポスト2022年5月6・13日号

関連記事

トピックス

井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作
佐々木朗希のフォークは「もっとよくなる!」 フォークの神様・杉下茂氏が提言
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン