ライフ

藤井聡太竜王 小学3年生で「号泣しながら勝利」のものすごい根性秘話

高見泰地四段(同、現・七段)から賞状を受け取る藤井少年

高見泰地四段(同、現・七段)から賞状を受け取る少年時代の藤井竜王

 プロ棋士デビューした2017年度から4年連続で「年間勝率ランキング1位」だった藤井聡太竜王(19)が、2021年度は2位に終わった。勝率8割1分8厘(45勝10敗)の成績で、藤井竜王を6厘差で抑えたのは同い年の伊藤匠五段だ(19)。プロデビューは2020年10月で、2021年度には新人王を獲得し、C級2組を1期で通過した期待の星である。

 この伊藤五段、10年前に藤井竜王を“泣かせた”ことがあるという──。

 9歳だった2人が対戦したのは、2012年1月に小学館主催で行なわれた「第9回小学館学年誌杯争奪全国小学生将棋大会」の小学3年生の部。会場は東京・神保町の小学館本社の裏にある一ツ橋センタービルの12階だった。

 見学に訪れた勝又清和七段(53)はこの対局を鮮明に記憶している。

「高学年の対局を見ていたら、いきなり“うわーん”って声がした。なんだろうと思ったら、準決勝で伊藤くんに負けた藤井くんが、声を上げて泣いていた。負けて泣く子は珍しくないですが、あの大会では藤井くんだけで目立っていました」

 よほど悔しかったのか、藤井少年はいつまでも泣き止まなかった。大会運営にあたっていた小学館OBの中原康氏が振り返る。

「藤井くんが泣き止まないので、伊藤くんが決勝戦に移れない。時間も押していたし、スタッフがなだめるのに苦労していました。上の学年の子に負けることはあっても、まさか同学年に負けるとは思っていなかったのでしょう。藤井くんは関西・中京エリアではダントツの存在でしたから」

 泣きっぷりだけでなく、その後の対局内容でも、周囲を唸らせた。

「泣き止まないまま3位決定戦に臨み、涙をぬぐいながら指して勝ったんです。私は20年以上、子供たちに将棋を教えてきましたが、泣きながら勝ったのは藤井くんしかいません。将棋は心が乱れると本来は勝てない。ものすごい根性だなぁと感心しました」(勝又七段)

 それから10年。遅れてプロになった伊藤五段に、「年間勝率」で再び後塵を拝した藤井竜王の胸中やいかに──。

「対戦相手が違うのでお互いに気にしていないでしょう。藤井竜王は5つのタイトル戦を戦っての勝率8割ですから、本当に化け物です」(勝又七段)

 まだ公式戦での対局がない2人。プロとしての勝負も早く見てみたい。

※週刊ポスト2022年4月22日号

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン