国内

“やすしをビンタ”の元吉本伝説マネ 参院選出馬でも芸人の応援が難しい事情

故横山やすし氏などのマネージャーを務めた大谷由里子氏、国民民主党から大阪選挙区に出馬予定

故横山やすし氏などのマネージャーを務めた大谷由里子氏、国民民主党から大阪選挙区に出馬予定

 7月に迫る参院選。自民党が「元吉本のものまね芸人」(長野選挙区で出馬する松山三四六氏)なら、野党は「元吉本の伝説のマネージャー」で対抗する。国民民主党から大阪選挙区に出馬する大谷由里子氏(59)だ。

〈京都ノートルダム女子大学を卒業後、吉本興業株式会社へ入社。故横山やすし氏のマネージャーを務め、宮川大助・花子、若井小づえ・みどりなど当時、日の当たらなかった若手タレントを次々に売り出しました〉

 本人のホームページでプロフィールがそう紹介されている。

“伝説”ができたのは、横山やすし氏が司会を務めていたクイズ番組に酒に酔った状態で出演した時のこと。当時23歳だった大谷氏は楽屋で横山氏をビンタしたという。

 その大谷氏、昨年の総選挙では岐阜2区から出馬、約4万票を得たが、自民党候補にダブルスコア以上の大差で落選した経緯がある。

 国民民主党の玉木雄一郎・代表とは、「勉強会で知り合い、そこから細くつながっていた」という大谷氏に話を聞いた。

「私がライブビデオチャットで、コロナ禍で経済的に困っている人への政策に関して、『政治は何もわかってへん』と訴えていたら、玉木さんから『だったら大谷さん出たら?』と言われたんです。

 今回は比例で出ようと考えていましたが、大阪府連の矢田わか子・参院議員から『大阪から出て』と言われた。大都市圏である大阪で候補者を出さないわけにはいかないと。それで大阪選挙区で出馬することを決めました」

 マネージャーを務めた吉本芸人の応援はあるのだろうか。

「そもそも吉本はタレントを選挙には使いません。西川きよしさん(元参院議員)のケースはありましたが、基本的に選挙とは距離を置いています。今では吉本は政府の仕事をしていて、補助金を貰っている立場ですので、国民民主の候補を所属タレントが応援するのは難しいと思っています。その代わりミナミのホストで支援してくれる人が多いので、そういう方たちに応援してもらいたい」

 維新の本拠の大阪で、元吉本の伝説のマネージャーが“新たな伝説”をつくることができるか。

※週刊ポスト2022年4月29日号

関連記事

トピックス

パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
阿武町のフェイスブックページ
TV界で言われる「4630万円誤送金は”数字”が取れる」、『ゴゴスマ』は視聴率上昇
NEWSポストセブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
病院発砲事件は「ケーキ片手に発砲事件」の報復か 過激化する山口組分裂抗争
NEWSポストセブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
北条義時は小栗旬が演じる(C)NHK
『鎌倉殿の13人』三谷幸喜氏が初めて描く「勝ち組主人公」で注目集まるラスト
週刊ポスト
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン