芸能

日テレ退社の桝太一、会社設立し社長就任 研究員、キャスターと“三足のわらじ”

大学研究員、芸能事務所と契約。さらにもう1つの“顔”が

大学研究員、芸能事務所と契約。さらにもう1つの“顔”が

 4月3日、日本テレビからの退社後、初めて『真相報道バンキシャ!』に出演した桝太一(40才)は番組冒頭、「今日から私の肩書は少し変わります」と、挨拶した。だが、テロップに「フリーアナウンサー」などの肩書はなく「桝太一」とだけ表示された。

「4月から京都の同志社大学ハリス理化学研究所の専任研究所員(助教)に転身。妻子のいる東京に拠点を置きながらレギュラーだった『バンキシャ!』と『ザ!鉄腕!DASH!!』への出演は継続し、撮影の合間をぬって、片道約2時間をかけて東京と京都を往復する多忙なスケジュールをこなします」(テレビ局関係者)

 東京大学大学院農学生命科学研究科修了の桝は、バリバリの理系。退社後は大手芸能事務所のソニー・ミュージックアーティスツ(SMA)と契約し、「サイエンス・コミュニケーション」を研究しながら、キャスターとしてテレビにも出演。“理系版の池上彰”を目指すという。

 実は桝が履いているのはフリーアナと助教の「二足のわらじ」だけではない。

「昨年11月、知人を代表に据えて、会社を設立しました。桝さんが長年生態を研究している生物にちなんだ社名で、独立発表後の今年2月に桝さんが社長に就任しました。教育事業やカウンセリング、セミナーの企画などのほか、登記簿にはネットを利用した学習塾の運営や家庭教師の派遣、映像メディアの人材育成など数多くの業務を掲げています」(桝の知人)

 新会社設立には、ある人物の強力なバックアップがあったという。

「日テレOBで、朝の情報番組『ZIP!』に桝さんを起用した元プロデューサーのAさんです。会社の拠点はAさんのオフィスと同じ場所にあり、桝さんが社長に就任するまではAさんの親族が代表を務めていました」(前出・桝の知人)

 桝が『ZIP!』の司会に起用されたのは2011年4月。入社6年目の若手アナが日テレの“朝の顔”になる異例の大抜擢だった。

「Aさんが2015年6月に日テレを退社した後も、桝さんは何かと相談を持ちかけていたようです。昨年春、長年司会を務めてきた『ZIP!』をはずれ、『バンキシャ!』に異動した頃から本気で転職を考えるようになり、親しいスタッフにも発表まで日テレ退社を伏せていました。一方で、夏頃から“恩人”のAさんとともに、退社に向けた準備を着々と進めていたといいます」(前出・テレビ局関係者)

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト