国内

悠仁さまの進学先・筑附高が実施する「来校者素性調査」に保護者も困惑

筑波大学附属高校に入学した悠仁さま(3月、東京・千代田区。写真/JMPA)

筑波大学附属高校に入学した悠仁さま(写真は3月、東京・千代田区。写真/JMPA)

 秋篠宮家の長男・悠仁さま(15)が筑波大学附属高校(筑附)に入学した。皇位継承者が学習院以外の高校に進学するのは戦後初のことだ。

 毎年東大に30~40人の合格者を出す同校は「自主・自律・自由」を教育方針に掲げており、「制服もなく、生徒は部活に委員会にと、のびのびと青春を謳歌する」(同校OB)という。一方で、保護者や外部の人がいま、思わぬ“不自由”を被っている。

〈本校へ来校される方へ(お願い)〉

 3月31日、筑附のホームページのトップ画面に、突然こんな一文が掲載された。

 クリックすると、〈本校への来校はなるべくご遠慮ください〉の文言に続き、来校時には面会を希望する教職員に事前に連絡を取ること、面会予約がない来校者の入校を拒否すること、来校の前日正午までに専用フォームに個人情報の入力を求める旨が記載されている。

「フォームに記載するのは氏名から所属、来訪目的、来訪先まで非常に細かく設定されている。新型コロナの感染予防が目的だとしていますが、まん延防止等重点措置の解除されたこのタイミングでトップページに告知するのは不自然。一部保護者からも戸惑いの声があがっていると聞きます。附属中学のホームページには同様の記載がないこともあり、悠仁さまの警護面が理由のひとつではないかと見る向きがあります」(皇室ジャーナリスト)

 これまで“将来の天皇”を受け入れてきた学習院は、警護体制のノウハウが蓄積されていた。だが、筑附にはそれがない。

「悠仁さまが通われていたお茶の水女子大学附属中学もその点は同じで、2019年に悠仁さまの机に刃物が置かれる事件が起きた時は、警護体制の不備が指摘されました。

 筑附としても、同様の事件は二度と起こしてはならないという意識が強いはず。警護については、在校生と来訪者それぞれにとってベストな方法を模索しながら、試行錯誤している段階だと思います」(同前)

 筑附に聞くと、「どなたが在籍しているか、していないか、ということも含めてなにも申し上げることができません」(担当者)とのこと。

 平穏な学校生活となることを祈りたい。

※週刊ポスト2022年4月22日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン